ラファエル・レオン「僕のアイドルはカカ」

0 Comments
カカニスタ22
今夏からミランに加入した選手の中でも一際期待が寄せられているのが、元リール所属のラファエル・レオンです。

移籍金は今夏のチーム最高額(暫定)である約3500万ユーロ。
比較的リーズナブルな価格で選手を獲ってきた今夏のミランの中ではやはり目を引く金額です。

そんな彼が『Milan TV』のインタビューに対し、ミランへ加入した理由やチームの印象について語ってくれました。


「ミランはCLを何度も制覇していた本当に強いチームだったから、プレイステーションのゲームではミランを選んでいたよ。今日ここにいられることは僕にとってとても貴重な事だ。」

「ここには多くの偉大なプレーヤーがいた。ライブでは観たことは無いけど、マルディーニやルイ・コスタ、カカ、セードルフといった選手のビデオは何回も観たよ。」

「僕にとってのミランのアイドル?間違いなくカカだね。彼は信じられないほどのタレントで、クラブの歴史に決して消えることのない素晴らしい足跡を残した。それに彼はミランのユニフォームを着てバロンドールも受賞した。彼がプレーしたクラブと契約を結んだなんて未だに信じられないよ。」


ソース;clciomercato.com




レオンには今のチームに欠けている「個の打開力」を補う存在として、中でもカウンター時におけるボールの運び役として絶対に必要だと思っていましたし、元々彼に寄せる期待は非常に大きかったたわけですが、今回のインタビューで好感度まで跳ね上がりましたね(笑)

多少の世辞を含んでいるとしても、彼のようにクラブに対しリスペクトを感じる真摯な発言をしてくれる選手というのはやはり応援したくなりますし、何よりカカをアイドルだと表明してますからね。これはもう「同士」としても全身全霊で応援するしかないでしょう(笑)


現時点ではコンディション調整に時間がかかっているらしく、戦術への適応問題もあるため開幕早々の活躍というのは難しいかもしれません。

ですが今のメンバーなら遅かれ早かれレギュラーになるのは時間の問題でしょうし、むしろそうなってくれなければ困りますね。


イタリアメディアにも注目の選手として挙げられているラファエル・レオン。
今季の彼には期待通りの活躍と成長を見せてもらい、新時代のミランの象徴になる位の存在になって欲しいですね。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.