ラファエル・レオンに求められる「オフザボールの動き」の改善

4 Comments
カカニスタ22
先日のトリノ戦で結果を残すことができず、現在はクラブで6試合連続のノーゴール・ノーアシスト中となっているラファエル・レオン。
現チームで唯一無二の突破力は健在ながら、それが結果に結びつかない日々が続いています。



今回はそんなレオンについて、個人的にかなり気になっていることに言及していきたいと思います。
トリノ戦におけるレオン

先日のトリノ戦、ミランはある一つのビルドアップの形を用意していました。
それはCBトモリによる持ち運びです。相手の2トップ(ベロッティ、ブレカロ)に対し、最後方でGKメニャンを含む数的優位でボールを回し、フリーとなったトモリに渡す、と。

【21-22】トリノ対ミラン_試合分析2
――例えばこの場面。ホルダーのメニャンに寄せに行くベロッティ。ここでメニャンは下がってきたトナーリに一旦パスを当てる


【21-22】トリノ対ミラン_試合分析3
――その後の場面。トナーリからトモリにボールが渡され、フリーのトモリが前方にドリブルで運んでいった


しかしミランは、そこからの展開に窮するというシーンが散見されました。例えば以下の通りです。

レオン_オフザボール_戦術分析1
――その後の場面

ここで前方のレオンはトモリからボールを貰いに下がってくるわけですが、果たしてこれはこの状況において妥当なプレー選択なのかどうか疑問の余地があります。
というのも、ここでボールホルダーのトモリは後方からクリーンな形でボールを持ち出せており、フリーな状態です。背後ではマーカーのベロッティが戻ってきているとはいえ、まだ十分にボールを持てるスペースと時間を得ているように見受けられます。
しかしながら、ここでレオンが自身のマーカー(ズィマ)を引き連れて下がってくることで、トモリの前方のスペースを封じてしまいました。

レオン_オフザボール_戦術分析2
――その後の場面。行き詰ったトモリはこのあと逆サイドにロングボールを入れるが、精度を欠きそのままゴールラインを割った


それではもし、ここでレオンが裏に抜ける選択をしたらどうなったか。
マーカーであるズィマはレオンに付いていったでしょうから、トモリの前方にスペースを提供することができたでしょう。更に、レオンが裏に走ることで裏のスペースへのパスコースが生まれます。レオンのロングボールに対する処理能力を考えれば十分にチャンスが生じ得る選択肢です。

また、こうしたプレー選択は周囲との関係性という観点からも支持できます。例えばCFのジルーはこの試合、ブレーメル(中央CB)に厳しくマークされつつも、彼を引き連れながら積極的に楔のパスを受けに動いていました。上図のシーンにおいても、ジルーはトモリからのパスを受けに下がってきており、トモリに選択肢を提供していますね。
こうしたプレーは厄介極まりないブレーメルをゴール前から引き離す効果がありますし、またジルーの得意なプレースタイルを踏まえても適切な役割だったように思われます。

しかしながら、当該プレーをチームとして十分に活かすならば、下がるジルー&相手マーカーに応じて裏に飛び出す選手が必須となります。この点、テオは良くやっていた印象を受けましたが、技術・フィジカル的には最も裏への抜け出しを効果的に行えるであろうレオンは先述の通りです。しかも以下のように、ジルーと動きが被るシーンなども見られました。


レオン_オフザボール_戦術分析3
――テオからパスを引き出そうとジルー、レオンの双方がマーカーを引き連れて下がってくる


レオンの動きについて気になったのはこれらだけでなく、ゴール前のシーンでもありました。例えば以下のシーンです。


レオン_オフザボール_戦術分析4
――当該場面

ブラヒムがゴール前へとボールを運ぶ間にブレーメルに潰されボールロストしたシーンですが、ここで注目したいのがそれに至るまでのレオンの動きです。

レオン_オフザボール_戦術分析5
――先ほどの直前の場面。ジルーのポストプレーにより前を向いたブラヒムがドリブルでボールを運ぶ。一方、レオンには矢印の方向に飛び込む選択肢がある

ブラヒムの前方には絶好のスペースがあり、利き足や角度等を考えてもそこにブラヒムがスルーパスを送り込むのは比較的容易です。つまり、当該スペースにレオンがタイミング良く走り込み、スルーパスを良い形で受けられれば一気に決定機を作り出せます。もし相手DFが素早い反応でそのスペースを消したり、ブラヒムとレオンの呼吸が合わずにスルーパスのタイミングを逸したりしても結果的に相手を動かすことができますから、ブラヒムにドリブルの為のスペースを与えることができたでしょう。

しかしながら、レオンが実際に選択したのはこのような縦(斜め)の動きではなく、横方向に流れながらブラヒムのパスを待ち受ける形です。

レオン_オフザボール_戦術分析6
――その後の場面。レオンの実際の動きは横に流れるというのもの。ここから最初のボールロスト場面へと繋がった

これでは仮にボールを受けても対面に相手DFがいるので改めてドリブル等で局面を打開する必要がありますし、そうこうしている内にブレーメルを始め相手DF達は帰陣してしまい、ゴールを奪うのは難しくなります。

ハッキリ言ってこれは非効率的なプレーではないでしょうか。もしこれが、かつてレオンのプレースタイルを形容する際によく名前を使われた選手であるPSGのエムバペであれば、鋭い飛び出しでスルーパスを呼び込んだはずです。


レオンの課題

要旨をまとめると、最近のレオンは「裏(スペース)への意識が低く、足元でボールを貰いたがる傾向」が今まで以上に高まっているのではないかというのが個人的な印象です。そしてこれが、成績不振という現状を引き起こしている原因の1つではないかと考えています。

確かにレオンの持つ相手を抜き去るドリブル能力は素晴らしく、それはデータにもハッキリと表れています。
現時点でレオンはリーグ戦におけるドリブル成功数が「80回」であり、これは2位に「20差」もつける圧倒的な数字です。

セリエA_ドリブル成功数ランキング(暫定)

しかし、これらのドリブルが全て効果的なものだったか、もっと言えば必要のあるものだったかどうかは疑問の余地があります。
例えば「DFの手前でボールを貰ってその相手を抜く」プレーと「タイミングの良い裏への抜け出しで対面の相手の背後でボールを引き出す」プレー、前者ではドリブル成功数が加算されますが後者にはされません。しかし、同様の場面でも後者のプレーがより決定的なチャンスへと繋がるケースは間違いなく存在します。
そしてレオンには圧倒的なドリブル能力がありますが、現状はその能力に頼り過ぎてしまい、よりチームとして効果的なプレーを差し置いてドリブルで解決しようとするきらいがあるのではないか、と。

そのため今後はドリブルだけでなく、周囲のチームメイトを活かす為の機能的なプレーというのをもっと意識的に行えるようになる必要があると思います。裏(スペース)への意識を高めるというのはそのための1つの方法といえますね。
さもなければ、継続的に結果を残し続けるプレーヤーになるのは難しいのではないでしょうか。



最後に。僕自身、レオンには相当に期待しているので要求水準が高くなりますし、彼が世界トップクラスの選手に到達し得るポテンシャルを持っていると信じています。
確かに、シーズン通しての疲労もだいぶ溜まっているであろう現在、プレー選択をすぐに大きく改善することは難しいでしょう。しかしながら、ミランのエースとしての期待を背負う彼には今一度チームを勝たせるためのプレーが求められます。

今季の公式戦はカップ戦を含め、最大で残り8試合です。レオンのここからのパフォーマンスがミランの最終成績を大きく左右することは間違いありません。
彼には是非とも復調・出来れば成長をも果たしてもらい、再びミランの攻撃をリードしてもらいたいですね。

それでは今回はこの辺で。
関連記事

スポンサーリンク

Comments 4

There are no comments yet.
Aki  

カカニスタさん、いつもありがとうございます。今回は特にありがとうございます。

正鵠を得たり、ですね。あのドリブルスキルをチームとして最善に活かすためにはオフザボールの改善は非常に大きいと感じます。無意識とは思いますが、ドリブル突破に快感を見出しすぎていたり自信を持ちすぎていて、そっちを選んでしまっているのかなと思ってました。僕もレオンには期待絶大です。

レオンが突出してそうですが、チーム全体として裏を取る動きやパスが非常に少ないのがミランの弱点の1つかとも思っています。トリノ戦で言えば後半にトナーリやメシアスが良い抜け方をしましたが、あの走り方をもっと効率よく増やすことで多くの効果が得られるはずです。
ピオーリの求める攻守のバランス的に難しいのですかね。いま守備を崩すのは致命的なので難しいのでしょうが、そうなればなおさらレオンだけでも改善するのは効果大のはずです。期待したいですね。

  • 2022/04/13 (Wed) 08:48
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Akiさん

コメントありがとうございます。こちらこそいつも感謝です!

プレー中の表情を見ていてもドリブルが好きなんだろうなぁとひしひしと感じますし、それにより相手を抜くことにちょっとこだわり過ぎている感は間違いなくありますよね。

縦のダイナミズムはホントに足りないですね。以前、インテル戦(カップ戦)でトップ下クルニッチがジルーと協同して積極的な飛び出しからチャンスを作り出していましたが、ああいうプレーはチーム全体にもっと求められると思います。仰るようなトナーリとメシアスのコンビプレーは一例ですね。

  • 2022/04/13 (Wed) 19:44
  • REPLY
Pols  
No title

いつもありがとうございます。                        レオンはおっしゃる通り裏抜けの頻度を増やす事が大事だと思います。また今回のトリノ戦でピオリが試合中にレオンに指示していましたが中央でプレイしすぎではないでしょうか。もっとサイドでプレーすれば得意なドリブル突破、裏抜けてからのカットインなど効果的な手段が増えると思います。まあとりあえず頑張って!     話が変わりますがアセンシオとベラルディの比較解説やミランでどういう役割をするかなどを記事にしてしてくれると嬉しいです。無理言ってすみません

  • 2022/04/13 (Wed) 20:31
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Polsさん

コメントありがとうございます。

レオンは動き直しの頻度や回数(フリーランの量)が少なく、一度中に絞った後に状況に応じて素早くサイドに張り直すといった動作を怠っているんでしょうね。少なくとも監督の指示・狙い通りには十分に動けていない様子が見受けられます。

アセンシオとベラルディについて、承知いたしました。時機を見て記事の方を書かせていただきますね。リクエスト感謝です!

  • 2022/04/14 (Thu) 19:48
  • REPLY