【最高の幕開け】ミラン対ボローニャ【2020-21シーズン・セリエA第1節】

12 Comments
カカニスタ22
今回は、2020-21シーズンのセリエA第1節、ミラン対ボローニャのマッチレビューを行いたいと思います。

スタメン

【20-21】ミランボローニャスタメン

両チームともに4-2-3-1。

(※当記事における試合画像の映像引用元はいずれも『Dazn』より)


ボローニャの守備とミランの攻撃

まずはボローニャの守備について。
今回のボローニャの守備陣形は4-4-2。昨季のボローニャはマンツーマン志向が強く、中でもオルソリーニはテオに引っ付いてたわけですが、今回はゾーン主体で守ります。

それに対するミランの組み立ては、ボランチ(特にケシエ)が左CB(ガッビア)と左SB(テオ)の間に下り、ボールを引き出すというのが一つです。

【20-21】ミラン対ボローニャ1
――ボローニャの中盤および前線の守備陣形とケシエのポジショニング。ガッビアからケシエがボールを受けたところにオルソリーニがプレスをかける

これによって対面の右サイドハーフであるオルソリーニを引き寄せ、テオへのパスコースを作ろうという狙いがあったのだと思いますが、ボローニャは安定したラインコントロールでテオを自由にさせません。

【20-21】ミラン対ボローニャ2
――ケシエからテオにボールが渡った場面。シルヴェストリがテオにチェックに行く。ボローニャはコンパクトな陣形を維持し、周囲のスペースを消す。

時おりイブラが左サイド下がり目に流れ、崩しに関与する形で何度かチャンスを作りますが、全体としてそれほど多くありませんでした。


ミランのハイプレス・カウンター

しかしながらミランは、ハイプレスによるボール奪取、そしてそこからの(ショート)カウンターないし速攻によってチャンスを量産していきます。

それではミランのハイプレス時の陣形について。まずイブラとチャルハノールの2人で相手のCBを見て、レビッチが対面の右SB(シルベストリ)に付きます。

【20-21】ミラン対ボローニャ3
――ミランの前線の守備陣形。チャルハノールがダニーロにチェックに行き、ダニーロはロングパスを選択

一方で、ハイプレス時にチャルハノールが一列上がってしまうと中盤は2対3となり、このままでは数的不利となります。(ベナセル、ケシエの2人に対して、相手はダブルボランチ+トップ下の3枚のため)

そこで、基本的にはカスティジェホが相手左SBと左ボランチの2人を見ることで、こうした問題を解決させていました。


【20-21】ミラン対ボローニャ4
――先ほどの場面の続き。ダニーロからのボールを下がって受けようとしたソリアーノだが、ケシエに潰されボールロスト。ミランが速攻から決定機を演出。この場面ではシュハウテンにベナセルが付き、ドミンゲスにはカスティジェホが絞ってマークに付いた

このようにして、ベナセルとケシエとで上手くローテーションしながら相手のボランチとトップ下にしっかりと対応することで、相手の中盤でビルドアップさせることはほとんどありませんでした、と。


また、それによってボローニャはGK時、左SBのダイクスへのロングボールを多用しましたが、カスティジェホの献身的な守備によってサイドでも中々ボールを自由に持たせません。
これによって、同SBのカラブリアは釣り出されることなく対面のバロウへのマークに集中できました。


【20-21】ミラン対ボローニャ5
――GKスコルプスキからダイクスへロングボール。そこで、中央に絞っていたカスティジェホ(赤丸)は急いでサイドへ


【20-21】ミラン対ボローニャ6
――その後の場面。ダイクスへボールが渡るが、カスティジェホが粘り強く守備対応して進路を塞ぐ。そこでダイクスはバロウへパスを出すが、カラブリアがしっかりとマークに付いている。


【20-21】ミラン対ボローニャ7
――その後の場面。バロウからボールを奪ったカラブリアは前方のスペースへボールを持ち運び、イブラとの連携で決定機を演出した


加えて、ボールロスト後のトランジションや帰陣も早いミランを前に、ボローニャはほとんどチャンスを作ることができませんでしたと。


ただ、カスティジェホは上記のように守備面では申し分ないのですが、一方で攻撃面では全く良さを発揮できず。ボール奪取後の速攻の場面でもミスが目立ちました。

周囲との連動性という面では後半から出てきたサレマの方が上ですし、もう少し攻撃面で違いを見せられないと今後厳しいかなと思います。


ミランのオープニングゴール

以上のようにしてボローニャのビルドアップを妨害し、ボール奪取から速攻という形で主導権を握ったミラン。

すると35分、テオの素晴らしいクロスにイブラが頭で合わせ、ミランが先制に成功します。

この得点シーンについてですが、ミランはこの得点に至るまでに両サイドを何度もワイドに使いながらボローニャ守備陣をかく乱し、イブラのためのスペース作りを行っています。


【20-21】ミラン対ボローニャ8
――左サイドから右のカラブリアにサイドチェンジが通った場面。この時点ではCBの冨安はイブラをマークしている


【20-21】ミラン対ボローニャ9
――その後の場面。チャルハノールが冨安の近くを横切りながらボールサイドへ走る。冨安はイブラのマークをダニーロに託し、ボールサイドへ移動するチャルハノールに付く。一方のイブラはファーサイドに移動。これにより、ダニーロとの1対1の状況を作り出す(赤丸)

この段階ではパスは出ませんでしたが、その後に右サイドから中央のイブラにパスが入り(そのシーンでも、カラブリアが上手くスペースメイク)、イブラを経由し左サイドのレビッチへ。レビッチがクロスを入れますが、相手にクリアされ、またしても右サイドへボールが流れます。


【20-21】ミラン対ボローニャ10
――その後、再び右サイドから左サイドへボールが動く。ボールを受けたテオが素晴らしいクロスを上げ、イブラがそれに頭で合わせてミランが先制点を獲得。このシーンにて、イブラと最終的に競り合った選手はボランチのドミンゲス(赤丸)

ドミンゲスはサイドに流れて対応していた冨安のカバーのため最終ラインに入っていたわけですが、179センチと大柄ではありません。ましてイブラと競り合うとなると圧倒的に不利な状況を強いられてしまいます。
こういう状況を意図的に作り出したミランの攻撃の形は素晴らしかったですね。


こうして、ミランは1-0で前半を終えることに成功しました。



後半の攻防

後半開始から、ミランはカスティジェホに代えてサレマーケルスを投入。
カスティジェホは前半で軽傷を負ったらしく、大事を取って休ませたとのことです。

試合は開始早々の50分、ベナセルがエリア内で倒されたとの判定でミランがPKを獲得。そのチャンスをイブラがモノにして2点目を挙げました。

攻めるしかないボローニャは、バロウが積極的に中央(ハーフスペース)に入ってボールを収め、主に左サイドから速攻を仕掛けていきます。

そして57分にはサンソーネとオルセンを投入し、バロウを1トップに。トップ下のパラシオが自由に(主に左サイドに)動き、左サイドハーフに入ったサンソーネと絡みながら攻勢をかけます。
流動性が増したことで攻撃に怖さが出てきたボローニャですが、同時にカウンターのリスクも増えるため、ミランは強かに(ロング)カウンターを仕掛けることで応酬していきます。


【20-21】ミラン対ボローニャ11
――ボローニャが右サイドでボールロストした後の場面。中央~右サイドに顔を出していた左サイドハーフのサンソーネの戻りが間に合わず、ミラン側右サイドには広大なスペース。そこへボールが渡り、カラブリアが持ち運んでチャンスを演出した

今のミランはロングカウンターも強力なので、こういう展開になっても問題ないのが非常に心強いですね。


そして63分には、相手CKの流れからチャルハノールが一気に敵陣にボールを運び、イブラにパス。決定機を迎えますが外してしまいました。


その後ミランは、71分にケアーとチャルハノールに代えてドゥアルテとディアスを、続く77分にケシエに代えてトナーリを投入。
2点リードの状況という事で、セーフティリードとまではいえないものの、過密日程を考慮して主力を休ませます。

対するボローニャはサンタンデールとスヴァンベリ、ヴィニャートを投入。最後の攻勢を仕掛けます。

終盤はボローニャペース。ミランは後方でのミスが増え、危険なカウンターやシーンを作られますが、ドンナルンマがファインセーブを披露して事なきを得ました。

この点については、トナーリのコンディションがまだまだといった感じですかね。今後に期待です。

危ないシーンをいくつか作られたミランでしたが、何とかしのぎ切って試合終了。

ミラン2-0ボローニャ



雑感

ミランが開幕戦を勝利で飾りました。

しかも、昨季後半戦に成熟した組織的な守備(プレス)、そして中心選手(イブラ)にただ依存するのではなく中心選手を活かす攻撃が今シーズンも健在であることが証明され、内容・結果共にとても充実したものでした。今シーズンへの期待感が更に高まりましたね。

それと終盤の展開には少しヒヤリとしましたが、無失点で終えられたのは本当に良かったです。トナーリ、ドゥアルテはコンディション面でまだまだといった感じですが、一方でブラヒム・ディアスは早くもスーパーサブとして実力を発揮し始めている印象ですね。



さて。次の試合はEL予選のボデ・グリムト戦という事で、EL本選出場のために極めて重要な試合となります。
とは言え、今のミランならさほど心配はいらないでしょう。実力通りのパフォーマンスを披露し、勝利を収めて欲しいと思います。


Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 12

There are no comments yet.
すくろう  

マッチリポートお疲れ様です!
いやぁ気分が良いですね!ミランのチームとしての守備に関しては基本的に昨シーズンから引き続き安定感がありましたが今季はチームとしての攻撃の面で一回り成長してきている気がします。個々のスペシャルなプレイを切っ掛けに打開するというのがここ数年のミランでしたがその個々のスペシャルなプレイをどう引き出すかという意図を感じます。
ディアスはなかなか良い補強になりそうですしプレシーズンから続くカラブリアの復調も大きいと思います。一時はちょっともう厳しいかな…ってくらいまで来てたんでこの点に関しては僕の中では補強と言えるくらい大きな事に感じています。
しかしトナーリは期待特大とはいえベナセルケシエがなかなかに良いのは嬉しい悩みかも…こんな悩み何年ぶりなんだろ
まぁとにかく開幕まずはイブラが決めて勝ったというのはチームにとっても良い勝ち方でしたね!

  • 2020/09/23 (Wed) 00:05
  • REPLY
名無しのミラニスタ  

とにかくカラブリアが素晴らしかった拍手したい
すさまじい成長、売るなんてとんでもない
SB問題は解決したと言い切れないけどオーリエに手を出す必要はあまりないように思う
そしてチャルのチームを動かす素晴らしい働き
ケシエはもう拝むレベル、ケシエとべナセルを交代させるといつも不安になる
イブラは少し身体が重く疲れてるかな?という場面もチラホラ
トナーリは少し適応に時間かかりそうっすね心配な場面が結構多い
ブラヒムはもうEL3次予選の間スタメンで出し続けてもいいのではと思ってます
もう少し長く見たい
3次予選は主力を控え出来るだけターンオーバーの場にして欲しい
この段階で主力使ってたらもたない

ボローニャ戦所々ミスはありましたが開幕戦として上々じゃないかと
もっと得点出来た試合と言われれば確かに間違いないですが十分だと思う
冨安君期待っすね良いCBになると思う
将来ミランに、なんて事も成長次第じゃない話じゃないなと

何気にCB問題よりCF問題の方が気になってたりしますわ
ケアーはベテランらしく安定してますしガッビアは少し物足りないものの成長も感じるないっすかね
見てられるぐらいには頑張ってから伸びしろを考えてもCBを最優先に獲るべきなのか?という感想
スクデットが使命なら獲る必要があるがあくまでもCLに返り咲くのが当面の目標だし緊急性は低いように思う
ただFWは別かなと
39歳のイブラをターンオーバーしないで戦い切るのは無理がある
35歳の時それをしたからイブラは膝が壊れた
如何に彼とチャルのコンディションを落とさず使っていけるかが鍵な気がするので
この問題は結構早急に解決して欲しい
次戦のELグリムト戦にイブラ出すようなら不味い状況と思ってます

Joie de Myao  

終盤に何度か決定機を与えてドタバタしたところが見受けられたけど、
全体を通してみれば勝つべくして勝った試合だったでしょう
無敗で終えた昨季の中断明け以降のサッカーが継続できていたと感じられたし、
そろそろ上のランクへ戻るための結果が欲しいですから内容だけでなく目に見える結果も欲しいです。
このサッカーが続く限り「勢い無くなったら勝てないミランに戻ってしまう」などとはもう言いませんので(苦笑)

  • 2020/09/23 (Wed) 10:49
  • REPLY
alt  

レポお疲れ様でした。
昨年の開幕と比較して、チームとしての在り方がどれほど大事かということを切実に感じました。
去年の今頃は、今のチームを見れば無茶苦茶だったのがよく分かります。
選手個々の能力は、チームとして何をすべきがが固まった上でみる必要があるのだなぁと。
ベルさんがチームを手放してから一新して、ようやくスタートラインに立てた気がして嬉しい限りです。

カラブリアはコンディション良かったですね。
二点目はテオのクロスがヤバかった。あの対面の距離感であれだけのボールを上げられたら相手はお手上げです。
昨期コアだったベナセルは勿論、ケシエは自分の在り方をしっかりとチームに見いだしてて自信が感じられました。

チームは押し込まれる手前に積んでいる守備ですので見ていて安心ですし、選手たちもイキイキしてますね☆
前線でのバランス重視にて、今年は個々の打開力を持つ選手よりも、プログラム通りに動ける選手が重宝されそうですね。




  • 2020/09/23 (Wed) 11:17
  • REPLY
諭吉  

開幕勝利ということで、終盤に危ない部分はあったものの、ほぼ完璧な試合運びだったと思います。
ブラヒム、サレマは良いアクセントになってましたし特にサレマはカスティジェホとのレギュラー争いが壮絶ですね。。。
トナーリはもう少し様子見ましょうってところで後はドゥアルテおかえりなさい‼︎でも正直まだ100%では無さそうですね、ドゥアルテの出来次第でCBの補強プランも変わって来そうですが、
やはりCBは獲得するべきだと思いました。
後はパケタ。。。個人的に好きな選手なので諦めたくないのですが、正直ポジションがないですね。
イブラもシーズン通して活躍出来るとは思わないので、パケタのキープ力を生かしたCFコンバートとかあると胸熱なのですが、移籍にしろ残留にしろ彼が生き生きプレー出来る環境になることを切に願っております‼︎
2.3節と昇格組との試合が続きますので、新規加入組がこの2試合でフィットし万全な体制でダービーを迎えたいところです‼︎

-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2020/09/23 (Wed) 13:00
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To すくろうさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます。

>>個々のスペシャルなプレイを~という意図を感じます。

正に仰る通りだと思います。個人的には「スペシャルな個を組織で活かす」戦術こそカルチョらしさの一つだと思うので、こういうサッカーは好きですね(笑)

カラブリアは下部組織出身というのもありますし、この復調は嬉しいですね。
是非ともこの調子を維持して欲しいです。

  • 2020/09/24 (Thu) 20:41
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 名無しのミラニスタさん

コメントありがとうございます。

冨安選手は素晴らしいですよね。現ビジャレアルの久保選手と並んで日本の宝だと思います。
今後、ビッグクラブへのステップアップは十分にあり得ますし、是非とも実現して欲しいです。

イブラについてはちょうどタイミング良く記事を上げさせてもらったのですが、イブラを適度に休ませることは必須だと思いますね。
そのためにどうするかですが、あくまで個人的には現有戦力で上手くやり繰りできるのではないか(して欲しい)と考えています。
ただ、報道だとグリムト戦にも先発するようで…。イブラのプレーを見られるのは嬉しいし心強いのですが、心配にもなりますね。

  • 2020/09/24 (Thu) 20:41
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Joie de Myaoさん

コメントありがとうございます。

例年の傾向だとシーズン前半戦の成績が最終結果の足を引っ張っていますが、その点今シーズンはスタートダッシュができそうで良いですね。
最終結果にも期待が懸かります。

  • 2020/09/24 (Thu) 20:42
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To altさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます。

昨季の開幕とは雲泥の差がありましたね。
チームのベースは既に出来上がっていますから、後は全体的なコンディションを上げつつ、安定したパフォーマンスでシーズンを戦い抜いて欲しいです。

中盤、前線の選手の特徴とプレス戦術とがガチッとハマっているので、仰る通り見ていて安心感がありますね。

  • 2020/09/24 (Thu) 20:42
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 諭吉さん

コメントありがとうございます。

試合中、ベンチのパケタが映るたびになんだか僕も複雑な気分になってしまいました…。
加入から半年の間に見せてくれたプレーは素晴らしいものがありましたし、新天地で再び輝いて欲しいですね。

昨季のダービー戦はいずれも最悪だったので、今季こそはリベンジといきたいですね。

  • 2020/09/24 (Thu) 20:43
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To イブラニスタさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます。キエーザは欲しいですね(笑)

イブラの控え問題は本当に難しいと思います。
怪我のリスクを下げるためには休養は絶対ですが、仰る通り本人は休みたがらないですし、何よりチームに及ぼす影響が絶大で、監督としても極力外したくはないでしょうからね…。
とにかく、怪我することなくシーズンを過ごせることを願いたいです。

  • 2020/09/24 (Thu) 20:44
  • REPLY