レイナ起用がミランの改善策の1つになるか?

0 Comments
カカニスタ22

ドンナルンマが復調しない場合、彼にはベンチが待っているかもしれない。

このミランの若手キーパーは今シーズン輝けていない。アタランタ戦では2つの好セーブを見せたものの、ゴールラインから離れたときの彼は弱々しかった。

彼には足元の技術が求められているが、彼の大型契約がプレッシャーになっているようにも見える。

またペペ・レイナがベンチに座っていることを考えると、ドンナルンマの安定しないパフォーマンスにはまずます疑問が残る。
.
この状況が続くならば、ガットゥーゾ監督は最終的にドンナルンマをベンチに送るかもしれない。少なくとも今後もELでプレーすることはないだろう。


情報ソース;calciomercato.com




足元の技術に関していえばレイナの方が間違いなく上でしょうし、レイナを起用すればミランの弱点であるハイプレス耐性もいくらか改善されることになるでしょう。

しかしドンナルンマを戦術的理由でベンチに座らせれば代理人のライオラが黙っていないのではないでしょうか。ミランとしても、ドンナルンマの市場価値を下げるようなことはできればしたくないはずです。
それにセービングに関していえば悪いわけではありませんしね。アタランタ戦も好セーブがありましたし。

うーん…。これはなかなか難しい問題ですね。


スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.