ジャンパオロ・ミランのスタメンはどうなる?【予想】

6 Comments
カカニスタ22
数多く挙げられていたミランの新監督候補もいよいよ絞られ、最後に残ったのはシモーネorジャンパオロの2択のようですね。

ドナドーニなんて名前が出た時は眩暈がしましたが、この2人であればどちらでも文句ありませんし本当に良かったです。


そんな今回は、有力候補の1人であるジャンパオロがもしもミランに就任した場合のミランの予想スタメン、及び補強必須ポジションについての個人的見解を書いていこうかなと。

本当は昨日の記事にまとめて収めたかったのですが、文量が多かったので分けました(笑)


まず、下図が僕の考える予想スタメンです。

ミラン4-3-1-2


※「?」と示している部分が補強希望ポジション、「()」が代替選手です。
※戦術はサンプドリア時代と同様のものを想定

続いて、それぞれのポジションを詳しく見ていきます。

GK

ドンナルンマが残留を果たしてくれた場合、このポジションは間違いなく不動。

ただ、ビルドアップ時にはCB2人と積極的にボールに絡んでいくことが求められるため、彼の足元の技術の低さは懸念要素となります。

まぁそうは言ってもそれを補って余りあるセービング能力がありますし、このポジションに議論の余地はないでしょう。

今季と違い、各選手のポジショニングがちゃんと整理されれば改善する可能性も十分にありますしね。



CB

ここも不動かなーと。カルダーラは相変わらず離脱中ですし、未知数ですしね。

基本はハイラインを維持する戦術のため、足の遅い選手はアウト。そしてビルドアップ時はアンカーがあまり降りて来ないため、ビルドアップ能力の低い選手もアウト。

出来ればムサッキオの代わりにより信頼できる選手(足が速く、ハードマークできる人)を1人置きたいところですが、他に補強ポジションがあるためおそらく補強はないでしょう(あるとしてもバックアッパー)。



SB

予想の難しいポジションです。

まず右ですが、守備、ビルドアップ面を考えるとカラブリアでしょう。
時折ポジショニングに怪しさが見られるものの、ボール奪取能力は結構高い(確かタックル成功数のスタッツが良い)ので、ジャンパオロの厳格なポジショニング指導で覚醒する気配はあります。

攻撃面を考えるとコンティですけど、今季の守備の酷さを見るにとてもじゃないですがSB(それも4-3-1-2)では起用できません。
コンディションを戻し、判断も含めた守備力を上げてくれればスタメン奪取のチャンスは十分にありますけどね。全盛期の攻撃力は凄まじいですしね。


左は走力という点でラクサールが若干リードしている気もしますが、ビルドアップ時に詰まった際にSBが下がる役割を持つため、リカロドが来季もスタメンで使われる気も・・・。


両サイド共に状況に応じて使い分けることになるかもしれないですね。



アンカー

ここは即戦力を補強して欲しいポジションです。
求められるのは、「ボールを引き出すのが上手く、テンポよくパスを捌け、運動量があり、守備にも一定以上の貢献を果たせる」選手。

理想を言えば現アーセナルのトレイラのような選手。万が一彼が来たら歓喜の雄叫びを上げますが、まぁないでしょう(笑)


(即戦力の)補強がない場合の代替案はビリアになりますが、彼も今季は復帰明け以降のパフォーマンスが悪く、そのため主力として考えるのはかなり危険です。
サブとしては申し分ないですけどね。



インサイドハーフ

左はチャルハノールで不動、右はケシエ(代役がいないため)が不動。
豊富な運動量という必要最低限の条件はどちらも満たしており、加えてチャルハノールは流動的に動けるしパスもシンプルに捌けるということで、ジャンパオロのサッカーにはおそらく完璧にフィットするでしょう。

ケシエもポテンシャル的には申し分ないものを持っているため期待できますが、今季のプレーぶりを見るに正直不動の選手として扱うのは危険だと思います。


それに量的に足りないポジションでもあるため、誰かしら補強はして欲しですね。



トップ下

パケタで不動。

ほぼ間違いなくジャンパオロ・ミランの核となる選手だと思います。
流動的に動いてパスを引き出し、パスを散らし、ドリブルで持ち運び、スペースを作り出し、果てはラストパスを送ったり自らがエリア内に侵入してゴールを決めたりと、その役割は多岐にわたるでしょうね。



トップ

一枠はピョンテクが不動。

もう一枠ですが、これが非常に難しい・・・。
おそらく求められるのは「運動量豊富で、スペースメイクが上手く(中盤の選手が飛び出すスペースを作りたいため)、ドリブルで運べる(カウンターの際に必須になる)」と言ったような選手になるわけで、正直クトローネだとピョンテクと役割が被っていて使いづらいと思うんですよね。

今季のミランのようにサイドからクロスを放り込むだけの戦術ならこの2トップでも良いのですが、ジャンパオロの下ではそういうわけにはいかないでしょうしね。


と言うわけでできれば補強して欲しいわけですが、そうなるとクトローネ代理人が間違いなく黙っていないというジレンマ・・・。
僕個人としてもクトローネには残って欲しいわけですが、スーパーサブとして残ってくれなんていうのは都合の良い話ですしね。


補強費も大してないのでおそらくピョンテク―クトローネのコンビになりそうですが、正直かなりの懸念要素ではあります。

まぁジャンパオロがクトローネを覚醒させてくれることに期待ですかね。



まとめ

本当に今さらな話で恐縮ですが、そもそも新監督がジャンパオロになるとも決まってないこの段階で書くお題ではありませんでしたね。しかも結構な長文(笑)


今夏は非常に限られた予算の中でやり繰りする必要のある非常に厳しいメルカートとなりそうですが、せめて監督の希望したポジションの補強だけは何とか遂行して欲しいと思います。

それはシモーネであろうと、ジャンパオロであろうと変わりません。


それでは今回はこの辺で。
長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comments 6

There are no comments yet.
名無しのミラニスタ  

シルバが戻ってくるし2トップは今のミランに合ってるかもしれませんね。パケタもセンターハーフよりトップ下のが活かせそうですし。
あとは噂のセンシやトナーリ が獲得出来るならアンカーでみてみたいです。
問題はスソをどこで使うか、もしくは買い手がつくかですね。
個人的には4000万ユーロで売れればドンナルンマやロマニョーリが残る確率が上がりそうなので売れて欲しいですが笑

  • 2019/06/01 (Sat) 10:17
  • REPLY
すくろう  

2トップの一角にはもうちょい器用なタイプが良さそうですがそうなるとアンドレシウバも有りな気もします
まぁ真っ先に売却候補になるとは思いますが…
あと中盤にはボナヴェンも帰ってくるはずなので僕は彼の再起にも期待しています!
とりあえずはチャルハノール、ケシエの控えでしょうかねぇ

  • 2019/06/01 (Sat) 14:07
  • REPLY
名無しのミラニスタ  

他の方も書いてあるように2トップで尚且つピョンテクをトップに据えるとなると
比較的、広いプレーエリアでプレーできるシウバは合うかもしれないですね
ポルト時代は低い位置から左右に散らしたり流れたりも出来てましたし
エリア内で勝負を仕掛けるピョンテクの相方には現状一番マッチしている印象です
補強予算も多くはないでしょうし、その限りある予算は中盤に使ってほしいですし

  • 2019/06/01 (Sat) 21:40
  • REPLY
カカニスタ22  
返信>>名無しのミラニスタさん(10:17)

コメントありがとうございます!

トナーリも面白そうですし、もしセンシを獲れれば非常に素晴らしい補強になりますね。
アンカーでもインサイドハーフでもプレーできますし、アンカーだと強度が懸念要素ではありますがリズムを作る役としては申し分ないはずです。
ただ彼はレオナルド主導の案件だったらしく、そのため現在は交渉がストップしているとか。
若く有望な点は現体制の方針とも合いますし、後任の方には何とか交渉をまとめて欲しいですね。

ジャンパオロ就任の場合スソは完全にポジションを失いますし(2トップの一角で無理やり起用する恐れがありますが)、財政難であることも考えると何とかして売却する必要がありそうですね。
プレミアのどこかのクラブが興味を示してくれると金銭的には良いのですが‥‥。

  • 2019/06/01 (Sat) 22:28
  • REPLY
カカニスタ22  
返信>>すくろうさん

コメントありがとうございます!

シウバはアリですね。
放出されちゃいそうですが、正直なところ現状のクトローネより合うと思います。

ボナベントゥーラが(コンディション的な意味も含め)戻ってきてくれたら大きいですね。
得点力もそこそこありますし、アクセントを付けられる選手だと思うのでスーパーサブとしても有用ですしね。

  • 2019/06/01 (Sat) 22:35
  • REPLY
カカニスタ22  
返信>>名無しのミラニスタさん(21:40)

コメントありがとうございます!

正直なところ、僕もピョンテクと組ませるならアンドレ・シウバ派です。
残念ながら放出という論調が非常に強い(財政的に仕方のないことですが)ので記事では言及しなかったのですが、まさに仰るようなプレースタイルを有していますから合うと思います。

中盤には最低でも二人(アンカー、右インサイ)は即戦力クラスが欲しいですね。

  • 2019/06/01 (Sat) 22:42
  • REPLY