ミラン、ペッレグリを獲得!~プレースタイルと獲得の是非について~

5 Comments
カカニスタ22
はじめに

先日、ミランがピエトロ・ペッレグリの獲得を正式発表しました。



移籍形式は原則として買取OP付きのレンタルですが、一定の条件が達成された場合に買取義務となるようです。
また、報道によればその具体的な額は「50万ユーロのレンタル費+買取額600万ユーロ」とされており、随分とリーズナブルな価格にまとまった印象を受けます。

さて。今回はそんなペッレグリについて、プレースタイルや獲得の是非などを書いていきたいと思います。
負傷歴

まず、ペッレグリのここまでのキャリアを語る上で欠かせないのが「怪我の多さ」についてです。

ジェノアにてわずか15歳でセリエAデビューを果たした神童は、その後モナコに移籍します。しかし、そこからの約4年は継続的な負傷に悩まされ、満足いくシーズンを送ることができていない状況です。

ペッレグリ_負傷歴
――ペッレグリの負傷歴(『transfermarkt』より)

上記はペッレグリの負傷歴をまとめたものですが、これを見ればモナコでのペッレグリが如何に怪我に苦しめられていたかがハッキリ分かります。上記ソースによればペッレグリの負傷離脱日数は合計で「717日」にもおよび、また試合欠場数の観点から見ると負傷により計「99試合」に出ることができませんでした。

このことから、新天地となるミランにおいてはまず何よりも「プレー可能なコンディションを維持し、調子を取り戻す」ことが求められますし、それがミランで成功を収めるための前提条件であるといえますね。


獲得の是非

こうしたペッレグリの獲得について懐疑的なミラニスティは少なくないように思われますし、個人的意見としても成功するかどうかは未知数だと思います。

しかしながら、限られた補強資金の中でチーム強化を行うためには、「”訳アリ”だけど優秀(有望)な選手に賭ける」というのが有力手段の一つです。

例えば昨季のミランはチーム強化のため、当時約1年間プレーしていなかったマンジュキッチを低コストで獲得しました。結果的にこの補強は期待外れに終わったものの、もしマンジュキッチが期待通りのパフォーマンスを披露できていればチームにとって安価で大きな戦力アップになっていたはずでした。

今回のペッレグリにしても、負傷によりまともに試合に出られないといったリスクは当然ながらあります。しかし、もし怪我なくコンディションを維持し、継続的な練習と出場機会により復調・成長することができれば間違いなくチームの大幅戦力アップになるでしょう。本来であればイタリア人でも屈指の有望株なわけですしね。

また、前回のマンジュキッチの例とは異なり、今季のペッレグリに期待される役割はあくまで「3番手のCF」、すなわちバックアッパーです。負傷離脱の多いイブラに代わり、レギュラークラスとして即戦力になることが求められたマンジュキッチとはそこが大きく異なりますし、更に移籍形式(結果を出せなければレンタルバックでき、結果を出せば安価で完全移籍させられる)をも考慮すれば、今回はリスクマネジメントが十分になされているように思われます。

以上のことから、個人的にペッレグリは「ロマン枠」としてもの凄く期待していますし、限られた資金の中では決して悪くない選択だったのではないかと思います。



ペッレグリのプレースタイル

ペッレグリ_基本情報
――ペッレグリの基本情報(『Sofascore』より。なお、ミランでの背番号は「64番」)


続いてはペッレグリのプレースタイルを見ていこうと思うのですが、これに関してはコチラの英語記事「Analysis: Why the recently recovered Pellegri could be a real weapon for AS Monaco」を参照させてもらいます。詳しい内容を知りたい方はリンク先に飛んでご確認ください。キャプチャ画像付きでわかりやすく解説されているため、滅茶苦茶オススメです。


さて。ペッレグリの特徴としてまず挙げられるのは、優れた体躯を活かした「フィジカル的なプレー」です。
身体を張ったボールキープはもちろん、その長身と跳躍力によりロングボールやクロスのターゲットとして機能。
また、「テクニック」も水準以上に備え、優れたボールコントロールから狙い通りのプレーへとスムーズに繋げることができるとか。

本人曰く「イブラヒモビッチがアイドル」とのことですが、両者にはいくつかの点で類似性が見られますし、イブラの側で練習・プレーするというのはペッレグリにとって大きな財産になるのではないかと思います。

続いて、上記の他にペッレグリの大きな特徴として挙げられているのが「裏(スペース)への優れた動き出し」です。
というのも、ペッレグリは「相手DFとの駆け引き」と「味方からのパスの引き出し」の両方に長けているようで、抜け出すタイミングや角度、そして相手守備陣の対応やポジショニングを上手くはかりながら裏抜けを行えるといった特徴を備えているとか。
具体的には、相手の背後に回り込みつつタイミングをはかり、味方のラストパスやクロスに巧みに合わせる形などが見られるようですね。



おわりに

以上のことから、ペッレグリは万能型のCFになる素質をかなり秘めた選手であることが考えられますし、無事に成長を果たせればミランにとって最高の補強になるはずです。

ただし、1つ留意しておくべきは、ここ数年の度重なる負傷により現在のペッレグリはトップフォームから大きく離れているだろうという点ですね。
継続的な負傷離脱により調子を落とし続け、それにより成長の機会をも逸するというのは割とある話で、ミランにもかつてアレシャンドレ・パトという最高クラスのポテンシャルを秘めたストライカーがいましたが、無数の怪我によりそのポテンシャルをフルに引き出すことは叶いませんでした。

そのため繰り返しになりますが、ペッレグリに関しては「怪我をせずに継続的にプレーし、トップフォームを取り戻す」ことが何より重要だと思いますし、ミランに加入してコンディション面が改善されることを願ってやみません。

イブラ、ジルーという正に手本とすべき選手が2人もいる環境はペッレグリにとって申し分ないはずですし、願わくは彼らのメンタル・技術を受け継いだペッレグリに将来のミランの柱となってもらいたいです。

それでは今回はこの辺で。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 5

There are no comments yet.
CL8  

個人的に大賛成の補強です。イブラとジルー2人のプロフェッショナルから学びコンディションさえ整えばワールドクラスになれるポテンシャルを秘めていると思います。上記の2人とプレースタイルが同じであろうことも大きなプラスです。ジルーはわかりませんがイブラは悲しいですがおそらく今年いっぱいで引退の可能性が高そうなので、イブラから多くのことを学んで再来年、早くて来年からジルーと共に主力になって欲しいと思います。

  • 2021/08/26 (Thu) 20:06
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To CL8さん

コメントありがとうございます。

ペッレグリについては「コンディション面を整え、プレー感覚を取り戻せるか」というのが最初にして最大の壁だと思いますし、ここさえクリアすればミランにとって将来的にも大きな補強になりそうですよね。
若いころに怪我がちだった選手が色々な対策により怪我を減らすケースもありますし、この点が改善する可能性は十分にあると思うので期待したいです。

  • 2021/08/27 (Fri) 08:07
  • REPLY
Aki  

いつもありがとうございます。
記事前半の獲得評に関しては、まったくと言っていいほど同意見でした(うれしい)。若く才能がありしかもイタリア人、それでいて(訳アリで)安くてしかもOP付きレンタルというのは、ミランにとって理想的な補強かと思います。コンディション心配ですが、改善できなければレンタル費用0.5M+年俸のみの損失なので、割の良い賭けですよね。

ペッレグリのプレースタイルは良くわかっていなかったのですが、キープやムービングも優れていると聞いて更に期待が高まりました。
慎重に出場してもらいコンディションや連携を高めていって、ぜひ完全移籍をして欲しいですね!

余談ですが彼女がイタリアの有名なインフルエンサーで、あのミハイロビッチの娘なんですってね。これもご縁でしょうか。

  • 2021/08/27 (Fri) 11:24
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Akiさん

コメントありがとうございます。

仰るようにミランにとってローリスクな良い補強だったと思いますし、またペッレグリ個人にとっても環境的に良かったでしょうね。
最初は第3FWという比較的プレッシャーの小さい役割により、焦らずのびのびとコンディション回復に努めることができるでしょうし、何より最高の手本が側にいますしね。勝手知ったる母国への復帰というのもメンタル的にプラスに働きそうです。

  • 2021/08/28 (Sat) 13:05
  • REPLY
半沢 研介  
相互リンクのご依頼

管理人様

突然のメッセージで大変失礼いたします。

Goaloojpというサッカー情報サイトを運営している半沢と申します。

Goaloojpはサッカーの欧州5大リーグ、Jリーグ、バスケットボール(NBA)などの試合ライブスコア、試合日程、最新結果、試合予想などを配信するサイトです。

この度は、相互リンクをお願いしたくご連絡致しました。

相互リンクを通じて、Google検索の順位を上げるという効果もありますので、相互リンクコラムの設置をお勧めします。

是非一度、当サイトをご覧になってくださいようお願い申し上げます。相互リンクが可能でしたら、お返事お待ちしております。

よろしくお願い致します。

サイト名:Goaloojpサッカー

URL:https://www.goaloojp.net

管理人:半沢 研介

メール:shiyougoaloojp@yahoo.com

  • 2021/09/12 (Sun) 19:51
  • REPLY