ミラン・プリマヴェーラの希望、マルコ・ナスティについて

0 Comments
カカニスタ22
知っている方もおられるかと思いますが、現在ミランのプリマヴェーラにマルコ・ナスティという選手が所属しています。

【21-22】ナスティ_プロフィール

18歳のイタリア人にして、上手くいけば次代のミランのストライカーを務め得る選手である彼について、今回は言及していきたいと思います。
今季の成績

今季のナスティは「プリマヴェーラ1」という舞台で主にプレー。第8節のヴェローナU19との試合にて初出場すると、そこから12試合で11ゴールと驚異的なペースでゴールを積み重ねていきました。
その後は流石に得点ペースが落ちてしまうも、ここまでリーグ戦23試合に出場して14ゴール7アシストと素晴らしい成績を残しています。

また、ナスティの得点についてもう少し掘り下げていくと、個人的に注目したいのが「得点を挙げた相手チームの順位」という観点です。

【21-22】プリマヴェーラ順位

上記は残り1試合を残した中での同リーグの順位表です。トップチームが素晴らしい成績を収めているだけにミランの情けなさ(14位)にどうしても目が向いてしまうわけですが、ここで注目すべきは上位陣です。ナスティはローマ、インテル、カリアリ、ユベントス、サンプドリアと暫定上位6チームの内5チームに対して得点を挙げる活躍を見せています(また、唯一得点を奪っていないアタランタに対しても1アシストを記録)。今季14ゴールの内8ゴールを彼ら相手に記録しているという事で、チームとしては中々結果が出ない状況ながらナスティ個人の奮闘ぶりが窺えますね。



ナスティのプレースタイル



この動画はナスティのゴール集ですが、右利きとのことながら左右両足で強烈かつ正確なシュートを撃てる様子が確認できます。また、ボディバランスや加速力などのフィジカル的要素も魅力の一つであるように見受けられ、更にはボールを持ってからのシュートコースの作り方や味方へのアシストシーンを見るに、テクニックや冷静さも兼ね備えていると思われます。
ストライカーとして、いずれトップチームでもゴールを量産できるポテンシャルを秘めていることは間違いなさそうです。



最後に。今季、素晴らしい活躍を見せたナスティをユーベが引き抜こうと画策したらしいのですが、これに対しミランはすぐさまナスティと「2026年までの契約」を結ぶことでその狙いを阻止。ダイヤの原石の確保に成功しています。



「僕は7年前、叶えたい夢に満ち溢れていた子供だった頃、このファミリーの一員になった。ここで僕は成長し、ここでサッカー選手であることの意味を理解し、ここで一人前の男になるんだ。
僕にとってミランは我が家だ。僕を信頼しくれるクラブ、ディレクター、コーチ陣、そして皆に感謝したい。この信頼にピッチ上で応えられるよう全力を尽くすよ」
――ナスティ



今後、彼がミランのトップチームでも活躍できるかどうかは、タイミングや運といった要素にも左右されるでしょうから現時点では分かりません。しかし、現在のミランが次代のエースストライカーを待望していることは確かです。
もしナスティがそういった存在になってくれたら最高ですし、そのポテンシャルは感じられるだけに数年後が本当に楽しみですね。
大いに期待していきたいと思います。


それでは今回はこの辺で。
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.