今夏は安価なストライカー?【ショートニュース】

0 Comments
カカニスタ22
今夏、リバプールのFWオリギがミランに移籍するのではないかという噂が浮上しています。

オリギはリバプールとの現契約が今シーズン限りで満了という事で、このままであればミランは今夏にフリーで獲得することが可能となりますね。

ところで、「ミランのCF候補」、「フリーで獲得可能」という観点から見ると、これはトリノFWベロッティにも当てはまる条件です。また、彼ら以外にもフリートランスファー濃厚なストライカーたちとミランが関連付けられている記事を目にします。

こうした情報を考慮すると、「ミランはストライカー補強を安上りに済ませようとしているのではないか」という仮説を立てたくなりますね。

この点に関し、まず現有戦力を振り返ると「ジルーの貢献度の高さ」に言及したいところです。
殊に今シーズン後半戦ここまでにおけるジルーのパフォーマンスは素晴らしく、ロングボールのターゲットや大一番での得点力、ファーストディフェンスとしての働きなど様々な部分でチームに貢献してくれています。
また、ジルーは来シーズン以降もミランとの契約を残しており、現在35歳と高齢ではあるものの、この調子を見るに来季も主力としての活躍が期待されます。それに加えてイブラが残留した場合、数的な意味でのストライカー補強の重要度は更に下がりますね。

オリギもベロッティもリーグの得点王争いを演じるようなレベルの選手ではないでしょうが、上記の彼らにはない特徴を持っています。絶対的な存在はおらずとも、レギュラークラスを複数揃えて併用していくという今季のスタイルを続けていくのであれば、悪い選択ではないと思います。



もう1つ、上記仮説が考えられる背景としては「補強ポジションの多さ」が挙げられます。

今夏のミランはCFの他にもCB、ボランチ、2列目(特に右サイド)など更なるレベルアップのために満遍なく補強が求められていますが、その全てのポジションに大金をかけることは財政的に厳しいものがあります。
そのため、ミランとしては部分的にフリートランスファーという手法で出費を抑えた補強をすることが重要になってきますし、その意味で上記の選手たちの獲得は合理的です。

欲を言えば、確かに今後10年近くはチームの柱となれるようなエース選手が欲しいんですけどね。ただ現状は他ポジションの方が数的・質的に緊急性がやや高いことを踏まえると、こうした対応が妥当な気がします。

最後に。上記について最終的な判断はもう少し後になるでしょうし、特にイブラの去就によっては獲得人数も変わってくるでしょう。
オリギになるかベロッティになるか、はたまた別の選手になるか現時点だとわかりませんが、ストライカーは重要なポジションだけに注視していきたいですね。

それでは今回はこの辺で。
関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.