ミランの次期監督候補、ロペテギの名前が浮上

来シーズンのミランの新監督候補として、現在はコンテとモッタの2名が有力視されています。

一方、彼ら以外にも次期監督候補は存在しているようで、最近だとフレン・ロペテギの名も浮上しました。

ミランに好まれている監督候補はフレン・ロペテギである。若手を育成する方法論を有し、ミランフロントに最も高く評価される監督の一人となった。現在はフリーであり、ドイツのレヴァークーゼンも招聘に関心を示している。――Relevo

『Relevo』は比較的確度の高い情報を伝える印象があるので、今回の話はかなり気になります。

ロペテギは主にスペインで実績を積み重ねてきた監督です。例えばセビージャを指揮していたときには3シーズン連続でCL権を確保し、19-20シーズンにはELも制覇。また、スペイン代表監督としてはU-19、U-20の欧州大会でタイトルを獲得し、フル代表では9勝1分無敗でワールドカップ出場権を確保した実績があります。

正直、個人的にはあまり惹かれない監督なのですが、育成面に定評があるようなので現ミランフロントが高く評価していても不思議ではないと感じますね。

0Comments