ミラン、ブンデスリーガでプレーする3選手に再接触?

今冬のメルカート期間中にて、ミラン移籍が噂されたブンデスリーガ所属の選手たちが複数人いました。

その内3選手に対してミランは依然として強い関心を持っているようで、次のメルカートでも再び話題になるかもしれません。

先週、ミランSDのドッタヴィオはドイツへ行き、ヴォルフスブルク対ブレーメンを観戦した。その目的はヴォルフスブルク所属のラクロワである。ドッタヴィオの眼前でラクロワはゴールを決めるなど活躍し、ミランからの評価をますます高めた。
また、今回のドイツへの視察はシュトゥットガルト所属のギラシー、シャルケ所属のウエドラオゴとの接触を復活させるきっかけにもなった
――calciomercato



主力級CBのラクロワ、将来有望なMFウエドラオゴ、新ストライカー候補のギラシー…。いずれも異なるポジション・役割の選手たちであり、その意味で全獲りする可能性もゼロではないでしょう。

彼らについてはいずれも当ブログにて言及させてもらったことがあるので詳細は省きますが、彼らのシーズン成績に関しては今回改めてアップデートしておきたいと思います。

ラクロワ


ミラン、マクサンス・ラクロワを今夏の補強ターゲットに?

ミラン、マクサンス・ラクロワを今夏の補強ターゲットに?

※関連記事



リーグ戦 23試合3G1A
カップ戦 3試合


ラクロワはレッドカードによる出場停止処分などにより、昨年12月下旬から約1ヶ月ほどスタメンから外れる時期があったものの、その時期以外は主力として継続的にプレー。前節のブレーメン戦ではゴール、前々節のアウクスブルク戦でアシストを記録するなど、攻撃面でも印象的なパフォーマンスを見せているようです。

ウエドラオゴ


ミラン、シャルケの神童アサン・ウエドラオゴ獲得を目指す

ミラン、シャルケの神童アサン・ウエドラオゴ獲得を目指す

※関連記事



リーグ戦(2部)13試合1G2A

今シーズン、クラブ史上2番目となる若さでトップチームデビューを果たしたウエドラオゴは開幕節にてゴールを決め、そのまま継続的に出場機会を得る素晴らしいスタートを切ったものの、11月から靭帯損傷などにより長期離脱。
先月の3月中旬頃にようやく実戦復帰を果たし、復帰後はトップチームで2試合に途中出場しています。ここからシーズン終了までに再びコンディションを上げ、今一度活躍のニュースを聞きたいところです。

ギラシー


ミラン、ブンデスリーガで大暴れ中のセール・ギラシに注目

ミラン、ブンデスリーガで大暴れ中のセール・ギラシに注目

※関連記事



リーグ戦 21試合23G1A
カップ戦 2試合2G1A


今シーズンのブンデスリーガにて開幕からゴールを量産し、わずか9試合の出場で15点を記録するなど話題をさらったギラシー。
その勢いは現在も止まってはおらず、アフリカネイションズカップから戻ってきて迎えたシーズン後半戦も継続的にゴールを積み重ねています。
現在は直近7試合で6ゴール、4試合連続得点中と好調を維持しており、このペースでいけばシーズン30ゴールの大台に乗せることも可能でしょう。

0Comments