錯綜するカマルダ関連の報道

フランチェスコ・カマルダ
今月の15日に16歳の誕生日を迎え、プロ契約の締結が可能になったフランチェスコ・カマルダ。

カマルダ、ミランとのプロ契約締結は7月まで延期か

カマルダ、ミランとのプロ契約締結は7月まで延期か

※関連記事



しかし、現所属先のミランとのプロ契約は今のところ実現せず。一部報道によれば、契約期間を伸ばすため今年7月(来シーズン)以降にプロ契約を結ぶと伝えられているところです。

その一方、現在は形式上どのクラブにもカマルダ獲得のチャンスがあるという事で、色々と情報が錯綜しています。

・プロ契約の締結にあたり、カマルダの代理人であるベッペ・リーゾは年俸200万ユーロ、3年契約+2年の延長OP、更には1000万ユーロのコミッション料を要求している。――Andrea Longoni

・巨額の要求をしているとの報道に対し、カマルダの周囲の人間は激怒しており、そうした噂を断固として否定している――Antonio Vitiello

・カマルダのプロ契約を巡る全ての話し合いは延期されている。そのため、ミランだけでなくカマルダを狙う他のクラブに対しても、代理人や家族からリクエストは出されていない。なおルール上、18歳未満の選手との契約に際し、代理人や家族が契約締結に係る報酬を受け取ることは出来ない――GdS

「選手・代理人側が巨額の報酬を要求している」との内容をぶち上げた1つ目の報道ですが、その後2つ目、3つ目の報道では否定されています。まぁソースから判断するに脚色していることが濃厚なので、少なくとも現時点で金銭面が問題になっている可能性は低いでしょう。

ただし、「話し合いが延期されている」とする3つ目の報道について、ややネガティブに解釈するなら「何も決まっていない」ということになります。個人的にはカマルダ側との話し合いはある程度進んでおり、後は詳細を詰めるのみといった段階を期待していたところ、実際は他クラブに付け入られる隙といったものが結構あるんじゃないかと不安に感じてしまうところです。

なお、カマルダに興味を示しているクラブとしてこれまでドルトムント、マンチェスター・シティの2つが頻繁に取り上げられていましたが、最近だと彼らだけではなくインテル、ユベントス、マンチェスター・ユナイテッド等の名前も浮上してきています。

ミラン側が決定的な動きを見せると報じられる時期まであと約3カ月…。カマルダに関してやきもきする日々がしばらく続きそうです。

0Comments