アタランタ戦プレビュー

0 Comments
カカニスタ22
今回は、日本時間で22日の20時30分に行われるアタランタ戦のプレビューを行います。

予想スタメン



システム;4-3―3

GK;ドンナルンマ

DF;コンティ/ムサッキオ/ロマニョーリ/ロドリゲス

MF;ケシエ/ベナセル/ボナベントゥーラ

FW;スソ/ピョンテク/チャルハノール



何といっても注目は、テオ・エルナンデスの欠場。
ピオリ新監督になってからは全ての試合にフル出場し、戦術的キーマンになっていた彼の不在がもたらす影響力は計り知れないですし、代役がロドリゲスというのも懸念材料の一つ。

プレースタイル的にそのままテオの代わりとして機能する可能性は皆無に等しいですし、4節のインテル戦を最後に、数ヶ月間クラブチームでは出場機会のない彼のコンディションというのも未知数です。

しかし上記のソースによれば、スタメンはテオ以外は不動でシステムもこれまで通りの4-3-3ということで、果たしてテオの不在をどのような形で補うつもりなのかはイマイチ見えてきません。

ただ、何らかの奇策を用意している可能性はゼロではないですし、公式のスタメン発表には注目ですね。



直近成績

・ミラン
12節;ユヴェントス(A)1-0●
13節;ナポリ(H)1-1△
14節;パルマ(A)0-1○
15節;ボローニャ(A)2-3〇
16節;サッスオーロ(H)0-0

5戦 2勝1分2敗 5得点4失点




・アタランタ
CL5節;ザグレブ(H)2-0○
14節;ブレシア(A)0-3〇
15節;ヴェローナ(H)3-2〇
CL6節;シャフタール(A)0-3〇
16節;ボローニャ(A)2-1●

5戦 4勝0分1敗 12得点4失点




暫定10位と6位の対決。

アタランタの成績に関して特筆すべきは、やはり得点力の高さですね。
今季は既に38得点とリーグトップタイの数字を叩きだしており、ミラン(16得点)の2倍以上です。

なお、両チームの直近5戦における直接対決の結果はミランの2勝3分0敗です。
相性は良いわけですが、果たして今節も無敗記録を伸ばすことができるでしょうか。



試合展開・結果予想

前節同様、ミランと相手のどちらが主導権を握るかというのがポイントの一つでしょうかね。
アタランタはボールを持てるチームですし、あの流動的な攻撃はミランにとって相性的にかなり不利なので、押し込まれるとチャンスを量産される可能性は非常に高いです。

そして、先述の通り今節はテオが欠場します。
ファールを貰って相手の攻撃の流れを切ったり、強引に突破して速攻の起点になったり出来る彼のドリブルが無いのは攻守において痛恨でありますし、おまけに試合終盤の1人ロングカウンターがなくなるので終盤の得点チャンスも減る可能性が高い。

ですので、ミランがアタランタに主導権を握らせず、それでかつ先制点を奪うというのがこれまで以上に重要になってくると思います。

また、テオがいない分、おそらくロングボールを用いた速攻というのも増えてくると思いますし、そのため前線でピョンテクがどの程度ボールを収めてくれるかというのもポイントですね。


守備に関しては、いつも通りハイラインで守っていく形になるかなと。
昨季は9人でガチガチに引いて守りつつ、わずかなチャンスをピョンテクが神懸かり的な決定力でモノにして1-3で勝利を収めたわけですが、同じ試合展開は期待できません。
今季はバカヨコも(神懸かり的な決定力を持つ)ピョンテクもいませんしね。

(主に)WBからの起点となるパスを潰しつつ、2トップに良い形でボールを入れさせないことが重要になってくると思うので、DF陣+アンカーのベナセルにはいつも以上の集中力が求められるかなと。
この点、前節のアタランタの相手であるボローニャが上手く守っていたので、是非参考にしてもらいたいところです。


最後に結果予想ですが、3-1でアタランタ勝利と予想します。

是非とも勝って欲しい一戦ではあるのですが、テオがいないし、代役のロドリゲスのパフォーマンスも未知数な状況ですから期待度は低めです。
もし先制点を奪えれば何とか…と言った感じですかね。


さて。今節のアタランタ戦が、2019年におけるミランの最後の一戦となります。
この試合を良い結果で終え、気持ち良く新年を迎えたいですね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.