ミラン・プリマヴェーラのアバーテ監督、注目される来シーズンの去就について

現在ミラン・プリマヴェーラの監督を務めるイグナツィオ・アバーテ。
彼に率いられたチームは今シーズン、UEFAユースリーグにて決勝進出を果たすなど躍進。現在はリーグ戦にてプレーオフ進出を目指し戦っているところです。

アバーテが監督として実りある日々を送っていることを嬉しく感じる一方で、最近は「来シーズン後のアバーテの去就」について気がかりに思うところがあります。

というのも、アバーテとミランの現行契約は今シーズン限りとなっており、今のところ契約延長はなされていません。そして報道によると、そのままアバーテが慣れ親しんだクラブを離れる可能性があるようです。

アバーテは優秀な指導者であり、ミランの経営陣からも高く評価されている。また、プリマヴェーラの選手たちも彼を信頼しており、この絆が今後数週間の内に行われる選択に影響するかもしれない。なぜならアバーテはクラブとの契約満了を迎えるに当たり、何が自身のキャリアと成長にとって最善かを理解しなければならないからだ。野心家でプロフェッショナルの彼は次のステップアップの機会を窺っている。
ミランの経営陣はアバーテ退団の可能性を認識しているが、まずは彼と話し合いの場を設けることで、共に続ける条件があるか、そしてどのような方法があるかを確認するつもりだ。アバーテはより大きなチームを率いる準備が出来ていると感じており、可能性に不足していない。クラブが発足を目指すセカンドチームも、その監督の座は元チームメイトでもあるボネーラが現時点でリードしている。これまでアバーテは自らのサッカーキャリアをミランと結びつけてきたが、1人で歩む時が来たのかもしれない
――calciomercato

アバーテは以前のインタビューにて「いつかトップチームで指揮を執りたい」旨を明言しており、ステップアップの機会を窺っていることを示唆していました。
とはいえ、即座にミランのトップチーム監督になることは現実的でなく、それならば他クラブの監督となり自分の力を示したいと考えるのは自然な流れです。

ただ、個人的にはまずミランのセカンドチームで指揮を執るアバーテが見てみたいですし、プリマヴェーラで信頼関係を構築した選手たちを持ち上がりで指導できるという点でボネーラより適任な気もするのですが…。
まぁ何にせよ、どういう決断であれいつの日かアバーテがミラン(トップチーム)の監督に就いてくれることに期待していますし、そのために来シーズン以降もしっかりと実力を養ってもらいたいですね。

0Comments