【カンピオーネとは】ウディネーゼ対ミラン【2020-21シーズン・セリエA第6節】

9 Comments
カカニスタ22
今回はセリエA第6節、ウディネーゼ対ミランのマッチレビューを行いたいと思います。

スタメン

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_スタメン

4-3-3のウディネーゼと4-2-3-1のミラン。
(※当記事におけるキャプチャ画像の映像引用元はいずれも『Dazn』より)

前半序盤戦の攻防

ウディネーゼは守備時4-5-1でとっととミドル~ローラインブロックを作り、待ち構える形が基本(両サイドハーフ、特にプッセートがテオにマンマークで付き、5-4-1となる時も)。
ということで、ミランは中盤でボランチもしくは下がってきたチャルハノールがボール持って、ライン間にいる選手にボールを送り込みながら、時おりサイドチェンジを織り交ぜてチャンス演出。サイドハーフやSBが次々とエリア内に飛び出していく流動的な攻撃で、ウディネーゼゴールを脅かしていきます。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説1
――例えばこの場面では、ケシエの裏へのパスにSBのカラブリア(赤)が飛び出した


しかし少し気になったのが、イブラが右ハーフスペースやや下がり目に継続的にポジショニングしていた点です。アクセントを付けるために下がってボールを受けるなら良いのですが、そこを基本ポジションとしていたため、サレマとポジションが被ったりサレマが代わって中央に入ったりしてやや窮屈そうにプレーしている印象でした。


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説2
――この場面では、ベナセルからのパスをイブラとサレマが同じ場所で受けようとしてしまう(黄色)。その後、サレマが中央へ移動した

10分には、引き続き好調のレオンのクロスにサレマが飛び込んでチャンスを迎えますが、惜しくも合わせることができず。


一方で守備に関してですが、CBのベカンを起点に組み立てようとするウディネーゼに対し、ミランはチャルハノールがアンカーであるアルスランのマークをベナセルに渡しながらプレスをかけ、ウディネーゼのビルドアップを妨害する形が基本です。

11分にはハイプレスにより敵陣深くでボールを奪い、ショートカウンターに繋げました。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説3
――ハイプレス時における、ミランの守備陣形について。ベカンにボールが渡ってから、チャルハノールがプレスをかけに行く。同時にベナセルがアンカーのアルスランに付く。ベカンは縦パスを選択


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説4
――その後の場面。デパウル(ケシエがマーク)へのパスが通らず、ベナセルがインターセプト。ボールはそのままチャルハノールに渡り、ミランは敵陣深くでのボール奪取に成功した



前半中盤~終盤戦の攻防

18分、ベナセルの裏へのパスにイブラが抜け出してエリア内でボールを収め、エリア内に飛び込んだケシエにパス。ケシエがダイレクトでシュートを突き刺し、ミランが先制に成功します。
スパルタ・プラハ戦に引き続き、ベナセルが素晴らしいパスでチャンスメイク。そして言うまでもなくイブラの抜け出しによるアシスト、ケシエの飛び出しによるゴールも素晴らしいと。

1点ビハインドとなったウディネーゼはプレスをかけるようになりますが、ミランがしっかりと回避し、逆に速攻から決定機を演出していきます。


しかし、試合中盤になると徐々にウディネーゼがボールを握る展開に。
ミランとしてはその分カウンターのチャンスが訪れましたが、パスミス等でモノにできず、10分ほど押し込まれる状況が続きました。

ウディネーゼは主に左サイドにボールを運び、デパウル等が左に寄って崩しの局面に関与していく形。ミランとしてはライン間にパスを入れられ、CBが前に出て対応せざるを得ない状況になると危ないため(ケアーはともかく、怪我明けロマニョーリの1対1対応に不安があるため)、少しだけヒヤリとしました。

ただ、左ウイングのデウロフェウとの1対1はカラブリアが制していましたし、SBやインサイドハーフを使った連携の形もほとんど見られなかったため、決定機を作られるシーンはほとんどありませんでした。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説5
――例えばこの場面。ウディネーゼは速攻から左サイドにボールを運び、デウロフェウがカラブリアと1対1の局面を迎える(水色)


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説6
――その後の場面。周囲のサポートがなく、デウロフェウがそのまま仕掛けるがボールを奪われる


例えば前節の相手であるローマは、左サイドで1人がカラブリアに仕掛けつつ、他方がその背後のスペース(ハーフスペース)を突くという狙いがあり、ミランボランチの懸命な戻りがなければ危ないところでしたが、今回はそうしたシーンもありませんでしたしね。



終盤には、ミランが疲れの見えるウディネーゼを尻目に速攻からチャンスを作りますがモノにできず。この点に関してはイブラの身体がやや重そうで、パスミスやロストが散見されました。流石に疲労が溜まっているんでしょうかね。
あと、チャルハノールのコンディションもあまり良くなさそうです。練習中の負傷(確か捻挫)から想定以上の早さで復帰してはくれたものの、それだけにまだ完治していないのかもしれません。

もちろんこの2人に限らず、全体的にコンディションが良くなさそうですし、過密日程による疲労の影響がプレー精度に表れているように感じます。

まぁそんなわけで、前半は0-1で終了しました。



後半の攻防

開始早々の47分、ロマニョーリがエリア内でプッセートを倒してしまったという判定によりウディネーゼがPKを獲得。
48分、そのPKをデパウルが決め、ウディネーゼが同点に追いつきました。

ミランは後半からイブラの基本位置を中央左サイド寄り高めにし、主にそこでボールを受ける形に変更。先述の前半の動きを修正しました(しかし、全体としてあまりパスは通らず)。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説7
――例えばこの場面。チャルハノールから左サイド高めに位置するイブラ(赤)に縦パスが入る。


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説8
――その後、イブラは裏に抜けるレオン(黄色)にワンタッチでパスを出すも、デ・マイオにカットされる


更に57分、ミランはベナセルとサレマに代え、トナーリとディアスを投入。
ベナセルは疲労を考慮してでしょうが、サレマは精彩を欠いていたので納得の交代ですかね。

それにディアスは右サイドハーフ起用という事で、得意の位置(右ハーフスペース)にポジショニングできます。また細かいテクニックを有するのでウディネのブロック守備に対しても有効です。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説9
――ケシエがボールを持っている場面。ディアス(桃色)はここにポジショニング

そして案の定、主に右ハーフスペースでボールを引き出し、細かいパス交換からチャンスを作り出していきます。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説10
――その後の場面。ケシエからチャルハノールにパスが入り、チャルハノールはそのままディアスにパス。


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説11
――その後、ディアスはチャルハノールにリターンパス。このようにしてDFを中央に引き付けてから、サイドでフリーのカラブリアにスルーパスを出す。惜しくもこのパスは通らず

一方、トナーリの推進力と縦パスも大きな武器になり得ますし、実際に62分にはカウンターの起点となる縦パスを供給し、チャンスを演出しました。


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説12
――カウンターの場面。トナーリはドリブルでボールを運び、その後ライン間のチャルハノールに正確な縦パスを供給した


対するウディネーゼは時おりプレスをかけながらも基本はローラインでのブロック守備を行い、カウンターで応酬していく形。攻勢をかけるミランの背後のスペースを狙っていきました。


カンピオーネ

そして71分にはダロト、レビッチと交代カードを切り、更なる攻勢を仕掛けるミラン。
一方のウディネーゼはデウロフェウに代えて5番のアウエヤンを投入し、変則的な5バックに変更。
ウディネーゼはアウエヤンがダロトの攻め上がりに対応することで縦のスペースを消し、かつハーフスペースのディアスにもキッチリとマークを付け、中央突破も封じ込めようとします。

【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説13
――例えばこの場面。トナーリからサイドのダロトにパスが通るも、アウエヤンがしっかりと対応。


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説14
――その後、ダロトはハーフスペースで構えるディアスにパスを出すも、サミルが付く


【20-21】ウディネーゼ対ミラン_戦術解説15
――ディアスは上手くトラップして前を向くが、カバーに入ったデパウルに止められボールロスト(橙)

それでもディアスはチャルハノール等と協力しながら狭いスペースでチャンスを作りかける見事なパフォーマンスを随所に見せますが、あと一歩及ばず。


また、ウディネーゼは先述の通りテオにはプッセートがマンツーマンで付くこともありますから、時には6バックのような形となり、徹底的に守備を固めていきます。

こうしてミランは攻めあぐねてしまい、このまま1-1で引き分け濃厚かに思われましたが…84分。イブラがクロスのこぼれ球をオーバーヘッドで押し込み、スーパーゴールで逆転に成功しました。

この試合のイブラは疲労もあり、全体的にそこまで良いパフォーマンスではなかったと思うのですが、それでも要所で決定的なプレーを見せて1ゴール1アシストを記録、と。素晴らし過ぎますね。


その後はウディネーゼが攻めに出ますが、ミランもカウンターで応酬。最後まで2失点目を許すことなく、試合終了。

ウディネーゼ1-2ミラン


雑感

ミランが大いに苦しみながらも敵地で勝利を収めました。
引き分け濃厚な試合でしたが、個人的にはチームの動き方自体は決して悪くなかったと思いますし、あともう少し歯車が噛み合っていれば(選手個々のコンディションが良ければ)もっと多くの決定機を生み出し、もっと早く追加点を決められたと考えています。

しかし、その「あともう少し」が足りない試合というのは往々にしてあるわけで、その結果勝ち点を取りこぼしてしまうという事は非常にありがちです。
そういった事態を「個」で覆し、チームを勝たせてしまう選手こそが「カンピオーネ」であり、まさにミランにとってはイブラヒモビッチがそれに該当する選手なのだと、改めて思い知らされた試合でした。

まだ第6節が終了した段階であり、まだまだシーズンは始まったばかりではありますが、こういう試合を勝ち切ったミランには優勝争いに加わる資格があるのではないかと。むしろ、イブラヒモビッチを擁しておきながら優勝争いをしないというのは失礼じゃないかとすら思い始めています。

過密日程、コロナと様々な障壁はありますが、もし幸運が味方に付けば、今のミランならチャンスはきっと訪れる。そんな風に感じることのできるチームになってくれたことにただ感謝したいです。



さて。この試合に話を戻すと、ディアスに右サイドハーフのスーパーサブとしての起用の目処が立ったのは大きいんじゃないかと。
チャルハノールやレビッチに代わってトップ下もしくは左サイドでスタメンというのがこれまでのディアスの主な起用法でしたが、今回のように相手の守備を切り崩す存在として途中から右サイドで使うというのも非常に有効だと感じました(場合によっては先発もアリかなと)。

今回の起用法はカスティジェホが不在だったというのも関係していそうですが、果たして今後ディアスをどう使っていくのか。ディアスが優秀なだけに様々な起用法が考えられますから、注目していきたいですね。

また、ドンナルンマ、ガッビア、ハウゲがコロナから復帰し、レビッチも怪我からの復帰を果たしたということで、今後どのようなスタメンが(主にELで)組まれるかも楽しみです。

この勢いで次戦のリール戦も勝利といきたいところですね。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 9

There are no comments yet.
名無しのミラニスタ  

更新お疲れ様です

こういう苦しい試合を勝ち切れるのは大事ですよ叫びました
全体的に疲労からミスと身体の重さが目立つ試合でした相手がガチガチだったから余計に
それでも見れるクオリティだったのは全員成長した証だと思います
そんな中でもケシエの安定性は本当に助かりますよ私としてはMOMあげたいぐらいです
足をとられたりトラップをミスしたりパスを引っ掛けたり動き直しが遅かったり
イブラも含めミランは中々に辛いパフォーマンスが散見されましたが
勝ち切れるのが今のミランだと思うと嬉しくて嬉しくて
ロマニョーリに影を落とさないという意味でも本当にイブラはあそこでよく決めてくれた
何故イブラがスクデットコレクターなのかという理由がよく分かる試合ではないかと
上位に勝つのも大事ですが中位や下位に勝ち点を奪われない事も大事なんすよねカンピオナートは
ほんと難しいですよリーグ戦って
今更ながらリーグで上位で過ごす難しさを再確認してますマジで久しぶりの嬉しい感覚です
どうにか休ませて欲しいんですがねイブラやケアーや出ずっぱりの面々に関しては
特にイブラは故障=引退ってなる可能性もある人なんでね足ボロボロのはずなんで
最後まで守備するのは震えましたわ
自らの姿勢で若手に勝ち切るぞ!というメッセージを提示していたように思う
走り回るのは年齢的にもう無理でも魂を見せてくれるとグッときます

個人的にやっぱりイブラの相方はレビッチだと思いました短い時間でしたがやっぱり相性が良すぎる
イブラの中央を明け渡すポジショニングはレオンやサレマに中央を使わせる策だったのかなと思いますが
あまり良くはなかったですね
これから改善していくのかは分かりませんけども
ディアス君は本当になんとかならんですかね買い取りは難しいでしょうけども…
あの子技術云々の前にあの若さで本当に戦術理解度高いですよ
レアル愛強そうですし彼自身が望まないかもしれませんが居て欲しいですよね
ダロトにしても活躍すればする程ミランを去る可能性が高くなるもどかしさはヤバいですよ

イブラも言ってましたが今はまだスクデットの話をする段階じゃなく
一戦一戦を最終戦の気持ちで戦っていく事が大事ですがどうしても期待しちゃいますよね
でもなるべく口にしないようにしてますリアルでは
同じ気持ちなのか言葉飲み込んで友人も口に出さないw

リーナ  

お久しぶりです( ・∇・)
ランダです( ・∇・)
こっちではリーナです( ・∇・)

とりあえず、いつもながらウディネーゼには苦手意識はありますね~
サイドを上手く使えなかったのと、中央のチャルハノールの不出来が左右してしまった感じがありました
ただ、チャルハノールに関しては捻挫明け且つ、スリッピーなピッチコンディションなので、かなり厳しかったと思います
ブラヒムに関しては、ジョーカー起用は当たりでしたね!
あと、レビッチのコンディションが良かったのも勝ちに影響したんじゃないかな?と思います!
思いの外、ロマニョーリのギアが上がってないのが懸念材料ですね…

イブラは神でしたね!( ̄^ ̄)w

  • 2020/11/02 (Mon) 19:51
  • REPLY
華夏  

いつもありがとうございます
ぶっちゃけイブラを軸に据えるのはこれからのことを考えると半分どうなんだろうと思ってた時もありましたが今日の試合で完全に間違っていたと思い知らされました
イブラがいることで想像以上に若手達のメンタルも変わってるようですしウディネ相手にこんな決勝点をもぎ取られるともう何言えないです
ブラヒムディアスはどこで出ても活躍してくれるので今シーズンとても貴重な存在になりそうですね

  • 2020/11/02 (Mon) 21:45
  • REPLY
すくろう  

引き分けやむなし…という所から見事なゴール。イブラの偉大さは十分理解していたつもりですがさらに上をいきました。昨日試合だけはミランが勝った嬉しさよりイブラすげえが上に来てしまいました。
トナーリも徐々にですがコンディション良くなって来ましたね!ベナセルとケシエが磐石過ぎるんですがベナセルを休ませる目処が立つくらいにはなりましたね。勿論それでは物足りないけどとりあえずは少しずつという事で。
あと結構足早いんですね!デウロフェウに走り負けなかったのは驚きました。スピードがあるって印象はあまりなかったので…
しかしサッスオーロも大躍進ですね。試合はあまり観てないんですが順位表見てビックリですよ。まぁ今季は順位表見るのが楽しくて試合も消化してないのに毎日見ちゃうんですけどね

  • 2020/11/03 (Tue) 00:01
  • REPLY
Joie de Myao  

ミラノに王はいないが神はいるということです

  • 2020/11/04 (Wed) 19:01
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 名無しのミラニスタさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます。

>>上位に勝つのも大事ですが中位や下位に勝ち点を奪われない事も大事なんすよねカンピオナートは

ホントにそうですよね。確か10年近く前にモウリーニョがセリエAでタイトルを獲ることの難しさを説いていた記憶がありますが、下位チームだろうと決して侮れないのがセリエAの厳しさであり魅力でもあると思います。

チームが苦しいとき、イブラは決まって献身的なプレーの姿勢で味方を鼓舞しているように思われますが、あれこそ正にリーダーシップですよね。
疲労、そして怪我のリスクを考えると決して無理はして欲しくありませんが、一方で彼の存在感は唯一無二ですし…。とにかくもうホントに怪我だけはしないよう気をつけて欲しいです。

  • 2020/11/04 (Wed) 22:46
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To リーナさん

コメントありがとうございます。twitterともども、平素より反応いただき感謝です。

ウディネーゼには苦手意識がありますね。昨シーズンも1勝1敗で、その1勝も大苦戦の末の勝利でしたしね。

チャルハノールのような選手にとっては、色々とコンディションが悪く不都合な試合だったようですね。
レビッチは僕も良かったと思います。怪我明けで少し不安でしたが流石のパフォーマンスでしたし、今後の左サイドのポジション争いは面白いことになりそうです。

  • 2020/11/04 (Wed) 22:46
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 華夏さん

コメントありがとうございます。こちらこそ閲覧感謝です。

引き分け濃厚な試合を勝ち試合にしてしまう能力は極めて貴重ですし、そんなイブラがいることで今季のミランのカンピオナートは本当に楽しみなものになってくれましたね。

特に過密日程だと、ディアスのようなどこでもやれる選手の存在は本当に大きいですし、仰る通り貴重な存在になってくれることは間違いないと思います。

  • 2020/11/04 (Wed) 22:47
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To すくろうさん

コメントありがとうございます。

トナーリはフィジカルコンディションが上がってきましたし、ここからが本格的なレギュラー争いに向けたスタートという感じがします。
それとトナーリはスピード含め、フィジカルがかなり優秀なんですよね。ブレシア時代は体を張った鬼キープも見られていた印象なので、近々ミランでも見られると嬉しいです。

順位表はついつい見ちゃいますね(笑)
例年だと序盤はほとんど見ず、後半戦に状態が上がってきて見るたびに上位との勝ち点差に絶望して「前半戦がなぁ…」とため息をつくというのが恒例になりつつありましたが、今季はその意味でも全然違います。期待感が高まりますね。

  • 2020/11/04 (Wed) 22:51
  • REPLY