【運命の一戦】ラツィオ戦プレビュー【セリエA32節】

スポンサーリンク

0 Comments
カカニスタ22

予想スタメン


『ガゼッタ・デッロ・スポルト』による、ミラン対ラツィオの予想スタメンは以下の通りです。




システム;4-3-3

GK;レイナ

DF;カラブリア ムサッキオ ロマニョーリ ロドリゲス

MF;ケシエ バカヨコ チャルハノール

FW;スソ ピョンテク ボリーニ


妥当なところでしょう(本当はビリア有の4-2-3-1が良いですが…)。

パケタは欠場。ドンナルンマはラツィオ戦での復帰が期待されていたもののこちらも欠場です。
しかし、同じく負傷中だったコンティが復帰を果たしてベンチ入りするようです!


そして注目のCBでしたが、ガゼッタさんによればこれまで通りムサッキオとなっています。

しかし、どうやらこのポジションについてはまだ定かではなく、サパタないしカルダーラの可能性もあるようですね。



直近成績

ミラン;1勝1分3敗
ラツィオ;2勝2分1敗



ミランは4戦勝ち無し、ラツィオは2戦勝ち無しと両者ともに低調です。


また、彼らのここ5試合の直接対決の結果はミランの1勝4分0敗です
引き分けが多すぎます(笑)

更に特筆すべきデータとして、そのスコアが挙げられます。

5試合のスコアを新しい順に列挙しますと…
0-0
1-1
0-0
0-0
2-1

このように、非常にロースコアなんですよね。

かつてモンテッラ・ミラン崩壊の端緒となった試合がラツィオ戦で、その時は4失点を喫したわけですが、近年はこのように手堅い試合が多いですね。



試合展開・結果予想


両者ともに絶対に負けられない試合なだけに、できるだけリスクを回避しようとするのではないでしょうか。


とは言え今節はサンシーロに6万人ほどのサポーターが応援に駆け付けるとの報道もありますし、おそらく観客の声援を背にミランがポゼッションする展開になる可能性が高そうです。

できれば引いて守ってロングカウンターを狙う展開が望ましいんですけどね。パケタがいない今、ガットゥーゾ・ミランがポゼッションで相手の守備を崩していくというのがどうにも想像できません。



そんなミランが絶対に避けなければいけないのは、序盤の立ち上がりで絶対に失点しないことです。

インテル戦はハイブロックともハイプレスとも言い難い気持ちだけ先行した曖昧な守備をして早々に失点。

サンプドリア戦ではミスによりわずか1分で失点。これらの試合の結果がどうなったかはご存知の通りです。


主導権を握って(ポゼッションして)戦うというのがかなり苦手なガットゥーゾ・ミランにとってビハインドを負うというのは致命的です。ですので、とにかく先に失点しないことが重要でしょう。




最後に結果予想ですが、両チームの直近の状況や直接対決の結果などに鑑みれば、ロースコアの試合になることがかなり濃厚です。

ラツィオはラドゥとマルシッチが欠場ということですが、ミランは攻撃が良くないですしね…。



個人的スコア予想としては0-0です。ですがこの予想が当たったら怒ります(笑)




4位以内フィニッシュが目標(ミランにとっては至上命令)の両チームにとって、この試合で勝利以外を求めることはできません。

引き分ければお互いの勝ち点差はそのままですが、同じくCL権を狙う5位アタランタと6位ローマ(それぞれミランと勝ち点差0、1)との差が開く(縮まる)恐れがありますからね。



ミランは現在4戦勝ち無しと苦しいチーム状況ではありますが、この試合には絶対に勝利して嫌な流れを断ち切って欲しいですね。


Forza Milan!

スポンサーリンク

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.