ドンナルンマ、ミラン残留を希望?

2 Comments
カカニスタ22


当初は移籍が決定的と思われたドンナルンマ。

しかし、ELへの出場を辞退したことにより資金捻出の緊急性がやや低くなったミランは、パリ・サンジェルマンからの2000万ユーロ+アレオラという舐めた獲得オファーを拒絶。

現在は膠着状態となっています。


そんな中、先日の報道によると、ドンナルンマはミランに対し残留希望の意思を表明し、契約延長交渉を望んだとのこと。

そこでミランは最初のアプローチとして代理人のライオラに対し、現状維持の600万ユーロでの延長オファーを提出したわけですが、それは拒否された模様です。




これらの報道を事実と仮定した上で、個人的な見解を述べさせていただこうと思うのですが、まずドンナルンマが残留を希望しているというのは素直に嬉しいことです。


一時期は契約延長交渉が難航してサポーターとの関係が悪化し、遂にはドンナルンマの守るゴールにニセの札束が撒かれるなどの惨憺たる出来事も起きただけになおさらですね(笑)


それに彼の通常のセービング能力とその安定感はもはや若手の域を遥かに超越しており、純粋な戦力としても彼の残留は非常に大きいわけですが、何よりチームの新しい象徴としての役割も期待できる選手ですからね。
残ってくれるに越したことはありません。



しかし、残留に向けての最大の障壁は「契約延長ができるか」という点です。「年俸」と言い換えても良いですね。

現在のドンナルンマの年俸は600万ユーロで、ミランの選手の中では断トツです(2位がロマニョーリ、ビリアの350万ユーロ)。


これ以上の昇給は財政的にも、チーム内の年俸バランス的にも極めて厳しく、それ故にミランは現状維持で延長オファーを出したのでしょう。

しかし、それはライオラによって敢え無く拒絶された、と・・・。



それに問題は年俸だけではなく、ドンナルンマ売却によって得るはずだった資金(キャピタルゲイン)を他の選手の売却により賄う必要性も生じます。

現在のミランにはドンナルンマ以上に売却益の出る選手はいませんから、複数の主力orバックアッパーを巧みに売りぬく手腕が要求されますね。


まぁこちらの問題に関しては何とかなるかもしれませんが、前者の年俸に関しては現時点ではどうしようもないのではないかと。


というわけで、この問題を解決して残留という結末にたどり着くには、ドンナルンマ側にある程度の犠牲を払ってもらうしかないかなと個人的には考えています。

具体的に言えば、ライオラを説得し、年俸を現状維持or減額(今後数年に渡って残りたいのであれば)して延長契約を結ばせることですね。

最も手っ取り早く即効性があるのはライオラを切ることでしょうが、流石にそれは難しいでしょうからね…(ハムシクの例を見るに不可能ではなさそうですが)。



最後に。僕としてはドンナルンマのことは大好きですし、できれば残って欲しいと今でも思っています。

ですがこのままでは遅かれ早かれ出ていってしまう確率は非常に高いわけで、後釜が控えていることや残りの契約年数を考えると、今が売り時としてはベターなのかなと。


ですから、ドンナルンマ側が延長の為の積極的な行動をしない限りは、「適切な」オファーが来た場合には放出するのが妥当なのかなーという気が今もしています。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comments 2

There are no comments yet.
すくろう  

完全に同意です!
ジージョ自身のミラン愛みたいなものはひしひしと伝わってくるんですよね
そりゃ残せるものなら残したいなんてのは全ミラニスタ異存はないはず
ですが…ですがなんですよねぇ
前回の契約延長もライオラが離席した隙にサインしたなんて話もありましたし今回もそんな具合にいかないかな
ってさすがにライオラも警戒するか
これはもうジージョがミランかライオラかを選ぶしかないですよね
またそうなればなったでスソとケシエの売却はマストになりそうですが個人的にはそれもありかなと
ただそうなると中盤は新たにもう一人補強する必要があります
あとCBはもう冨安いってみちゃう?って気もしてきました

  • 2019/07/08 (Mon) 11:58
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
返信>>すくろうさん

コメントありがとうございます!

そうなんですよね~。
ライオラの要求をミランが呑むのがほぼ不可能な現状、ドンナルンマ側にはどちらかを選ぶ必要があるのではないかと。

スソとケシエの放出は僕も容認派なのですが、どうにも獲得クラブが現れなさそうなのがネックですね・・・。

冨安は日本人という要素抜きでも良い選手だと思いますし、セリエAでもプレーできる素質は十分に感じますね。
いずれは成長した冨安がミランに・・・なんて可能性もあるかもしれませんね(笑)

  • 2019/07/08 (Mon) 20:47
  • REPLY