ミラン対トリノ 【コッパ・イタリア・ベスト8/マッチレポート】

14 Comments
カカニスタ22
今回は、3日ほど前に行われたコッパ・イタリアベスト8、ミラン対トリノのマッチレビューを行いたいと思います。

スタメン

ミラントリノスタメン

4-4-2のミランと3-4-2-1のトリノ

ミランは前回のリーグ戦から大きくスタメンを変更。
守備陣はそのままですが、中盤にクルニッチ、サイドにボナベントゥーラ、2トップにピョンテクとレビッチをそれぞれ抜擢。
前半

トリノの守備とミランの攻撃

まずはトリノの守備について。トリノはハイラインハイプレスで前からはめにいく。
具体的には、ベロッティ+2シャドーの一角(主にベレンゲル)がミランの両CBをマークし、シャドーのもう一方(ヴェルディ)がベナセルに、ルキッチがクルニッチにそれぞれ付く形が基本。

ミラントリノ1
――トリノのハイプレスにより、ロマニョーリ(赤丸)はロングボールを選択

これに対してミランは無難にロングボールで回避しつつ、機を窺うという立ち上がり。
攻めのポイントは、テオのマーク担当である右WBシルヴェストリがマークに付けず、テオがフリーになった時と、ライン間へと縦パスが通った時。

前者についてはこれまでのミラン同様、テオのドリブルを起点にスピードアップするというものです。

ミラントリノ2
――ロマニョーリからフリーのテオ(黄丸)へとロングボール。ボールを受け取ったテオはそのまま前方のスペースへとドリブルを開始



後者については、トリノの中盤が2ボランチ・2シャドーという形であり、加えてDFラインは低めということもあり、中盤のスペースが非常に空きやすいという状況。そのため、そのスペースをレビッチが降りて使う、もしくはボランチが駆け上がって仕掛けていくというものです。


ミラントリノ3
――上図の少しあとのシーン。バイタル近くでボールを受けたレビッチが、裏へと正確なスルーパスを通して決定機を演出。トリノ2ボランチのリンコン、ルキッチ(紫丸)はレビッチに対応できず


すると12分、ハーフウェイラインでボールを奪うと、前線のレビッチへ一気にスルーパス。そのレビッチのクロスからボナベントゥーラが押し込んでミランが先制。

その後はトリノの攻撃(後述)が安定してきたこともあり若干ペースダウンするものの、断続的にチャンスを作っていく。

キレッキレのレビッチ、テオの2人がドリブルで運べるし、ボナベントゥーラも前回に比べるとポジショニングがだいぶ改善されていて、スペースもあるので比較的やりやすそう(そこまで良くはないですが)。そしてカスティジェホも今日は前を向けるので、攻撃も非常に良い。



ミランの守備とトリノの攻撃

ミランの守備は、4-4-2でハイプレスが基本。

これに対し、序盤のトリノの対応はお世辞にも上手いとは言えず、簡単にロングボールを蹴ったりパスミスをしたりでボールロストを連発。
先述の失点も、ハーフウェイラインでのボールロストから生じましたしね。


しかし、1点ビハインドとなってからトリノが少し持ち直す。
ミランのプレスの強度が落ちてきたこともあるでしょうが、何よりトリノが後方での数的優位をちゃんと活かすようになったこと
ピョンテク・レビッチの2トップに対してトリノは3バックのため3体2、中盤を含めても5対4ですからね。

しっかりと3バックでボールを回し、2ボランチへとパスすることでビルドアップが安定しました。


ミラントリノ4
――3バックでボールを回すトリノ。レビッチがプレスをかけるが、ボランチのリンコン(紫丸)へとパスを通されプレスを突破される

その後は2シャドー、主にベレンゲルが自在に動きながらパスを引き出し、攻撃に絡んでいくことでミランDF陣を崩しにかかります。ただし、局所的なためあまり効果はなく、全体として決定機はかなり少な目です。

しかし34分、カウンターから最後はブレーメルに決められてトリノが同点に追いつく。

お返しに41分には、レビッチがネットを揺らしますがノーゴール判定。




前半は1-1で終了。

ミランとしては、前線やライン間でもっとボールを収めたいところ。前半途中からはラインの押し上げに苦労している印象でしたしね。

しかしながら、イブラの代わりに出場しているピョンテクには全くといっていいほどボールが収まらず、空中戦に至っては完敗。かなり厳しい状況です。
いつイブラヒモビッチorレオンを投入してくるかは見物ですね。



後半

後半序盤戦の攻防

後半序盤もトリノが主にポゼッション。
両サイドを幅広く使って攻め込み、最後はクロスという形。

54分にはCKの混戦から惜しいチャンスを迎えますが、ミランがクリア。
悪くはないですが、中央を崩せずサイド一辺倒のため、あまり怖くはない。
ロマニョーリが相手エースのベロッティを抑えてくれていますしね。

一方、速攻からレビッチ、カスティジェホを中心にチャンスを作っていくミランですが、最後の精度を欠く。
中央をあまり有効に使えていないのはコチラも同様であり、決定機の数というのも多くはない。相手DFを完全に崩すシーンというのがあまりないですしね。

とは言え、本日キレッキレのカスティジェホの突破は中々に脅威であり、そこにボランチのクルニッチやコンティが絡んでいけると惜しいシーンが生まれるという状況。


ミラントリノ5
――相手DFライン手前に上がってきたクルニッチ(橙丸)へとコンティがパス。その後、クルニッチは右サイドに張るカスティジェホ(画面外)とパス交換して突破に貢献、CKに繋がった

58分には上記CKの流れからロマニョーリがドフリーでヘッド、しかし惜しくも枠外。



後半中盤・終盤戦の攻防

65分、ピョンテク→イブラヒモビッチ
残念ながら当然の交代。交代直後、イブラが早速違いを見せる。

しかし71分、ブレーメルにゴールを決められトリノが逆転。

76分、ボナベントゥーラ→レオン
後半は完全に消えていたので妥当な交代。
これによりレビッチを左サイドに回し、レオンを2トップの一角に置く(ただ、この2人は流動的にポジションチェンジする)。より攻撃的に。

レビッチが左に回ったことで左サイドからの仕掛けが出来るようになりましたし、またレオンも入ったことで左サイドが一気に活性化。

レビッチ、レオン共にサイドでも中央でもプレー可能のため流動的なポジションチェンジが可能になりますし、それぞれが独力でボールを運べるため、相手からしたら対応が難しい非常に強力なコンビです。
ここにベナセルとテオ、そしてイブラが絡んでくる左サイドの攻撃は破壊力抜群であり、ある程度の相手であればゴリ押しで点をもぎ取ることも十分に可能です。

しかし、その分守備のバランスを損なうため、試合開始からやるというのはあまり現実的ではありませんけどね。


81分、クルニッチ→チャルハノール
チャルハノールはそのままクルニッチの位置。更に攻撃的に。

ひたすら攻め込んでいくミランですが、トリノ守備陣も体を張って守っていく。

しかし91分、チャルハノールの強烈なシュートがDFに当たってネットに吸い込まれ、ミランが同点。

その後に訪れた決定機はイブラが外し、2-2で後半終了。延長戦へ。

延長戦は超あっさり振り返ります(笑)

両チームともに走力のある選手たちが揃っているため、お互いに広大なスペースを使ってのカウンター合戦に。

106分、チャルハノールが左足で強烈なシュートをゴールに突き刺してミラン逆転。
この試合のチャルハノールは文句なし。素晴らしいパフォーマンスです。

108分、イブラヒモビッチがダメ押し弾。4点目。


残りはミランがボール回しで多くの時間を使いつつ、試合終了。

ミラン4-2トリノ



雑感

今(というより今季)のトリノはお世辞にも良いチーム状態とは言えないでしょうが、思えば前回の対戦時は同様の試合展開でそのまま彼らに敗戦を喫しただけに、今回こうして逆転勝利できたというのは良い意味でのミランの変化を実感しますね。

組織的な面についてはこれまでとさほど変わらないためノーコメントとしますが、個人の面で言えばカスティジェホ、レビッチ、ベナセルを筆頭に多くの選手が殻を破り、素晴らしいパフォーマンスを披露しています。
2020年になって未だ無敗(5勝1分)という状況は決してマグレではないと思いますし、この調子を出来る限り維持して欲しいですね。

さて。目下、最大の難関といえるのが再来週のミラノダービーではありますが、その前に行われるエラス・ヴェローナ戦も油断はできません。
まずはそのヴェローナ戦で確実に勝利を収め、最高の状態でダービーに臨んで欲しいところです。


Forza Milan!!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

※前回の記事のコメント返信が遅れてしまい、大変申し訳ございませんでした。
今日からまた毎日更新を目指してやっていきたいと思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 14

There are no comments yet.
レッドチリ  

いつも楽しみにしています。
最近感じるのはちょっとしたゴール前でのシュートミス(今回はテオ&イブラ)。
1ヶ月前にはなかなかシュートにたどり着かなかったので、連携は相変わらずですが、攻撃への気持ちは大分改善しているんでしょうね

  • 2020/02/01 (Sat) 08:38
  • REPLY
リーナ  

お久しぶりです( ・∇・)
トリノ戦はほぼオープンな戦いだっただけに個人の能力が勝敗をわけましたね。ただ、ミランのダブルボランチの片方が釣り出される形になると守備が総崩れしてしまうのは改善が必要ですね。クルニッチがベナセルの横で気持ちよさそうにプレーしてるのが嬉しいです♪ヽ(´▽`)/
今のミランは両サイドから攻撃出来るようになったのはプラスですねヽ(・∀・)ノ
カスティジェホのスピードと攻撃性能が存分に出せてますね(゜ロ゜)
ウディネーゼ戦のルーレットで寄せてきた二人を抜き去ったのが頭に焼き付いてます(>_<)
おそらくテオの疲労が貯まってきてるでしょうから心配なんですけど、このまま継続してほしいですねヽ(・∀・)ノ

  • 2020/02/01 (Sat) 10:12
  • REPLY
ビオラ  

いやー、面白かったですね!
レポート読ませていただく前に3回も観てしまいました。

PKになるとイヤなので延長で決着つくといいなと思って観てましたが、まさか2点も!
チャルハノール、背中の10番が輝いてました。

監督も含め、みなワンランク上がりましたね!
レビッチ、テオ、カスティジェホ、素晴らしいですが、レオンもすごく良くなりましたね。

それに皆ドリブルできたんやー
年末までは、ミランにはドリブラーがいないと思ってました(笑)

イブラの加入がチームを変えたことはもちろんなんですが、それまでこの選手たちの能力を引き出せなかった戦術、布陣、采配、、監督の責任も大きいですね。

さあ、コッパは次はユーベですか。ホーム&アウェイなんですね。楽しみです。

リーグもELは見えてきました。
CLは?
正念場ですね!

いつもレポートありがとうございます。

  • 2020/02/01 (Sat) 12:13
  • REPLY
Ap21  

レポお疲れさまデス。

ここ最近は終盤に点を取り勝ちきれるようになってきて改めてイブラ…
調子の良さは彼の存在が大きいと思いますが何方かも書かれてましが私もベナセル‥
明日のヴェローナはサスペンションでしたよね。個人的にはガラリと変わってしまわないかとさえ思ってて
ピオリの事なのでビリアかなぁとは思ってますが、このスピーディーなシステムになり一度も出てないビリアよりはケシエとクルニッチとかケシエとハカンとかやってみてくれないかなぁと素人考えで思ってマス。(笑) 
何年か前にパオロが『SBは戻れないなら上がるな』と言ってましたがテオには当てはまらない(テオの良さが消えますよね)ので
ベナセルとかもカバーに行ってますが
テオの裏をもう少し何とかなんないかなぁ
てちょと思いマス。

  • 2020/02/01 (Sat) 14:03
  • REPLY
おでごろう  

マッチレポートお疲れ様です!

ミランって延長で勝ちきれるチームだったんですね。もう長いことそんな姿見れてない(気がする)ので感動してしまいました。

チャルハノールはようやくシュートがゴールネットに吸い込まれましたね。今までことごとくGKに吸い込まれていく様を見ていたので。

ベナセルは次のリーグ戦はサスペンションでしたっけ。そうするとベナセルのおかげで成り立ってたテオの攻撃参加に陰りが見えてしまうような気がしますが、どうにかなりますかね。走力が求められるこのシステムだとビリアはスタートからは使いづらいだろうし、ケシエクルニッチとかケシエボナベントゥーラになるんですかね。

ただイブラが帰ってきて調子が良く最近では私のリアタイの回数も増えてきています!このままヴェローナ戦も勝ってダービーに勢いよく臨みたいものです。

  • 2020/02/01 (Sat) 15:03
  • REPLY
Joie_de_Myao  

チャルハノールの2得点はそれぞれ相手の脚と(GKシリグの)手に当たって入ったけど、勝てない時はあれらが枠の外へいくなどして入らないんですよね。勝てる時というのは運も味方してくれるものだなと改めて思った。

  • 2020/02/02 (Sun) 11:19
  • REPLY
華夏  

お疲れ様です
チャルハノールはこの調子で売らなくて良かったと思わせて欲しいです
次戦のイブラ、ベナセル、クルニッチ抜きは痛いですね
ケシエは出るとしてもボナベン?ビリア?とのコンビは怖いです

  • 2020/02/02 (Sun) 12:09
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To レッドチリさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

シュートミスの多さは本当に気になりますよね。
純粋な技術的問題による面もあるとは思いますが、一番はメンタル的原因だと思いますので、ゴール前での落ち着きを取り戻してほしいです。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:30
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To リーナさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます!

今の形だと、守備の脆さはどうしても露呈してしまうんですよね。
残念ながらボランチの補強が叶わなかったので、何とかシステムを変えるか戦術を変えるかして、適切なバランスを見つけて欲しいです。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:31
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To ビオラさん

コメントありがとうございます!

フォーメーション・戦術が変わり、プレーがしやすくなったことで選手たちのコンディションが上がり、結果も出るというまさに良い流れですね。
これまでは一部の使い辛い選手に拘り、チーム全体のポテンシャルを発揮しきれなかっただけに、こうして選手たちの多くが気持ち良さそうにプレーしているのを見るのは嬉しいです。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:32
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Ap21さん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます!

テオの裏のスペースに関してはどうしても気になってしまいますね。
ロマニョーリ、ベナセルが頑張ってカバーしていますけど限界はありますし、彼のポテンシャルをフルに発揮するにはWBが一番だよなあとは常々思ってしまいます。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:32
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To おでごろうさん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます!

仰る通り、今のシステムだとビリアは厳しいんですよね。
しかし、かといってベナセル抜きの場合の最適な組み合わせはどうにも思い浮かばないですし…。彼がいないと本当に苦しい中盤事情です。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:33
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To Joie_de_Myaoさん

コメントありがとうございます!

その通りですね。これまでディフレクションして紙一重でゴールを外れるシーンというのは数多く見てきましたし、特に(ミドル)シュートを撃ちたがるチャルハノールの場合にそれが顕著だったように思われます。
是非ともこの運の良さが持続して欲しいです。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:34
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
To 華夏さん

コメント&労いのお言葉ありがとうございます!

ゴールやアシストという結果が出してくれればチャルハノールには何の文句もありませんし、今回こうして勝利に直結するプレーを見せてくれたのは嬉しいですね。
契約延長については慎重になる必要がありますが、この調子を維持して欲しいです。

  • 2020/02/04 (Tue) 03:34
  • REPLY