ミラン対ヴェローナ 【セリエA第22節/マッチレポート】

6 Comments
カカニスタ22
今回は、セリエA第22節、ミラン対ヴェローナのマッチレビューを行いたいと思います。

スタメン

ミランヴェローナスタメン

4-4-2のミランと3-4-2-1のヴェローナ。
前半

ヴェローナの守備とミランの機能不全

最初にヴェローナの守備について。
まず、前プレ時に前線の配置を変更。ヴェッレとザッカーニ(左シャドー)の2人で2CBをマーク。そしてヴェローゾとアムラバトの2ボランチがそれぞれ対面の相手ボランチをマーク。

ミランヴェローナ1
――ヴェローナの守備陣形。ドンナルンマはロングボールを選択



一方で、右シャドーであるペッシーナは下がってテオのマークに付く形が基本。

ミランヴェローナ2
――上記ロングボールのターゲットとなったテオ(とそこへ来たレビッチ)だが、ペッシーナがマーク(黒丸)


これは明らかにテオ対策。前回の対戦相手であるトリノも同じ3-4-2-1であったわけですが、2シャドー+1トップはそれぞれミランの2CBと「ボランチ(ベナセル)」に付いていたため、テオのマーク担当は基本的に右WB(シルヴェストリ)だったんですよね。
しかし、距離がやや遠いため状況によってはフリーにさせてしまうことが多々あり、テオがゴリブルを開始するスペースを与えてしまいました。

一方で、今回のように右シャドーがマークに付くのであれば距離的に近いため、上記の点は解消。あとは選手自身の能力にあるわけですが、ペッシーナは徹底的にマークしてテオを封じていきます。
後述するベナセル不在の影響や、テオ自身のコンディションもあったでしょうが、素晴らしく厄介なマークをされたことでテオは精彩を欠きました。


ミランヴェローナ5
――自陣深くまで徹底マーク(黒丸)



ミランヴェローナ6
――テオが右サイドのカスティジェホからのクロスに飛び込んだ際も、集中して対応



続いてリトリート後は、ザッカーニがサイドへと下りて5-4-1に変化。マンツーマン志向のかなり強い戦術で守ります。
ボナベントゥーラ(積極的に中央に侵入)に対するファラオーニの対応が顕著でしたね。


これに対するミランの攻撃についてですが、今回はベナセルがいないためボールを全く回せない。
代わりに左ボランチに入ったケシエはボールの受け方が壊滅的で(ボールを持ってもほとんど短距離の横パスかバックパス)、いつも通り攻撃面で全く機能していない。
左サイドハーフのボナベントゥーラも同上。というわけで普段はストロングポイントである左サイドが崩壊。

そのためテオも下がり目の位置でのプレーを余儀なくされ、あまり得意ではない作りの面でのプレーが多くなったため、普段の持ち味が中々発揮されない事態に。
ベナセル不在の影響が凄まじいことになっています。

それに、攻撃が停滞した際の頼みの綱であるイブラ(ロングボールのターゲット、ポストプレーヤー)もいないため、ボールが前線で収まらず押し上げも難しい状況。
序盤はポンポンとロングボールを放り込んでいくわけですが、レオンもレビッチもほとんど競り勝てないので尽くヴェローナに回収されていきます。

また、主にレオンがイブラの代わりにポストプレーをこなそうとしますが上手くいかず。
レオンは前を向いてナンボの選手でありますし、ポストプレーやフリーランニングは成長途中。今は未だ厳しそうです。

正直イブラが不在ならば4-4-2である利点はあまりないし、4-3-3の方がプレーしやすいんじゃないかとも思うんですけどね(イブラの欠場は結構突然でしたし、準備期間が少ないので致し方ない面もありますが。今回は中盤も欠場者多数ですしね)。



ヴェローナの攻撃、ミランの反撃

そんなわけで、序盤は圧倒的にヴェローナペース。自身のストロングポイントである左サイドから攻める。
奇しくも今日のミランの右SBはカラブリアで、酷い守備を連発するためチャンスを量産。

ラゾビッチorザッカーニがサイドに張り、カラブリアの注意を引き付けたところでもう片方がその背後に抜けてボールを引き出したり、もしくは純粋に1対1で突破したりという形が基本。

すると13分、ザッカーニがミラン側右サイドを崩してクロス。これにファラオーニが合わせて得点を奪う。

この戦術だと、カラブリアのユルユル守備とテオのクロス対応の甘さの2つを突けるため、かなり厄介です。

ただ失点後は、徐々にミランが盛り返していく。

先述の通り、ヴェローナの守備はかなりマンツーマン志向が強いということで、まずボナベントゥーラが中央に移動したり下がったりして対面のファラオーニ(右WB)を引っ張る。

それにより生じたスペースをレビッチが流れて使うという形で、左サイドからのチャンスが少しずつ増え始めます。


ミランヴェローナ3
――例えばこのシーン。ボナベントゥーラ(青)の下がる動きに付いてきたファラオーニ(黒丸)。そこで、ボールホルダーのテオは前方のスペースへとロングパス



ミランヴェローナ4
――続きの場面。レビッチ(赤)がマーカーの背後を取り、エリア内へドリブルを開始



29分、チャルハノールのFKが壁に当たってゴールに吸い込まれてミランが同点。

決定機がほとんどない状況からまさかの同点弾。嬉しい誤算です。
その後、カウンターからレビッチが決定機を迎えますが、ボールを持ち過ぎてシュートのタイミングを逃す。

一方のヴェローナは、自身の右サイドは守備に重きを置いているためあまり攻められない。
そこで、序盤から一貫して左サイドから攻めていくわけですが、決定機にまでは至りません。
ミラン側右サイドを崩されても、ロマニョーリを中心にしっかりとクロスを跳ね返していきます。



前半はそのまま1-1で終了。
果たしてこの状況をどう評価するか。

確かにチャンスは何度か作れているものの、決定機は少なくゴール前でのアイディア&決定力不足が目立っているという状況。中盤もかなり不味い。

しかしながら、ここ数試合、途中出場から大仕事をやってのけたレビッチ、チャルハノール、レオン辺りはいずれも先発しており、流れを変えるためのカードが少ないという事情もあるので、なかなか難しいところです。


個人的に、イブラ、ベナセルがいないのだから素直にパケタを入れれば良いと思うのですが(この2人が普段やるボール運びやキープがパケタなら能力的には可能だし、今回は役割が被らないから高確率で持ち味を発揮できそうなため)、起用されず。
チャルハノール&ケシエという良く分からないダブルボランチ(被プレス時に前を向けない、キープできない、飛ばすパスが出せない。要はボールを後方から運べないコンビ)よりよほど機能すると思うのですが…それほどパケタのコンディションか悪いのでしょうか。

まぁ確かに、色々とリスクのある選手であるとも思いますし、後半から流れを変えるために温存している可能性もありますかね。

もし後半から出すつもりなら、ボナベントゥーラに代えてパケタ(中盤起用)は絶対として、そこからチャルハノールを左に回すパターン(4-4-2継続)か、もしくはレビッチを左にしてチャルハノールトップ下の4-2-3-1が無難なところでしょうか。
いや、ケシエを守備専アンカーにしてパケタ、チャルハノールがインサイドハーフの4-3-3が一番あり得ますかね。

いずれにせよ、パケタにボール運びをやらせた方が良いんじゃないかと。



後半

後半序盤は変更なし。

序盤は勢いでミランが押し込んでいきましたが、徐々にヴェローナのボランチがボールを持てるようになると、前半同様左サイドから崩していく。
角度を付けたクロスに対し、ダイアゴナルに走りこんでくる相手に対応できず2度ほど決定機を作られます。
が、なんとかゴールポストに助けられノーゴール。

ミランも右サイドからいくつかチャンスを作りますが、決定機には至らず。


63分、ボナベントゥーラ→パケタ

ケシエアンカー、チャルハノールとパケタがインサイドハーフの4-3-3に変更。

直後の68分、アムラバトが足裏でカスティジェホを削り一発退場。

これによりヴェローナは両シャドーが中盤に下がって5-3-1。ローラインでガチガチに固め、隙を見て少人数でカウンターを仕掛けていく形に。
狭いスペースを崩す術に欠けるミランにとっては、逆に苦しい展開に。

70分、ヴェッレ→ボリーニ


ミランは、パケタがいくつか鋭い縦パスを出してチャンスを演出。
下がり目の位置からスペースへと効果的な縦パスを通すことが出来るのがパケタの魅力の一つでありますし、今日のような(ある程度自分のリズムでプレーできる)試合なら、下がり目の位置でパスの出し手としてプレーすれば持ち味を発揮できますね。
また、彼の存在によりカラブリアのオーバーラップも活き始めます。


ミランヴェローナ7
――パケタのスルーパスにカラブリア(黄色)が反応。その後、鋭いクロスを入れる


77分、カラブリア→サレマーカーズ
新加入選手の登場。ミランは更に攻勢をかけます。

しかしながら、焦りからか徐々にミドルシュートや単調なクロスが増え始め、途中までそこそこ良かったパケタも相手エリア内で待つシーンが増え始めたため、個人としてもチームとしても停滞。

ミドルシュートは枠から逸れ、クロスは跳ね返される展開が続きます。

バイタルエリア、狭いスペースでのパケタのプレー判断・精度は大きな課題の一つであって、こういう展開になってしまうと全く活きなくなってしまいますね。ボールロストも目立ちました。

また、今日のレオンはダメダメで(イブラの代役としてのプレーを余儀なくされたため)、テオも先述の通り精彩を欠くという状況。


アディショナルタイム、カスティジェホの放ったシュートは無情にもゴールポストに阻まれ得点ならず。そのまま試合終了。

ミラン1-1ヴェローナ



雑感

欠場者が多い上に、相手は好調のヴェローナ相手ということで難しい試合だったと思いますが、上位進出のためには何としても勝利したかったというのが本音です。ローマを筆頭に、順位が上の多数クラブが勝ち点を落としていただけに尚更ですね…。

確かにイブラとベナセルの欠場が響いたのは明白ですが、二人とも今後も毎試合フル稼働できるわけではないでしょうから、彼ら抜きでもある程度戦えるようになる必要があります(イブラは体力的にキツいでしょうし、ベナセルは戦術的にサスペンションや疲労が多くなりそうなため)。

しかし今日のような試合内容では物足りないですし、この点(不動の主力選手の欠場時に、その穴をどれだけチーム全体でカバーできるか)は今後継続的に勝ち点を積み上げていくためには重要になってくるでしょうね。


続いて試合内容についてもう少し深く言及すると、やはり決定力不足が目立ちます。
この試合でも組織的には不十分ながら、個の力で多くのチャンスを作ったにも関わらず、シュートは尽く枠を外れていきました。

同点ないしビハインドのまま試合終盤までもつれた際、チーム全体が浮足立って精度の低いミドルシュートやクロスを連発する「悪癖」はここ数年のミランの特徴ともいえるものの、イブラ効果で多少の改善はなされたかと思われましたが…。まだまだ本人の存在なくしては落ち着けないようです。



最後に。この試合ではダニエル・マルディーニがミラントップチームでの公式戦デビューを飾りました。
試合にはほとんど関与していないものの、こうして親子三代がミランのトップチームでプレーするというのは感慨深いものがありますし、ダニエルには今後もミランで出場機会を得ていって欲しいと強く願います。


さて。次節はいよいよミラノダービー。スクデットを目指すインテルとの対戦です。

思えば、昨季後半戦は素晴らしいスタートを切った絶好調のミランでしたが、インテルとの直接対決に敗れてから調子が急降下し、最終的に4位インテルとの勝ち点差「1」の5位に終わるという苦い結果でした。

昨季の二の舞を避けるためにもここで負けたくはないですし、極めて厳しい試合になるでしょうが全身全霊で臨んで欲しいと思います。

Forza Milan!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 6

There are no comments yet.
ビオラ  

カカニスタさん、早々のレポートありがとうございました!
お忙しいと思いますので、お返事はお気遣いなく。
周りにサッカーネタをしゃべる人がいないので、こちらでコミュニケーションを取らせていただいて楽しんでいます。

ミランもグランデミランとまではいかなくても、もっともっと浮上しないと、ミラニスタが増えませんよね。
カカのような選手はそうそう出ないと思いますが、あのころは豪華でしたね。
カカとカフーのワンツーなんて芸術的でした。
カカニスタさんが一番お好きなカカのゴール、私もよく覚えています。またCLセルティック戦のロングドリブルからのゴールも忘れられません。
ダニエル君がデビューして、ちょっと昔の思い出に浸りました。

という訳で、カカニスタさんが危惧されていたように、ベナセルの不在の影響がもろに出てしまいましたね。
この冬はアンカーの補強もなかったような。

1ポイント取れて良かったゲームだったと思います。
ずっと連勝とはいかないと思いますので、一休みでしょうか。

イブラのインフルが治りりますように!
ベナセルがインフル移ってませんように(笑)

それと、カラブリア、出るんだったらもっとシュート練習してください!

  • 2020/02/04 (Tue) 14:11
  • REPLY
名無しのミラニスタ  

海外にいるため、YOUTUBEのハイライトとこのブログで情報収集させて頂いておりました。
初めてコメントさせて頂きます。

サレマーカーズはどうでしたか?
正直、右サイドバックがかなり不安なんだなーといつも思っています。

ケアーは昔パレルモ時代から推していましたが、
この試合は欠場でしたが、彼の欠場も大きかったのでしょうか?
もし悪くないなら、CBはロマニョーリとケアーでRSBはムサッキオで守備を安定させられないかなーと思ったり。

  • 2020/02/04 (Tue) 16:00
  • REPLY
シェバシェバ  

コメント失礼致します。
イブラヒモビッチの欠場はもちろん痛いのですが、ベナセルの欠場の方が致命的だったと思います。全く中盤でボールが回らないですし、ベナセルはかなりの確率でマーカーを一枚はがすので、そのスペースをテオとかが使えるのですが、それも出来なかったですものね。
カカニスタさんの仰るようにパケタはこの試合そんなに悪くなかったと思うので、もう少し早く出してもいいのではないかと思うのですが、まだコンディションが悪いんですかね。
とりあえず、負けなくてよかったなというのが正直な感想です。あと、ロマニョーリがカードを貰わなくてよかったと思います。

  • 2020/02/05 (Wed) 00:22
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To ビオラさん

コメントありがとうございます!

セリエA好きっていう方は僕の周りにもほとんどいませんねぇ…。
大抵はJリーグサポーターで(僕も好きなのでそれは良いのですが)、海外サッカー好きがいても大抵プレミアリーグファンです(笑)
僕としても、皆さんからいただいたコメントを毎回とても楽しく読ませていただいております。

カカのセルティック戦のゴールももちろん素晴らしかったですし、アウェーのユナイテッド戦のゴールなんかは語り草になっていますよね。
06-07シーズンはホントに最高でした…。

カラブリアは枠外シュートでだいぶチャンスをふいにしていましたからねー。
テオのプレーに触発されたのかもしれませんが、彼と同じことをするにはシュート精度を高めてくれないと困りますね。

  • 2020/02/05 (Wed) 21:57
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 名無しのミラニスタさん

はじめまして、コメントありがとうございます!

>>サレマーカーズはどうでしたか?

先日の試合では、守備時のパフォーマンスというのはほとんどわからなかったのですが(退場者を出したヴェローナが引いて守っていて、サレマーカーズの守備機会がほとんどなかったので)、攻撃については期待できそうな感じでした。
加速力についてはこの試合でも観られましたし、上手くいけば当面はスーパーサブとして試合の流れを変える役割を担ってもらえるかなと。ドリブルやクロスも持ち味らしいですしね。

>>この試合は欠場でしたが、彼の欠場も大きかったのでしょうか?

先日の試合に関しては、隣にいるカラブリアの乱調の尻拭いをさせられたことでムサッキオ自身のプレーも安定しなかった印象ですね。
ですので、ケアーでも厳しかったのではないかなと。ただ、フィジカルについてはケアーに分があると思うので、このポジションはお互い切磋琢磨して欲しいと思っています。

仮に2人を併用する場合なら、個人的には3バックがいいかなと思います(ロマニョーリ、ケアー、ムサッキオ)。コンティとテオはWBの方がやり易いでしょうし、サレマーカーズもこのポジションで起用できそうな印象ですしね。

  • 2020/02/05 (Wed) 21:58
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To シェバシェバさん

コメントありがとうございます!

ベナセルの欠場は本当に痛恨でしたね。仰るように中盤でマークをずらせないですし、そもそも中盤からのパスの引き出しがないこともあり、中盤で全く効果的にボールを持てませんでしたしね。

パケタを起用するとしたらやはり4-4-2以外のシステム(具体的には左インサイドハーフ)が合うわけですが、ピオリとしては現状のパケタを起用するためだけに試合開始からシステムを変えるつもりはないということなのかなと。
ただ、確かに彼自身改善すべき点は多々あるので分からなくはないですが、かといってイブラ・ベナセル抜きの4-4-2が効果的かというと微妙なところなので、リスクを冒す選択肢もなくはなかったのかなとも思います。

試合中はすっかり忘れていたのですが、ロマニョーリ(とムサッキオ)って累積リーチかかっていたらしいですね。
ダービーにロマニョーリがいないのは最悪の状況でしたし、本当に良かったです。

  • 2020/02/05 (Wed) 21:59
  • REPLY