18-19シーズンのミラン選手を振り返る 【FW編】

2 Comments
カカニスタ22

このシリーズもいよいよ最終回。ラストはFW編です。



スソ

セリエA;先発35 7ゴール 10アシスト
評価;7



MVP候補の1人。

後半戦は途中調子を落としましたが、最終盤になると再びキレを取り戻して勝利に貢献してくれました。

今季のスソに関していえば間違いなくミランのエースでしたし、そうした難しい役目を十分に果たしてくれたと思います。


ただ来季に関していえば全くの別問題なので、放出容認派であることに変わりないですけどね。



サム・カスティジェホ

セリエA;先発8 途中23 4ゴール 2アシスト
評価;5.5



シーズン前は大きな期待を寄せられていた彼ですが、最後まで主力となり切れずにシーズンを終えてしまいました。

狭いスペースでのプレー、ボールの受け方といった点は、残留するとすれば来季に向けての大きな課題となりそうです。



ファビオ・ボリーニ

セリエA;先発10 途中10 2ゴール 2アシスト
評価;6



様々なポジションでプレーしてチームを陰ながら支えてくれました。

まぁコスパの観点から言えばかなり微妙ですし、来季は起用できそうなポジションもなくなるので売却して良いと思います。



ピョンテク

セリエA;先発16 途中2 9ゴール
評価;6.5



冬に加入したものの圧倒的決定力を見せつけてゴールを量産。

孤立無援状態が大半であったにも関わらずこの成績は素晴らしいの一言。

欲を言えばもう1点取って、「1シーズンに2つクラブのそれぞれで2桁得点」という偉大な記録を達成して欲しかったです・・・。


来季はCFを活かすのが上手いジャンパオロの下、どのようなプレーを見せてくれるのか本当に楽しみです。



パトリック・クトローネ

セリエA;先発12 途中22 3ゴール 2アシスト
評価;5.5



大きな飛躍を遂げた昨季とは異なり、今季は主にイグアイン(前半戦)、ピョンテク(後半戦)のサブに甘んじた期間が大半でしたね。


ただ途中投入でチームに活力を注入し、積極的な動きで相手DF陣をかき乱すと言ったように記録以外の面での貢献もあったかなと。


彼の去就は不透明ですが、できれば残留してほしいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comments 2

There are no comments yet.
すくろう  

GKから全部通して読んでからと思ってコメントさせていただきました!
僕のMVP候補はドンナルンマ、ロマニョーリ、スソの3人で最終的にはドンナルンマかなl…という感じだったのでほぼほぼカカニスタさんと同じような評価だと思います。
ピョンテクにはPK蹴らせてあげれば良いのにとも思ってますがケシエがキッチリ決めてはいたのでまぁしょうがないかなと
来季特に期待してるのはコンティと残留するならケシエですかね
特にケシエは全体的にちょっと雑という印象でした。
ただ局面局面には顔を出してはくれてるのでプレイの精度が上がれば劇的に良くなる可能性はあるんじゃないかと
コンティは守備ですよね。まぁ一般的には攻撃と守備どっちが伸びるかというと恐らく守備なんで気長に待つと決めました
アバーテの若い頃もそんな感じでしたしね

  • 2019/06/08 (Sat) 11:26
  • REPLY
カカニスタ22
カカニスタ22  
返信>>すくろうさん

コメントありがとうございます!

ケシエのモビリティは驚異的なものがありますし、仰る通り後はそこに精度が加わると文句なしなんですよね。
ポジショニングの拙さとかはジャンパオロが修正してくれると思うので、もし残留しても今季よりは良くなると思います。

コンティは楽しみな選手であることは間違いないですね。
4-3-1-2だとSBの攻撃力はとても重要ですし、怪我前のコンティであれば(攻撃面においては)最適なフォーメーションの一つともいえるだけに、彼の復調+守備面での成長が期待されます。

  • 2019/06/09 (Sun) 08:05
  • REPLY