ファン・ボメル、ミランについて語る

スポンサーリンク

0 Comments
カカニスタ22


元ミランのスター選手にして、今はPSVで監督を務めるファン・ボメルがCLのインテル戦を前に、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』にミランについて語った。

「私はミランで多くのトップ選手とプレーできて幸せだった。チアゴ・シウバ、パト、ガットゥーゾ、ネスタ、インザーギ、そしてピルロといったね。技術的にもメンタル的にも本当に強いチームだったから、監督はいらなかったかもしれないね(笑)」

「ガットゥーゾは私が一緒にプレーした選手の中でもベストの1人だ。監督としても非常に良くやっている。ここまでは少し不運だったけれどね。」

「ミランを離れるとき、私は泣いてしまった。あのクラブは家族のようだったからね。ガッリアーニ?彼は最高だ。私たちフットボーラーの父親のような方だよ。」

「アッレグリ?彼はフットボールというものを理解しており、多くのタイトルを獲得してきた。でも、ユヴェントスがCLの本命かどうかはわからない。ピッチが語ってくれるだろう。」


情報ソース;calciomercato.com




少ない在籍期間ではありましたが、ボメルのミランへの貢献度は凄まじいものがありました。
正確なパス、絶妙なポジショニング、相手からボールを刈り取れる対人守備能力の高さ…。
彼はアンカーポジションの選手としての1つの理想だったと思います。

現在彼が監督を務めるPSVは、CLこそバルサに大敗したものの、リーグ戦では7戦全勝と素晴らしい成績を残しています。
バルサ、スパーズ、インテルと、PSVのグループはまさに死の組と呼ぶにふさわしいラインナップとなっていますが、ひょっとするとPSVが台風の目となる可能性もあるかもしれませんね。






にほんブログ村

スポンサーリンク

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.