【ゴールショー開演】ミラン対クロトーネ【2020-21シーズン・セリエA第21節】

6 Comments
カカニスタ22
今回はセリエA第21節、ミラン対クロトーネのマッチレビューを行いたいと思います。

スタメン

【20-21】ミラン対クロトーネ_スタメン1
ミラン:4-2-3-1(『Google試合速報』より)


【20-21】ミラン対クロトーネ_スタメン2
クロトーネ:3-5-2(『Google試合速報』より)
(本記事におけるキャプチャ画像の映像引用元はいずれも『Dazn』より)


ミランの攻撃とクロトーネの守備

まずはミランの攻撃(ビルドアップ)についてですが、ミランは主にSBを起点に、サイドチェンジを使いながらボールを運んでいく形が散見されました。

【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析1
――例えばこの開始早々の場面。左サイドのテオから右サイドのカラブリアへとサイドチェンジのパスが出る


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析2
――その後、カラブリアは前方のスペースへとボールを運んでいく

相手のクロトーネは5-3-2で守るという事で、自チームにとってSBのところは構造上、比較的フリーになりやすい。よって、そこを起点に運んでいこうとするわけですね。定番の形の一つといえます。

対するクロトーネは、ミランのGK時には前から捕まえに来るわけですが、プレスの強度が低く、割と簡単にボールを運ばせてしまいます。
そのためミランは、SB(テオ)から始まる単純なワンツーなどによってもボールを運べるという状況でした。また、先述のサイドチェンジも相手のプレスがキツくないので有効に機能しましたし、この試合でビルドアップに苦戦することはほとんどありませんでしたね。

すると6分、ミランは綺麗な崩しからネットを揺らしました。

【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析3
――メイテからサイドのカラブリアにパスが出た場面。ミランボランチのケアのため、クロトーネのMFは前に引き出されており、中盤にはスペースがある状況


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析4
――その後の場面。パスを受けたカラブリアは素早くそのスペースに持ち運ぶ。そしてカラブリアは前方のイブラにボールを預け、トップ下のレオンと共にエリア内に侵入していく


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析5
――その後、イブラはエリア内に侵入したレオンにパス。そのレオンの背後へと走るカラブリア


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析6
――その後の場面。レオンがヒールで後ろに流し、ボールはフリーのカラブリアへ。カラブリアはダイレクトでゴールに流し込んだ


このシーンでは、カラブリアからボールを受けたときのイブラの位置がオフサイドという事でノーゴールとなってしまったものの、この時点で得点は時間の問題だと個人的には感じられました。



ミラン守備とクロトーネの攻撃

続いて、ミランの守備についてですが、この試合もミランはハイプレスが基本となりました。
これに対して、クロトーネは主にウナスとベナリのいる右サイドからの突破・そしてチャンスの創出を目指します。
特にウナスはポゼッション・カウンター両面で獅子奮迅の活躍を見せており、ミランにとって厄介な選手でした。

一方で、左サイドからの攻撃は全体として上手くいかず、ミランに狙い通りの守備をされるシーンというのが散見された印象です。

【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析7
――例えばこの場面。左WBのペレイラにボールが渡り、その後ペレイラは中央のヴリッチに叩く


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析8
――その後、ヴリッチがボールを持つも、手近なパスコースは全てマークされ、スペースもない状況。そこでヴリッチはペレイラにボールを戻す


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析9
――その後の場面。同様にスペースの無いペレイラは右CBジジへのサイドチェンジを狙う。しかし、このパスコースはレビッチが監視しており、パスが出ると同時にインターセプトを図る


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析10
――そのボールをレビッチが狙い通り奪い、ミランがカウンターに繋げた



チャンス量産

そんなわけで、試合展開については必然的にミランが主導権を握り、ポゼッション・カウンター双方で次々とチャンスを作り出していきました。

この点に関し、レオンは前節に引き続いてトップ下起用でありましたが、左サイドでのプレーを好むため頻繁に同サイドへと流れます。よって、攻撃も人数の多い左サイドからが中心となり、連係で相手の守備を崩していくと。


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析11
――例えばこの場面。左サイドでテオがボールを持った状況。ここでレオンがベナリを引き連れながら、中央から左サイドに流れて中央にスペースを作り出す


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析12
――その後の場面。空いた中央へのパスコースにレビッチが走り出し、テオからパスを引き出す


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析13
――その後、ワンツーによる突破を狙った


レオンはもう少し右サイドでもプレーできると尚良いと思うのですが、テオ、レビッチ、レオンにイブラが絡む左サイドの攻撃は現時点でも中々の破壊力ですし、前半30分に生まれた先制点もこの4人のパス回しによるものでした。


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析14
――先制点の場面について。メイテから左のテオにサイドチェンジのパスが通る。


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析15
――その後の場面。テオはサイドに流れたイブラにボールを預ける。同時にレビッチは裏に抜け出し、自身のマークに付いていたMFベナリを最終ラインに押し込むことでバイタルにスペースを作り出す


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析16
――その後。イブラはテオとパス交換し、再度ボールを持つ。ここでリターンパスを出したテオは前方に走り込む


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析17
――その後の場面。こうして相手選手の注意をサイド側に引き付けた後で、イブラは中央のレオンにパスを出し、裏に抜ける。


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析18
――その後、レオンから走り込んだイブラに見事なラストパスが通る


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析19
――イブラが冷静にゴールへと流し込み、先制点をマークした


オプションとして、レオンのトップ下起用の目処が立ったのは今後の過密日程に向け非常に大きいですね。


一方、クロトーネは中盤を筆頭に守備力が全体的に低いですし、また味方2トップの守備的サポートも少ないため、押し込まれたら相当苦しい状況でした。
この試合の前からクロトーネは既にリーグ最多失点チームでありましたし、やはりというべきか、守備面に関して大きな問題を抱えているように見受けられましたね。

今のミランのストロングポイントであるSB(テオ、カラブリア)をここまで自由にプレーさせてしまっては、多くのチャンスを作られて当然です。

さて。そんなこんなで前半は1-0で終了。ミランリードで折り返しました。



後半の概要

ミランは後半開始早々、サレマに代えてカスティジェホを投入。
ここまで言及できていませんでしたが、前半のサレマは全体的に精彩を欠いていましたし、イエローカードも貰っていたため妥当な交代だと思います。

試合展開については、引き続きミランが圧倒。攻撃については前半と同様の形でクロトーネを押し込み、チャンスを作り出していくと。
また、守備に関しても引き続き集中した守りを披露し、中でもネガティブトランジションの速さと精度が非常に安定しておりました。

【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析20
――例えばこの場面。レオンがパスミスし、ボールはクロトーネに渡る


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析21
――しかしその後、近くのカスティジェホとプレスバックしたレビッチがボールホルダーに素早くチェックし、攻撃を遅らせることに成功


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析22
――その後、ミランはクロトーネを右サイドに押し込む。右CBジジは前方のウナスにパスを送るが、そこにはケシエが素早く対応。


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析23
――ケシエがボールを奪い、カウンターに繋げた

ケシエはこの試合も素晴らしいパフォーマンスでしたし、新加入のメイテも徐々にチームにフィットしてきた感がありますね。


そんな中、62分にはレオンに代わりチャルハノールが登場。待望の復帰です。
すると63分、テオがチャルハノール、レビッチとの連係で左サイドを突破し、敵陣深くでグラウンダーのクロス。それにイブラが合わせてミランが2点目を獲得しました。

更に、続く69分、70分にはチャルハノールのアシストからレビッチがドッピエッタを記録し、ミランが一気に4点リードとなり試合を決定づけました。

わずか10分足らずで、2アシストという決定的な活躍を見せたチャルハノールは素晴らしいとしか言いようがないですね。

77分にはレビッチ、イブラに代わってハウゲとマンジュキッチ、87分にはケシエに代えてクルニッチを投入。主力を休ませます。

最後に軽くマンジュキッチについて言及しておきますと、比較的短い時間ながらポストプレーやCKにおいて存在感を見せつけてくれたのではないかと。


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析24
――例えばこの場面。ロマニョーリに対し、前からプレスをかけるクロトーネ。そこで、ロマニョーリは前線のマンジュキッチへのロングボールを選択


【20-21】ミラン対クロトーネ_戦術分析25
――その後の場面。ボールは前線のマンジュキッチに届き、中央のスペースに移動したハウゲの手前に正確に落とす。マンジュキッチの位置が惜しくもオフサイドであったが、速攻に繋がりかけた


また、86分のCKではヘディングにより相手ゴールを強襲。
やはり、マンジュキッチに第一に求められるのはイブラの代役としての側面だと思うので、こうしてポストプレーや空中戦で強みを発揮してくれると非常に期待が高まりますね。
連携面も含め、コンディション調整にはまだ時間がかかりそうですが、当初想定されていた役割をキッチリと果たしてくれそうな雰囲気は十分に感じます。


さて。試合内容に関しては、ミランが最終盤もキッチリとクロトーネの攻撃を防ぎ、4-0のまま試合終了。

ミラン4-0クロトーネ



雑感

磐石な試合運びでミランが完勝を収めました。
内容がしっかりと反映されたスコアだと思いますし、振り返るとだいぶ安心して観られた試合だったように感じますね。

再三言及されていることですが、カンピオナートで重要なのは下位チームとの対戦で勝ち点を取りこぼさないことです。この点について、順位が指し示す通り今シーズンのミランは素晴らし過ぎるほどの結果を収めています。

是非ともこの調子で後半戦も戦い抜いて欲しいですし、今のチーム状態ならそれは十分に可能だとも思うので、大いに期待していきたいです。
次節のスペツィア戦もしっかりと勝利して、来るインテル戦、ローマ戦に臨んで欲しいと思います。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 6

There are no comments yet.
Aki  

いつもありがとうございます。
ゴールショウも楽しいですが、試合序盤から内容のある観戦が幸せでした。ビッグマッチの緊張感とは別に、こういう試合も以前は楽しむ余裕なかったのでウキウキしながら観てました。

メイテやマンジュキッチも目処が立ち、スタメンも復帰してきて、いよいよ後半戦とEL、ダービーと勝負に臨む準備が出来てきましたね。唯一の懸念はやはりRWG、サレマーケルスの不調です。カスティジェホに対する優位性は攻撃面だったのですが、それも復帰後は無く、早い復調が望まれます。カスティジェホは守備と走力は良いので、今は優先されるべきですね。来年はトヴァンに代わられる可能性が高いようですが。

次のスペツィア戦でこそ、待ち望んだベナセル復帰となりそうですね。楽しみです!

  • 2021/02/12 (Fri) 09:45
  • REPLY
alt  

レポお疲れ様です。

ミランにしては珍しく様子を見るような入りかたになったゲームだったのかなぁと思いました。
スペースをもて余しながら、急いで攻める様子もなく、ダラダラ行って相手のラッキーゴールでペース崩されそうなのは嫌だなぁと思いましたが杞憂でした。

仰る通り、私も取りこぼしをしないということが凄く大切だと思ってまして。
追いかけるお隣さんからすると、長期ユーヴェ独走だった例年を覆せる今年。インテルのプレッシャーの方が強いと思われるなか、勝てる試合を落とさない今のミランは、『強い』のは間違いないと思ってます。

勝てる試合を落とさないのは、ここまで来たらスクデットとるでー!と、明確にチームが団結してるからだと思います。

ホントに良いチームになりました。
今季、タイトルや結果を除いた『クラブチーム』という観点では、うちらの兄貴ほど価値のある選手はいないのではとマジで思います(笑)
しかもアホみたいに点とってるし(笑)
兄貴の破壊された銅像を見たときは衝撃でしたが、あいつは本物だ(笑)

  • 2021/02/12 (Fri) 15:13
  • REPLY
みらぽん  

レオンが想像以上にフィールド中央で活躍するのを見るとぜひ右サイドでのレオンのプレイを見たいと思ってしまいます。
海外のニュースではピオリが、イブラの後ろにレビッチ、チャルハノール、レオンをならべるシステムを検討してるのが、話題になっているようですが、今しか試す時がないですよね…。レオンのプレーの幅を広げる為にもぜひ見たいです。

  • 2021/02/12 (Fri) 23:29
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Akiさん

コメントありがとうございます。こちらこそ読んでいただき感謝です。

今季の下位チーム相手の試合には安心感がありますよね。今のミランのチーム力の高さが窺えます。

ただ、そんなミランの懸案事項というと仰る通り右サイドですね。サレマに関しては、チャルハノールが復帰したので後は自身のコンディションを上げていけば復調できると思いますが、もう少しクロス精度なりシュート精度なり、得点に直結する武器を身に付けて欲しいところですね。

  • 2021/02/13 (Sat) 07:00
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To altさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます。

順位に関して、常に(遥か)後方から上位を追いかけていた例年とは状況が一変している今シーズンですが、それでもなおプレッシャーに負けることなく結果を残し続けられているのは素晴らしいですよね。この点は正にチームとしての強さが明確に表れている部分だと思います。

今のミランはチームとして完成されつつありますが、その中心に君臨している「兄貴」が今のチームを作るにあたって不可欠な存在であったことは間違いないですね。
ミランだけでなくサッカー界においてもオンリーワンの存在だと思いますし、これからも可能な限りミランにいて欲しいですね。

  • 2021/02/13 (Sat) 07:01
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To みらぽんさん

コメントありがとうございます。

彼のポテンシャルを考えれば、右サイドでの起用に応える可能性は十分にありますし、チームの各ポジションの層的にも相当助かるんですよね。
攻守のバランスを考慮する必要はありますが、その2列目の陣容は非常に魅力的ですし、実際に試してみても面白いのではないかと僕も思います。

  • 2021/02/13 (Sat) 07:01
  • REPLY