ムリエルとかクアメとか

スポンサーリンク

0 Comments
カカニスタ22


ここ数日は中盤にスポットを当ててきましたが、今回はFWについて。

ミランの獲得候補と報じられ、かつ僕が気になった選手について紹介していきます。
記事タイで既にネタバレしていますが(笑)



ムリエル(フィオレンティーナ→セビージャ)

テクニックというよりはスピードとキレで相手を置き去りにするタイプのドリブラー(もちろん水準以上のテクニックは兼備)。

故にカウンター時などのスペースがある時に真価を発揮するカウンターマシーンです。
今冬フィオレンティーナに加入してすぐにドリブル突破から凄いゴールを決めていましたね。


パスとかはそんなに上手くはなく、ポゼッション時はさほど驚異的ではありませんが、サイドに流れてのプレーもできるため2トップ向きの選手ではありますね。

今のミランには独力で長い距離をドリブルで運べる選手がおらず、そのため彼のような選手は是非とも欲しいところではありますね。仮にスタメンでなくとも、スーパーサブとして間違いなく有用ですしね。

ただ1500万ユーロはちょっと高いですかね‥‥。

ジャンパオロのサッカーに合うか未知数ですし、年齢的にもリスクが高いかな、と。



クアメ(ジェノア)


圧倒的フィジカルを持つ将来有望な21歳のアフリカン。

スピードもかなりあり、しかもテクニックやドリブルも優れているという素晴らしいプレーヤーです。

パスの判断やトラップ精度、持ちたがり癖など欠点は多々ありますが、まだ21歳ですし改善の見込みは十分。

ナポリが今冬の移籍市場で獲ろうとしていたことも、彼の逸材ぶりを示す一つの事実ですね。


また、ピョンテクとの相性の良さは既にジェノアで2トップを組んでいた際に証明済みであり、連携も問題なし。


以上のことから、実現すれば最高の補強になり得ますし、個人的にFWを獲るとすれば是非とも彼にアタックして欲しいと思っています。


ネックは移籍金(約3000万ユーロと報じられている)ですかね。

他ポジションの補強の必要性もある現状、流石にこの額を丸々払うことは至難を極めます。この額に値するポテンシャルはあると思いますけどね。

オファーを金銭+選手にするなどすればなんとか・・・といったところでしょうか。


今後の報道に注目です。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

スポンサーリンク

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.