現有左SB事情について~ロドリゲスがバルセロナへ?~

2 Comments
カカニスタ22


先日記事にしたテオ・エルナンデスについてなのですが、どうやら獲得がほぼ決まったとのこと。

『マルカ』によれば、移籍金は当初の報道通り2000万ユーロではあるのですが、どうやら一括払いらしいですね。
また、買い戻しオプションは付いていないそうです。


しかし、気になるのが現有左SBの整理が終わっていない状況での獲得だということ。
前回書いた通り今のミランにはリカルド・ロドリゲス、ラクサール、ストリニッチの3人が既に在籍しており、テオ・エルナンデスが加入すれば計4人と明らかに過剰です。

売却下手なミランがこうした状況でも巧みに売り抜けられるのか大いに疑問ですね。


・・・などと書いていたら、非常に気になるニュースが一つ。



『SPORT』によれば、バルセロナがリカルド・ロドリゲスに興味を示しているらしいです。
そして予想される移籍金は1500万ユーロ。

これが事実であれば、ミランにとって決して悪い取引ではないと個人的には思いますね。

ロドリゲスは過去2シーズンに渡って主力としてプレーしてくれたわけですが、全体的な守備力(対人、空中戦、ポジショニングなど)はさほど高くないですし、走力が求められるジャンパオロのサッカーにそこまで合うとも思えない。


ただし戦術的役割によってオーバーラップを控えていたという事情もありますし、ビルドアップ能力は現有SBの中では屈指なので少し勿体ない気はしますけどね。

それに、移籍金はもう少し取れるかなという気もします。できれば2000万ユーロ位は欲しいですかね。


まぁいずれにせよ、テオを獲得する以上は左SBの整理は避けられませんし、売却自体は致し方ないと思います。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!


スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comments 2

There are no comments yet.
シェバシェバ  

コメント失礼致します。
リカルド・ロドリゲスの評価額が1500万ユーロというのはちょっと少ない気がします。管理人さんが仰られてるように2000万ユーロ以上で移籍してもらいたいです。
ストリニッチは戦力として考えられるのでしょうか。もし、考えられるとしたらラクサールの移籍もアリだと思います。具体的な選手はあげられませんが、トレードみたいな形でアンカーの選手を獲得してほしいです。

  • 2019/06/30 (Sun) 23:53
  • REPLY
カカニスタ22  
返信>>シェバシェバさん

返信遅れてしまい申し訳ございません…。
コメントありがとうございます!

ロドリゲスは様々なクラブから興味を持たれているようなので、競合による移籍金の釣り上げには期待できそうです。
2000万ユーロいければかなりベストに近いのではと思います!

ストリニッチはどうなんでしょうかね。
とりあえず完治はしているようなので、キャンプ開始からどの程度アピールできるのかによると思います。
それと彼はジャンパオロの教え子でしたので、その点は有利に働くでしょうね。

  • 2019/07/02 (Tue) 18:08
  • REPLY