【セリエA16節】 ボローニャ対ミラン 【マッチレポート】

スポンサーリンク

2 Comments
カカニスタ22


 この試合も前後半分けずにまとめて見ていきたいと思います。


スタメン

ボローニャミラン3


ミランのボール支配

 ボローニャの守備は前線からのハイプレスと、リトリートして5-3-2ブロックを形成して守る守備の併用。

 しかし前者についてはほとんど機能していなかったかと思います。というのも、ボローニャの2トップに対してミランがキーパー+2CB+バカヨコの4人で対応できたというのが理由の1つ。
 もう1つは、ミランのSBにボールが渡った際にプレスをかけに来るボローニャ側インサイドハーフの距離が遠く、余裕をもってボールを回せたというもの。

 そのためミランはビルドアップに関してはほとんど苦労することはなかったですね。


ミランの拙攻1 ~サイド攻撃~

 しかしポゼッションを確立するまでは良かったものの、その後の崩しのフェーズでは大苦戦するミラン。

 上記の通りボローニャは低い位置で5-3-2のブロックを形成するソリッドな守備を採用し、中央をガチガチに固めます。
 
 2トップも積極的に守備に参加。精力的に下がってボランチとの距離を狭め、中央へのパスコースを遮断していました。

 
 そのためミランはボランチから(右)サイドに展開し、そこから手詰まりになるというシーンが多く目立ちましたね。
 
 これまで当ブログでも何度か言及していますが、ミランの4-4-2システムにおけるサイド攻撃はかなり単調といいますか、個の力に依存したものとなっています。

 ボランチ及び2トップとの関係性が希薄のため、基本的にサイドハーフとSBの2人だけで崩していかなければなりません。

 この試合でもスソとカラブリアの連携で縦に突破しようと試みたシーンが見られましたが、あまり効果的とは言えませんでした。


ミランの拙攻2 ~中央大渋滞~

 時間が経つにつれ、痺れを切らしたチャルハノールとスソの両サイドハーフが中央寄りにポジショニングするシーンが目立ち始めました。

 しかし中央には既にイグアインとクトローネの2人及び相手DF陣が鎮座しており、ケシエも上がってくるため中央で大勢の選手が入り乱れる展開に…。

 サイドで起点を作って相手のDFラインを押し広げるなどといった一手間が要求される試合展開だったと思うのですが、焦りからか中央を無理矢理こじ開けようとしていた印象を受けましたね。


 それでも相手のクリアミスなどからシュートチャンスを作り出しましたが、その多くはエリア外からの苦し紛れのミドルシュート。決定機と呼べるようなチャンスはわずかでしたね。


 ミランのこの試合におけるシュートゾーンを示すデータ(Whoscoredより)によれば、何と83%がエリア外からのシュートだったそうです。

ボローニャミラン2


 また、上記の画像はこの試合におけるミランのシュート位置を図示した画像(左攻め。Whoscoredより)ですが、これを見るとバイタルエリア付近からのミドルシュートが非常に多いことがわかります。

 ミランが攻めあぐねていたという1つの証拠と言えるでしょうね。




まとめ(※少し厳しいことを言います。予めご了承ください…)


 後半からは多少の改善(トランジションを速くし、相手の守備陣が形成される前に攻め切るなど)を見せたミランでしたが、得点を奪うまでには至らずにスコアレスドローに終わりました。


 スタッツ(シュート数、パス数など)は圧倒しているものの、ミランが勝利にふさわしかったかと問われると…個人的にはそうは思えませんでしたね。


 まぁしかしこういったような試合がずーーっと続いていますし、残念なことに耐性が付きつつあります…。


 意外なことにこれでも4位をキープできている現状ですが、内容面(主に戦術面)を改善しなければ、最終節までこの座に留まれている可能性ははっきり言って限りなく低いと言わざるを得ません。
 事実、こうした足踏みを続けている間にローマやアタランタといったチームがじわりじわりと差を縮めていますからね。



 そんな中、数日後にはフィオレンティーナとの対戦が待っています。

 今の低空飛行なチーム状況に加え、次節はバカヨコとケシエが出場停止ということでかなり厳しい試合になることは間違いないでしょう。

 ヴィオラもあまり調子が良くないとはいえ、キエーザを筆頭に強力な個を備えた選手を多数擁しています。


 この短期間で戦術面の改善はほぼ不可能でしょうから、とにかく気迫や態度といったメンタル面の回復・向上に期待したいです。


 何とか勝利という特効薬を手にして欲しいと思います。



Forza Milan!

最後まで読んでいただきありがとうございました。また、厳しい言い方になってしまいすみませんでした。


スポンサーリンク

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
名無しのミラニスタ  

いつも楽しくマッチレポート読ませて頂いてます勉強になります
いや~無表情になってしまう試合でしたね今回も
勝てると思うんですよ選手の個々のクオリティを考えれば
心情的にはリーノを責めたくないですが流石に監督の責任が大きいかと思います
ナポリの442とは雲泥の差があり悲しくなる
ついついアンチェロッティのチームはチェックしちゃいます
今年はナポリに就任しちゃったので応援こそしませんが
やっぱりミランを離れようと大好きですしねアンチェのサッカーが

ラツィオ、ローマ、フィオレンティーナらが足並みそろえて不調という事が
ミランにとっては追い風になってますよね
でないと今頃もう4位にはいないでしょう内容的にも
個人的に今ミランにとって一番怖いのはアタランタです流石ガスペリーニと言いますか
よくここまで纏め直したなと

典型的なプロビンチャとのサッカーで崩しきれない事にもどかしさを感じます
またか…いつからこんな情けない…何て単調な…と溜め息ばかり出ますが
ピッポならオープンに向かい合ってくるとでも思ってたのでしょうか
ファイナルサードでの攻撃に創造性が感じられず常に手詰まりしてる
ブロック敷かれてる中央ばかりに寄り掛かりサイドを有効に使えてないのも見てて苦痛です
危ない場面も多々ありましたし

>残念なことに耐性が付きつつあります…。

凄く分かります

  • 2018/12/21 (Fri) 02:48
  • REPLY
カカニスタ22  
返信

コメントありがとうございます!そして昨日はほとんどネットに繋げず返信が遅れてしまいすみません…


楽しんでいただけているようで本当に嬉しいです。今後も頑張らせていただきます!


メンバーの質という面では4位は十分狙えると個人的には思っていましたし、おっしゃる通りローマ勢やヴィオラの不調を考えれば、現在は5位と僅差ではなく3位に肉薄していて然るべき状況だったと思いますね。

ナポリはミランよりも戦力は上ですが、もしガットゥーゾ監督がナポリを指揮していたなら間違いなく今の順位にはいないでしょう。
残念ですが、それだけ名将と呼ばれる人たちとは戦術家としての能力に差があると思いますし、有り体に言ってミランはその点においてハンデを抱えているといえます。

一方でガスペリーニの手腕については見事という他ありませんね…。選手層的にはかなり厳しいでしょうが、ローマ勢やミランの体たらくを考えると4位フィニッシュの可能性も否定しきれません。

4位に入るには必ずしも強豪との対決に勝つ必要はなく、大事なのは何よりも下位チームとの対戦において確実に勝つことだと思っています。
しかしその点においてもミランは全くできていませんね…。このボローニャ戦もそうですし、振り返ればエンポリ戦やカリアリ戦などの勝つべき試合で勝てない…。

その理由の1つに攻撃のアイディア不足があることは明白ですし、スソの調子が下がり始めているここ最近はそれが顕著になっています。

強制されているわけではなく好きでしていることとはいえ、ファンとしてこういう試合を見続けるのは辛いものがあります。
現状では望みは薄いでしょうが、何とか試合内容の改善と勝利の2つを期待したいところですね。

  • 2018/12/22 (Sat) 08:53
  • REPLY