イグアインの去就はどうなるか

0 Comments
カカニスタ22


 イグアインの移籍の可能性が取り沙汰されるようになって久しいですが、この件について利害関係のあるクラブ、及びイグアイン本人の思惑について報道されている情報をまとめました。

 ただし、報道の信ぴょう性については保証しかねますのでご了承ください。それと今朝書いたものを予約投稿していますので、最新情報とは少しズレているかもしれません。



ミラン

・できればイグアインを残留させたい。
・もし移籍するのであれば、代役候補はジェノアのピオンテク、モナコのファルカオなど。


ユヴェントス

・移籍金さえ払ってくれればミラン、チェルシーどちらでも良い。
・チェルシー移籍の場合、買取OPは認めず(完全移籍か、買取義務付きレンタル)。
・モラタとのトレードは拒否。


チェルシー

・監督であるサッリがイグアイン獲得を熱望。
・しかしフロントは高齢選手との契約には消極的。
・獲得するならば買取OP付きレンタルを希望。


イグアイン

・今季終了後の買取OPの行使が不確かなミラン(レオナルド)に不信感。
・恩師であるサッリの下でのプレーを希望。



 以上が、信ぴょう性が高いと僕が勝手に思った報道です。


 これを見るに、移籍の成否はミランが代役を確保できるかどうかにかかっていると言えそうです。

 契約があと半年残っている以上はミランに主導権がありますし、いくらイグアインが移籍を希望しようと代役確保の目途が立たなければ残留させるでしょう。CFがクトローネ1人になってしまいますしね。

 まぁ無理に残留させてもイグアイン、ミランにとって良い結果にはならなさそうですが…。


 ミランにとってベストの形は、イグアインが残留してリーグ4位以内に導く活躍をしてくれることですが、そのためにはイグアインへの説得と戦術の見直しは不可欠でしょうね。

 個人的にはもう少しミランで頑張って欲しいですがどうなるか…。

 数日後のスーペルコッパでのパフォーマンスが将来を左右するかもしれないですね。

スポンサーリンク

関連記事

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.