ルーベン・ロフタス=チークの活かし方について〜戦術的・組織的サポートと磨かれ始める飛び出しセンス〜

ルーベン・ロフタス=チーク
2024年1月のルーベン・ロフタス=チークはリーグ戦4試合で4ゴールを決め、クラブの月間MVPを受賞するなど見事な結果を残しました。

そこで今回は、ロフタスチークの活躍を支える戦術的・組織的背景、及び個人的改善について言及していきましょう。

戦術的・組織的な工夫


昨夏のロフタスチーク加入の理由はピオリ監督による要望が大きいとされていたところ、実際に彼はチークの強みを引き出すべく最初から積極的に取り組んでいたように思われます。
その一例として挙げられるのは「SBの中盤化」です。

ミラン、偽SBの機能性について~アメリカツアーで見せた戦術的変化~

ミラン、偽SBの機能性について~アメリカツアーで見せた戦術的変化~

※関連記事



SB、特に右SBが中央に入り込むことで中盤の枚数を確保。これにより、右ハーフスペースを主戦場とするチークが後方へ受けに下がる頻度を減らし、より高めの位置かつスペースのある状態でボールを引き出せるようにする狙いが1つ見受けられました。


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析13
――シーン1:プレシーズンマッチにおける一場面。カラブリア(右SB)が中盤に入ることで対面の相手MFを引き付け、生じた背後のスペースにロフタスチークがポジショニング。

この形はシーズンが進むにつれて採用頻度を減らしていきましたが、今年1月に入るとミランはボール保持時にボトムの陣形を「4-2」で構成する形が基本になります。
アドリとラインデルスの2人で中盤の枚数を確保し、ロフタスチークはトップ下として高めの位置をキープ。これにより最前線のジルーとの繋がりが強くなり、後述するフィニッシュワークにおいて成果を生み出すことになった、と。


【23-24】ミラン_1月の平均ポジション_攻撃
――参考1:今年1月のリーグ戦4試合におけるミランのボール保持時の平均ポジション(左上:エンポリ戦。右上:ローマ戦。左下:ウディネーゼ戦。右下:ボローニャ戦)。アドリ(7)とラインデルス(14)でダブルボランチを構成し、ロフタスチーク(8)はジルー(9)と近い関係を保っている


いずれの戦術においても、「チークを高めの位置で起用したい」という思惑がピオリ監督にあったように思われます。このことは守備時にチークをトップ下もしくは2トップの一角で起用することからも察せられ、実際に彼はポジティブトランジョンにおいてボールの運び役としても印象的なパフォーマンスを披露。その高いアスリート能力は主に「前方にてダイナミズムを生み出す」ために活用されていますね。

相手ボックス内への飛び込み


こうした戦術的・組織的背景の下、ロフタスチークに強く求められる役割の一つが「相手ゴール前への飛び込みにより得点に絡むこと」です。

アスリート能力に長けた彼にとって、その手のプレーを行う物理的ハードルは決して高くありません。そのため飛び出すタイミングや飛び込んだあとのプレー精度が良くなれば、必然的に得点に絡みやすくなる、と。

実際のところ、1月のロフタスチークは相手ボックス内への飛び込みに際して冷静かつ的確なプレー選択を実行し、それが正にゴールへと繋がっています。


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し1
――シーン2:第19節エンポリ戦の一場面。ここでミランは左サイドのレオンに展開してカウンターを仕掛ける。一方、ロフタスチークは前線に位置取り、レオンからのラストパスの受け手として備える


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し2
――その後の場面。レオンが左サイドで仕掛け、相手を躱して一気に前方スペースへ。一方、エンポリの中盤ラインは戻り切れず、ライン間にはスペース・パスコースが生じる。そこにロフタスチークがしっかりとポジショニング


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し3
――その後の場面。レオンからのクロスにロフタスチークが正確なコントロールシュートで合わせ、ネットを揺らした


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し4
――シーン3:第22節ボローニャ戦の一場面。右サイドからの突破を目論むミラン。ここでボールホルダーのプリシッチは対面の相手SBを引っ張り、前方スペースへ飛び出したカラブリアにスルーパスを送る。一方、ロフタスチークは前線に構える


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し5
――その後の場面。右サイドを抜け出したカラブリアに対して相手CBがカバーリングに出る。これにより生じたギャップをロフタスチークがすかさず狙い、鋭い飛び出しでクロスを呼び込む


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し6
――その後の場面。カラブリアのクロスにチークがダイレクトで合わせ、ネットを揺らした

彼は元々ボックス・トゥ・ボックス型のタイプであったとはいえ、こうしたプレーの精度はミランに加入してから改善している部分でしょう。練習の成果だと思いますし、更に磨きをかけられれば安定してスコアポイントを積み重ねることが可能になるはずです。

ジルーとの関係性


そんなロフタスチークと共に前線で深く繋がりを持つのがジルーであり、両者の連携プレーが現在のミランのフィニッシュワークにおいて一つポイントになっています。

2人の関係性は当初から良好であったように見受けられ、例えば今シーズン開幕直後の3節では早くも2人の連携プレーからPK延いてはゴールを奪いました。


【23-24】ローマ対ミラン_戦術分析1
――シーン4:第3節ローマ戦の一場面。ドリブルで仕掛けるロフタスチーク


【23-24】ローマ対ミラン_戦術分析2
――その後の場面。チークに対しジョレンテ(左CB)が前に出て対応。それと同時に下がるジルーに対してもスモーリング(中央CB)が前に出てくることで、その背後にはスペースが生じる。そこで、チークはジルーとのワンツー突破を目論む


【23-24】ローマ対ミラン_戦術分析3
――その後の場面。ジルーからリターンを受けたチークは当該スペースに侵入し、そのまま相手ボックス内へ。この後PKを獲得し、それをジルーがモノにして先制点を挙げた

チークがジルーの推進力をカバーする一方、ジルーはチークが前向きでパスを受けられるよう直接的・間接的にサポートするといった形で互いにフォローし合っている、と。チーム全体の機能性(攻守全体のバランス)という観点からは未だに疑問符が付けられるものの、この2人のプレースタイル的な相性という点に絞れば非常に良好だと言えると思います。


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し7
――シーン5:第20節ローマ戦の一場面。ボールホルダーのカラブリアに対しローマがプレッシングを仕掛ける。一方、ここでミランはロフタスチークがレオンと共に中盤の前方スペースを窺い、ジルー(※画面外)へのロングボールに備える


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し8
――その後の場面。ジルーへのロングボールに対し、その周囲で素早く前方のスペースを狙うロフタスチーク。ここでボールは中央のスペースに流れ、ボールを拾ったレオンが速攻を開始。一方のチークはそのまま前線に飛び出す


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し9
――その後の場面。前線に走り込んだロフタスチークはそのまま裏に抜け出し、レオンからスルーパスを引き出そうとした


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し10
――シーン6:第21節ウディネーゼ戦の一場面。左サイドからの突破を目論むミランは、テオが前方に飛び出してレオンからスルーパスを引き出す。一方、それに合わせてロフタスチークが相手ボックス内への侵入を開始


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し11
――その後の場面。テオが間髪入れずにクロス。ここでジルーに対しては相手CB2枚で監視する一方、タイミング良くボックス内へ侵入してきたロフタスチークへの対処が難しい状態


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し12
――その後の場面。ジルーが意識的にクロスをスルーする好判断により、ボールはロフタスチークの下へ


【23-24】ロフタスチーク_プレースタイル_飛び出し13
――その後の場面。相手DFが急いで対応に出るも、後手に回ったことでシュートをブロックし切れず。ボールはネットに吸い込まれた

少なくとも今シーズンに関しては、このまま2人が相手ボックス内におけるフィニッシュワークの中心的存在になることが求められるでしょう。それぞれのコンディションが互いのパフォーマンスに深く影響し合うことが想定されるだけに、現在の好調を維持しつつ更なる連携の向上に期待したいですね。

おわりに


今年1月におけるロフタスチークの結果は、ピオーリ監督が今シーズンを通して行っている戦術的・組織的な試みの一部が結実したものだと言えると思います。

自ら獲得を熱望した(と報じられる)選手だけに活かし方は心得ていたようで、しっかりと相応の形に落とし込んだ手腕は評価されるべきでしょう。

とはいえ、これからもロフタスチーク延いてはチーム全体のパフォーマンスを更に上げていくことが求められますし、この見事な活躍が一過性のものにならないよう、引き続き個性を伸ばしていってもらいたいと思います。

0Comments