ラングニック・ミランの中心となることが期待される6選手

8 Comments
カカニスタ22
『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、次期監督候補として有力視されているラングニックはミランの現スカッドを調査しているとのこと。



その結果、ドンナルンマ、テオ、コンティ、ベナセル、チャルハノール、レオンの6人を中心的存在と捉え、チームを構想しているとのことです。
信ぴょう性は微妙なところではありますが、個人的にレオンとチャルハノールがこの中に入っているのは嬉しいところです。
チャルハノールは以前から高く評価されていたらしいので当然としても、今のレオンはあまり評価されていないと思っていました。

十中八九ラングニックの下では中央(2トップ)で起用されることになるでしょうし、ここはレオンの最適ポジションだと思うので是非とも覚醒させて欲しいところです。

また、現在は苦戦中のコンティもこのラインナップに含まれていますが、アタランタ時代のプレーを思い起こせば期待されるのも頷けます。
現状右SBは要補強ポイントの一つだと思いますが、彼が復活すれば話も変わってきますしね。

残りの3選手については順当としか言いようがありません。


一方で、気になる点としては、ミランのカピターノであるロマニョーリが先のラインナップには含まれていないというものです。

確かに、DFラインをめっぽう上げてボールの即時奪回を狙うラングニックのサッカースタイルにロマニョーリが適合的かというと、若干怪しい感じはします。
ロマニョーリは相手を引き込んでから奪う守備や、ポジショニングの良さを活かしたエリア内でのボールクリアについては素晴らしいものがありますが、縦への強さだったりタックルによる積極的なボール奪取だったりはあまり見られません。
また、CBには縦にも横にも広い範囲をカバーする必要性が生じるため、フィジカル(特にスピード)的に大丈夫なのか?という気がしますね。

まぁただし、この点は相方のCBによって多少変わってくると思いますし(今の状況だと、前に出にくい側面は間違いなくある)、いずれにせよ現状スタメンの座は揺らがないとは思いますけどね。
それに、もし噂されるクアッシ辺りのフィジカル能力に優れた選手を獲得でき、彼らがすぐに戦術に適応してくれるのであれば、ロマニョーリの負担も軽減され積極的なボール奪取等が見られるかもしれないですしね。



ところで、少し話は変わるのですが…先に挙げた6選手の中にも含まれていたベナセルについてですが、先日の『RMC Sport』が報じたところによりますと、PSGだけではなくマンチェスター・シティの指揮官であるペップ・グアルディオラがベナセルの獲得を希望しているそうです。



しかも、ベナセルの現行契約には5000万ユーロのバイアウト条項が付いているという衝撃の情報が…。

確かにミランはベナセルを約1600万ユーロで獲得したわけですので、仮に5000万ユーロで売却という話になれば大儲けです。
しかし、戦力的には大ダメージなわけで、ようやく手に入れた中盤の中心的存在を手放すというのはどうにも受け入れがたいものがあります。

今のミランの方針だとベナセルが5年後までミランに在籍しているとは思えませんが、せめて後2、3年は支えて欲しいと思っていますし、まだまだ若いベナセルとしても出場機会が保証されている現状はもうしばらくキープしても良いのではないかと。

まぁコロナ禍において5000万ユーロをポンと支払えるクラブが現れる可能性は低いと思いますし、今夏の残留に限っては割と楽観視しているんですけどね。


それでは今回はこの辺で。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 8

There are no comments yet.
Joie_de_Myao  

ブンデス流のDFラインを高くするサッカーだとCBにもスピードというかスプリント能力が必要となりますから、自分でもスピードの無さが欠点と話すロマニョーリを絶対的な守備の要にしにくいのはある意味納得です。
ただこれはコンビ組む相方によって補完できるとは思いますし、何よりもミランがロマニョーリを売却した時には移籍金の3割ほどが古巣ローマに行渡る条項が存在するはずですから例えば1億ユーロとか相当なオファーでも来ない限りは安易に売ってはいけないと思います

  • 2020/06/05 (Fri) 08:41
  • REPLY
名無しのミラニスタ  

いつもありがとうございます
確かにガツガツ行くタイプではないですがロマニョーリクラスのCBは今のミランだとそうそう獲れないので活かす方向でいってもらいたいです
上の方も言ってられる通り30%がローマに渡る条項がまだ有効ならばCLライバルのローマの補強にも繋がりますし
と同時に契約延長できないのであればライオラ物件ですしトレードでいい話がないかなと
例えばバルサで立場が宙に浮いているトディボなど

  • 2020/06/05 (Fri) 20:58
  • REPLY
Hana  

キャプテンを売ったらロクなことないです。

  • 2020/06/06 (Sat) 17:35
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Joie_de_Myaoさん

返信が遅れてしまいすみません。コメントありがとうございます。

ロマニョーリは自分でスピードの件について言及していたのですか。知りませんでした。
仰る通り、相方のCBによってはそうした弱点もカバーされ得ると思いますし、ロマニョーリに関してはポジショニングや読みの部分で何とか上手く適応してくれると良いですよね。

  • 2020/06/07 (Sun) 03:43
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 名無しのミラニスタさん

返信が遅れてしまいすみません。コメントありがとうございます。

近年のローマとの力関係を考えると、彼らに補強資金を与えることは避けなければなりませんね。仰る通り、CL権を狙う上では絶対に負けられない強力な相手ですしね。
トディボはレンタル先のシャルケが買い取らないとのことですので、今夏もまたミランが狙う可能性がありそうです。

  • 2020/06/07 (Sun) 03:44
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Hanaさん

返信が遅れてしまいすみません。コメントありがとうございます。

契約延長交渉が頓挫でもしない限り、当面のロマニョーリ売却はないかと思われます。

  • 2020/06/07 (Sun) 03:45
  • REPLY
名無しのミラニスタ  

ご無沙汰しております。
そういえば?と思いきや訪れてみましたら復活してて何よりです☆

しかし今考えてみたら、よくこんな23歳を引っ張ってきたなぁと思います。
よく走る、バテない、場を読める、そつなくこなす、何よりどこに行っても役割を果たせそうですよね?
ペップはともかく、どこに行っても需要がありそうです。
一長一短の選手はいますが、こう使い勝手が良い選手は簡単に見つけられないので放出は反対です!

  • 2020/06/12 (Fri) 14:57
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 名無しのミラニスタさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます。
1カ月ほど空けてしまいすみませんでした…。今後ともよろしくお願いいたします!

ベナセルは攻守において継続的な貢献ができ、近年の中盤に求められるもの(特にプレス耐性の強さ)を持っている選手ですから、仰る通り欲しがるクラブは無数でしょうね。
ようやく手に入れた中盤の中心的存在ですし、放出は何とかして阻止したいところです。

  • 2020/06/12 (Fri) 17:40
  • REPLY