【求められる対応力】ミラン対インテル【2020-21シーズン・セリエA第23節】

4 Comments
カカニスタ22
今さらで大変恐縮ですが、今回はセリエA第23節、ミラン対インテルのマッチレビューを行いたいと思います。
多分、この記事を投稿する頃にはローマ戦まで3時間を切ってます(笑)


スタメン

【20-21】ミラン対インテル_スタメン1
ミラン:4-2-3-1(『Google試合速報』より)


【20-21】ミラン対インテル_スタメン2
インテル:3-5-2(『Google試合速報』より)
最凶2トップの脅威

開始早々の5分。ルカクのクロスにラウタロが合わせてネットを揺らし、インテルが先制に成功しました。

【20-21】ミラン対インテル_戦術分析1
――1点目の流れについて。ハキミが自陣深い位置まで下がり、シュクリニアルからボールを引き出す。そこにはテオが対応。また、同じく下がるバレッラにはケシエが付いていき、周囲の選手もそれぞれマークに付く


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析2
――その後の場面。テオの寄せが間に合わず、ハキミは前方の様子を見た上でロングパスを送る


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析3
――その後、前方でロングボールを受けたルカクが対面のロマニョーリを剥がし、ドリブルで一気にペナルティエリア内に侵入していく


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析4
――その後の場面。最初のピンチはケアーの素晴らしいカバーリングで防いだものの、こぼれ球をルカクに拾われ、クロス。それにラウタロが頭で合わせてネットを揺らした


インテル側としては、「ルカク対ロマニョーリ」の状況を作れれば優位に立ちやすいというのがこれまでの直接対決から既に明らかですし、この得点シーンにおいてもしっかりとそのマッチアップを活かしています。
右サイドからビルドアップを始める際、ハキミとバレッラを下がらせて対面のテオとケシエを食いつかせる。そして、それによって生じた前方のスペースにロングボールを入れ、そこでルカクにボールを収めてもらい速攻に繋げる、と。

これ、別に対ミラン用の特別な策というわけでもないでしょうが、とかくミラン相手には実に効果的です。実際インテルの2点目も、同様の流れから生まれています。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析5
――2点目の流れについて。右サイドの自陣深くでボールを受けたシュクリニアル(水色)は、下がってきたバレッラにパスを送る。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析6
――その後の場面。バレッラへの対応に少し遅れるケシエ。下がるハキミにはテオが対応。その間にバレッラは前を向き、前方のルカクに狙いを付けてロングパス


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析7
――その後、ルカクがボールを収める。ロマニョーリによりプレーは制限されているものの、ルカクが味方の上がりを待つ時間を作り出す


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析8
――その後の場面。ルカクは上がってきたハキミにボールを落とし、ハキミがそれを受ける。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析9
――その後、ハキミが同サイドをぶち抜き、ロマニョーリ、テオ、トナーリの3人を置き去りに(赤)。そこから中央へボールを展開し、華麗な崩しから最後はラウタロが2点目を獲得した


これらに関しては、今のミランがハイプレスを採用し、かつロマニョーリを起用してる以上避けられないリスクです。
オープンスペースでの対応に優れているとは言えないロマニョーリが、スペースのある状況でルカクを個人でどうにかしろってのは到底無理な話ですし、この点はチーム全体で対処する必要があると思います。しかし、今回は(も)それができなかったと。

例えば、最前線からハイプレスをかけるなら、それこそ極限までプレス強度を上げてルカクへの正確な(ロング)ボールを徹底的に妨害することが求められるはずなのですが、上記の得点シーンにおいては割とあっさりボールを通されてしまっていますよね。

正直なところ、現在のチーム戦術下(ハイラインハイプレス)においてロマニョーリの能力に限界を感じるのは今に始まったことではないと思いますし、この戦術でインテルレベル相手に継続的に勝つには個のレベルアップを図る(より戦術に適した選手を入れる)か、もしくは先述の通りチームとして卓越したパフォーマンスを披露するしかないかなと。後者については、この試合後半の最初の数分間に見せたプレーが好例ですね。



インテルの3点目

続いて。この試合に見られたインテルのビルドアップ時のもう一つの特徴として、左インサイドハーフのエリクセンが下がり、アンカーのブロゾビッチと横並びの関係になる形が非常に散見されました。
一方で、その際に右インサイドハーフのバレッラは2人に比べ高い位置にポジショニングするのが基本。これによって以下のような状況が生まれます。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析10
――例えばこの場面。ボールホルダーはハンダノビッチ。下がるエリクセンに対し、付いていくトナーリ。一方、バレッラはこの位置をキープ


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析11
――その後の場面。エリクセンとトナーリの動きにより生じた中盤のスペースにラウタロが下がり、ハンダノビッチからボールを引き出す。ここでケシエはバレッラを監視しているため、ラウタロにはマーク担当であるケアーが前に出て対応


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析12
――その後の場面。ラウタロがケアーをあっさりと躱し、ドリブルで持ち運んで速攻に繋げる。その後、ケアーが無理にラウタロを止めてイエローカードとなった

下がるエリクセンにはトナーリが対応するわけですが、これによりトナーリとケシエの距離が大きく空きやすくなってしまいます。そのため、その間のスペースを使われるなどしてインテルに縦に速い攻撃を許すシーンが見られました。
そして、3点目はこのスペースを使う形から生まれています。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析13
――3点目の流れについて。右サイドでハイプレスをかけ、ボール奪取を狙うミラン。そこで、インテルはペリシッチがワンタッチで中央にロングパスを出す


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析14
――その後の場面。ボールは手薄な中盤の中央に落ち、そこにはケシエ1人に対しルカクとバレッラがポジショニングしている。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析15
――その後の場面。ルカクがボールを拾い、ドリブルで敵陣に侵入。そのまま強烈なシュートを突き刺した


インテルはこのように、素早く前線に当てて2トップ+バレッラ、ハキミ等の個を活かした速攻を得意としていますし、ミランとしてはそういう状況に持ち込まれたら厳しい、と。晒された状態では、ロマニョーリは元より、流石のケアーでも彼ら相手じゃ守り切れませんしね。



ミランの拙攻

続いて、ミランの拙攻(ポゼッション)についても軽く触れていきたいと思います。

ミランはビルドアップ時、カラブリアが最終ラインに入ってロマニョーリ、ケアーとボールを回し、インテルの2トップに対し数的優位に立とうとする形が基本です。
で、2トップの横にボールを持ち出したカラブリアから起点となるパスを出そうとするわけですが、中々上手くいきません。


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析16
――例えばこの場面。ケアーからカラブリアにボールが渡る。対するインテルは5-3-2でセットし、カラブリアに対しては左インサイドハーフのエリクセンが前に出て対応する形が基本


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析17
――その後の場面。サイドに張るサレマがカラブリアからボールを引き出す。その際、トナーリは前に出たエリクセンの背後のスペースに侵入し、サレマからのパスに備える


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析18
――その後の場面。サレマからワンタッチでボールを受けたトナーリは、ワンタッチで前方にロングボールを飛ばす


【20-21】ミラン対インテル_戦術分析19
――その後の場面。しかし、前方にはイブラ1人だけで、サイドの深い位置を突く動きもない。そこでインテルはCB2人で対応し、悠々とボールを回収した


特に序盤は、チャルハノールが左サイドにいたこともあり、右サイドで詰まって結果的にボールロストというシーンが散見されました。
この点については、縦に抜ける動きが足りなかったというのが問題かなと。上記の場面のように、カラブリアが最終ラインからボールを運び、サレマがサイドに張ってボールを引き出す。そして前に出てきたエリクセンの背後のスペースをトナーリ(もしくはチャルハノール)が使おうとする形がよく見られたわけですが、その際に前方にタイミング良く飛び出す選手がいないため深さが取れず、詰まってしまうと。
チャルハノールが右サイドでボールを運ぶ際は、トナーリが何度か前線に飛び出そうとしていましたが、これがどこまで意図された攻撃だったのかは疑問です。

左サイドについても、テオがやけに高い位置取りをすることが多かったり、レビッチが不調だったりでほとんど上手くいかずと。

インテルがラインを下げて守っていたこともあり、ミランとしては何度か敵陣深くまでボールを運んでシュートチャンスにまで持っていくシーンはありましたが、決定機にまでは中々至らず。
素晴らしい立ち上がりを見せた後半序盤こそ決定機を複数作りましたが、ハンダノビッチに尽く阻まれ、お返しに反撃の2失点目を喫して万事休す、と。試合全体としては拙攻に終わった印象です。


良い時のミランの攻撃っていうのはベナセル、チャルハノール、それとイブラ辺りが流動的にポジションを変え、周囲がそれに連動することで相手の守備の基準点をずらしていけたと思うのですが…。現在はチャルハノールが低調なパフォーマンス、ベナセルは欠場中という事で、そういった強みが全く発揮されていないように感じます。

そして、相手のマークをずらし、スペースを作るといったことが中々できないので縦パスも入らないですし、イブラへのロングパスからの速攻も上手く決まらない。加えてこの試合に関していえば、インテル相手にハイプレスがほとんどハマらず、相手がラインを基本的に下げて守ってきたため、得意のカウンター・速攻も封じられました。


というわけで、こんな現状だと、攻撃時の形はもっと整理した方が良いように思いますし、そのための方法の一つとして、システム変更という選択肢はありますよね。
まぁ出来れば3バックとかにチャレンジしてみて欲しいですけど、あまり大胆に変えるっていうのはなさそうですし、一旦4-4-2に回帰するのが無難でしょうかね。



雑感

正直、僕はスペツィア戦の敗戦後も楽観視していたのですが、その後のベナセルの再離脱(痛すぎる)とインテル戦の大敗、更にはEL2試合での体たらくにより流石に危機感を覚え始めました。

今のトナーリじゃベナセルの代役は荷が重いですし、チームコンディションの低下+対戦相手のミラン研究により、ストロングポイントだったハイプレス(からのカウンター)も機能しなくなりつつあります。よって、ミランとしては攻守ともに多少なりとも形を変えていく必要に迫られているんじゃないかと。


さて。今節の相手は4位ローマという事で、この直接対決を落とすと順位的にも精神的にも尋常じゃない痛手を負うことになります。
ここが正念場ですし、もうどんな形でもいいので勝って欲しいと強く願います。

Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

※前回の記事でいただいたコメントへの返信は後ほど必ず行います。遅れてしまい本当に申し訳ないです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 4

There are no comments yet.
ぬまぬ  

おつかれさまです
根性論とか好きではないんですが(実は嫌いでもないんですがw)、ローマ戦は何がなんでも勝って!って気持ちですね…
もう、PK貰ってドン引きウノゼロでも構いません。逆にやられたらブッ倒れそうですがw
とにかく、立て直す時間を
インテルに抜かれたのはもう仕方ないとして、引き分けたユーベを勝点で剥がし、直接対決でローマを降せば単独2位はしばらく安泰
そして、立て直す

今節ローマに勝てば、後はリーグ戦終盤のユーベとアタランタ以外に勝てば自力四位以内は行けます
ローマに負けたら、この2チームのどちらかに勝たないと。ローマ自身もミランに追いつく事が可能になるので

そして大前提として、格下に負けたり引き分け勝点1とかもうありえない
ナポリやラツィオにだって負けられない
スペツィアに負けたというのはそういうことだった、返す返す勿体ない勝点だったですな

とにかくまた、前を向くために目先のローマ戦の勝点3を!
夢見させてよ(๑•﹏•)w

  • 2021/03/01 (Mon) 03:44
  • REPLY
Aki  

こちらの記事がアップされていたのを見逃しており、コメント遅くなりまして申し訳ありません。
僕も気にしていたところをズバリ書いてくれていて、とても嬉しいです、助かります。

ダービーで3-0は言うまでもなく辛い結果ですが、少し前から、そしてスペツィア戦以降顕著になった不調が浮き彫りになった感じですね。CL権が本当に心配で寝れないです。

素人目にもわかりましたが、明らかにルカクxロマの1on1を作られていて、
それは当然予想できそうなのに(事前に検討された)トモリ起用などの事前対策を何もしなかったことが驚きでしたよね。3点ともココかと思います。

もう1つは、少し前から目立っているハイプレス。対策もされてきて、あとコンディションのせいか前より遅れてきている気がします。それで結局かわされてピンチを招くパターンが多いです。ケシエなどがカバーしてくれてますけど。敵陣に飛び込んでくる選手も少ない&遅い、で、チャンスが作れない&活かせないのも、同様の理由なんでしょうか?(テオは前にも増して攻めてますが)

ピオーリには、メンタルケア以外にこのあたりの改善、対策を早急にして欲しいと思います。イブラがいなくて機能もしてないなら、4231にこだわる理由はないと思いますし。べナセルがいれば433もいいのでしょうが、やはり442ですかね・・・?
一試合でも早く、再加速を願っています!がんばれミラン!

  • 2021/03/04 (Thu) 17:33
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To ぬまぬさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます。

ローマに勝てたのは順位の上でも非常に大きいものがありましたね。直接対決の結果により、同勝ち点でもミランが順位で上回るはずですし。仰るような星勘定で目標達成となりますしね。

ただ、ウディネーゼ戦でまたしても勝てなかったのが非常に残念でしたねー…。アタランタ辺りが猛追してきていますし、もうホントに中下位クラブとの対戦はこれ以上落とせませんね。

  • 2021/03/08 (Mon) 18:48
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Akiさん

コメントありがとうございます。こちらこそ返信が遅れてしまい、申し訳ございません。

フィジカル面では圧倒的にトモリに分がありますし、そんな彼をルカクにぶつけてどうなるかというのは是非とも見てみたかったですよね。
ダービー戦で突如としてカピターノを外すという選択は中々できませんが、能力的に厳しいのはこれまでの試合から明らかでしたしね。

疲労蓄積によりハイプレスがハマり辛くなっているのは間違いないと思います。そして、守備がハマらないので良い形でボールを奪えずカウンターに繋がらないし、気持ち的にも前に出づらくなる(速攻を食らうリスクが大きいので)。同様に、攻撃もそういったメンタル面が悪影響を及ぼしている側面は大きいと思います。実際、ハイプレスが機能したローマ戦では選手たちもだいぶ走れていましたし、積極的に前に出られていたと思いますしね。

ベナセルがいないなら2ボランチで固定だと思います。そして、過密日程により練習時間も十分に取れない現状ですと、大胆な変更も難しい。ですので、仰る通り変えるとしても4-4-2辺りが妥当なところかなぁと思いますね。

  • 2021/03/08 (Mon) 18:49
  • REPLY