デ・ゼルビ「いつかセリエAに戻りたい」

現在、プレミアリーグのブライトンで指揮を執るロベルト・デ・ゼルビ監督。

彼を招聘することはミランにとって「夢」だと表するメディアもある中、デゼルビ本人は先日のインタビューにて次のようにコメントしました。

私は母国イタリアを愛し、またイタリアのサッカーを愛している。いつになるかは分からないが、私の目標の1つは母国での仕事に戻ることだ。ミラン?ミランは普通のクラブではない。選手としての私はミランで生まれたからね。一生ミランには感謝し続けるだろう――Sky

同インタビュー内でデゼルビはブライトン延いてはイングランドでの充実ぶりも語っており、また去就について尋ねられると「私に対しトップクラブからの関心があることは知っているが、今はブライトンに集中している」と回答。
この点に関して、最近だとバルセロナが次期監督としてデゼルビを選定し、代理人と会談を設けたという話があります。デゼルビには約1000万ユーロの契約解除条項が付いているそうで、その額を支払うことを決断すればバルセロナ監督就任が濃厚になるそうです(『AS』)。

現在のミランフロントがデゼルビに対しどれほどの関心と注意を払っているか定かではありませんが、招聘の難易度はやはり高いという事で、実現させるには相当の努力が求められるでしょうね。

0Comments