パケタのパスについて【個人技術編】

2 Comments
カカニスタ22
今回はいつもと少し趣向を変え、選手の個人技術に焦点を当てていく記事を試験的に書いてみようかなと。
初回はパケタのパスについてです。

まずはSPAL戦にて見られた、パケタの一連のプレーを見ていきたいと思います(キャプチャ画像の映像引用元:Youtube『Lucas Paqueta vs SPAL (31-10-2019) HD』ttps://www.youtube.com/watch?v=_CJi69hjcsk)。


パケタパス001――右サイドでパスを受ける(左攻め)



パケタパス002――相手ゴールに対し、体を横に向ける




パケタパス003――その体勢から90度近い方向へと、鋭い縦パス




パケタパス004――ピョンテクへとボールが渡りかけるがオフサイド



昨季と異なり、今季は右インサイドハーフでの起用が多くなったパケタ。

それにより、「右サイド(中央寄り)でボールを受けて中へ進み、そこから主に軸足方向へ角度を付けた縦パスを出す」という形が増えるようになりました。

一般的に、ボールの進行方向からパスの角度がずれるほど、正確なパスを出すのは難しくなります。
それもあり、角度の大きく付いたパスに対してはディフェンダーの注意が疎かになりやすく、反応が遅れやすくなりがちです。
そのため、相手のディフェンスラインを崩す手段の一つとして、こういったパスは有効となります。


続いて、ユヴェントス戦における同様の形を見ていきましょう。(キャプチャ画像の映像引用元:Youtube『Lucas Paqueta vs Juventus 10-11-2019 HD』ttps://www.youtube.com/watch?v=rd0QI_3ovLk)



パケタパス005――中へとボールを運ぶパケタ(右攻め)



パケタパス006――その後、パケタは左サイド方向へのパスを匂わせる。そこで対面のピャニッチは右へ少しスライドする




パケタパス007――それに対しパケタは逆を突き、ピャニッチの左足側へと縦パス




パケタパス008――サイドから中央へ流れてきたチャルハノールにボールが渡る


ナポリ戦でも同様の形が見られます。(キャプチャ画像の映像引用元:Youtube『Lucas Paqueta vs Napoli 23-11-2019 HD』ttps://www.youtube.com/watch?v=O-AO4Fzwo3Y)



パケタパス009――サイドでボールをキープ(右攻め)



パケタパス010――パケタは厳しいマークを受けながらも中央へドリブル。DFライン前にいたアラン(多分)はパケタの進行方向へと歩を進め、突破を阻もうとする



パケタパス011――パケタは自身へのマークが集中したところで、すかさず角度を付けた縦パスを出す



パケタパス012――前方でフリーのケシエへとボールが渡る


上記の場面におけるパスを出すタイミングや精度は申し分なく、こうしたプレーは彼のストロングポイントといって差し支えないものでしょう。

ピオリがパケタを主に右サイドで起用するのも、おそらくはこうしたパケタのプレースタイルを評価してのことだと思いますし、チャンスメーカーとしてゴールに直接的に関与してもらいたいというピオリの意図を感じます。

しかしながら、こうした動きは当時の右ウイングであったスソとの相性が悪く、プレーエリアが被る(どちらも中央寄りのサイドから中央へ侵入するプレーを好む。また縦への突破力がなく、縦へのフリーランも積極的にしない)ため全体として機能的ではありませんでした。
また、パケタ自身もカットイン、シュート精度、球離れなどがあまり良くなく、全体的なパフォーマンスとしては満足いくものではなかったかと思われます。


個人的に、パケタを活かすならば3-4-2―1のシャドーもしくは3-5-2のインサイドハーフが良いんじゃないかと思っていまして、ここならば隣のWBに縦のスペースを突いてもらえる上、相方のシャドー(チャルハノール)や2トップの一角に斜め前へと走ってもらう(後述)ことで、先に挙げたパケタのパスが引き出されやすい環境が作られるんじゃないかと。

現状、このようにしてパケタ中心のサッカーが展開される可能性は低く、そもそも3バックシステムの採用自体メンバー的に考えにくいわけですが、せめて今シーズンが終わるまでに一回は見てみたいですね。



パケタパス013――先述のナポリ戦におけるワンシーン。右からカットインしたパケタがシュートを放つも、威力がなく相手キーパーが難なくキャッチ



パケタパス014――仮にこういったシーンにおいて、後方から赤丸のスペースに飛び込む選手がいれば、パケタのパスセンスが活きる可能性がある



それでは今回はこの辺で。

スポンサーリンク

Comments 2

There are no comments yet.
すくろう  

新しい視点での記事、とても面白かったです。
今回スポットを当てた、体を開いた状態から鋭角にパス(っていうのかな?)という形はグティが凄く上手かったイメージがありますね
一旦中央にに流れて相手の重心を動かしてからその軸足側の狭い所を通す
DFラインの選手がそこは消していると想定したコースなだけに一撃必殺のパスになりやすいんだと思います。
パケタがグティに似てると思った事はありませんでしたが、意外と共通点は多いのかも…
パケタも何か持っているのは確かなのでどうにか頑張って欲しいですね。色んな選手の獲得の噂がありますし、もちろんそれも重要ですけど今いる選手が活躍できれば更に良い。カスティジェホも時間がかかりましたしね

  • 2020/06/04 (Thu) 16:08
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To すくろうさん

コメント&お褒めの言葉をいただきありがとうございます。

>>グティが凄く上手かったイメージがありますね

正に仰る通りだと思います。僕もパケタとグティとの類似性について触れようと思ったのですが文の構成が上手くいかず断念してしまったので、コメント欄にて言及してくださるのは非常に嬉しいです。
この点について、グティの方が(相手にとって)より危険なスペースでより危険なスルーパスを出せていたと思うので、パケタも彼のようなチャンスメイクが今後出来てるようになると最高かなと。
グティのパスセンスを真似するのは至難を極めると思いますが、仰るようにパケタも非凡なモノを持っている選手だと思いますしね。

  • 2020/06/05 (Fri) 08:33
  • REPLY