ピオーリ・ミラン、「5-3-2ディフェンス」への戦術的対策~VSウディネーゼ~

2023-24シーズン・試合ウディネーゼ戦
ピオーリ・ミランはウディネーゼに対して相性が悪く、攻守において彼らの術中にハマる展開というのが高頻度で見られます。

先日の直接対決でも守備(ウディネーゼの攻撃)に関しては十分に対応出来ず、結果的にも2失点を喫したわけですが、一方で攻撃に関しては明確な戦術の下でチャンスを量産。最終的に3得点を奪うなど、普段と異なる機能性を示しました。

そこで今回は、この試合におけるミランのウディネーゼ対策について見ていきたいと思います。

スタメン

【23-24】ウディネーゼ対ミラン_スタメン
ベースフォーメーション:
ウディネーゼ「5-3-2」
ミラン「4-2-3-1」


前回対戦時のセットアップ


今回の試合内容に言及する前に、比較材料として前回対戦時(第11節)におけるミランのセットアップを確認しておきましょう。


【23-24】ミラン対ウディネーゼ_戦術分析1
――シーン1:ミランのポゼッション

ポゼッション時におけるミランのボトムの基本陣形は「3-1」。右SBカラブリアが2CBと共に3バックを形成し、アンカーポジションにはクルニッチが入りました。そして他の選手たちは積極的に前方に上がって人数をかけ、ウディネーゼの最終ライン裏やライン間にてパスを引き出そうとします。

対するウディネーゼは基本陣形「5-3-2」でセットし、後方に重心を置いて裏やライン間をケア。ミランの前方へのパスコースを閉じにかかりました。


【23-24】ミラン対ウディネーゼ_守備時平均ポジション
――参考1:この試合(第11節)前半におけるウディネーゼの守備時の平均ポジション

詳細については以下のマッチレビュー記事に書いたのでここでは割愛しますが、この試合のミランはフロレンツィ(左SB)の動きにより散発的にチャンスを作り出したものの、基本的にはウディネーゼによる後方重視の守備を前に沈黙しました。

【準備不足が招いた戦術的・組織的問題】ミラン対ウディネーゼ【2023-24シーズン・セリエA第11節】

【準備不足が招いた戦術的・組織的問題】ミラン対ウディネーゼ【2023-24シーズン・セリエA第11節】

※関連記事



この点、「前線で数的な優位性を生み出す」というのが現チームにおいて1つの重要なコンセプトになっているように見受けられるところ、受動的な5バックの相手に対してピオリはライン間にすぐに多くの人数を送り込む戦術をよく採ります。しかし前線の連動性が十分に高くないため、自陣深くに引いた相手守備陣形を主体的に動かし・スペースを作り・そこにボールと人を送り込むといったプロセスが十分に機能することは稀であり、前線に人数をかけることが却って自分たちの利用可能なスペースを狭めることに繋がっていることが往々にしてある、と。


今回のセットアップ


前置きが長くなりましたが、ここから今回のウディネーゼ戦(21節)について振り返っていきます。

この試合におけるミランのボトムの基本陣形は「4-2」でセット。最終ライン4枚とダブルボランチで構成しました。


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析1
――シーン2:ミランのポゼッション

前回対戦時と後方の形を変えたことで、ウディネーゼの対応にも変化が生じます。
具体的には、ミランの後方でのビルドアップに対し、ウディネーゼは右WBのエボセレが一列上がって対応。この状態が続くことで、実質的なウディネーゼの守備時の基本陣形は「4-4-2」になる、と。


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析2
――シーン3:ウディネーゼの守備陣形。対面のテオを警戒するエボセレ


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_守備時平均ポジション
――参考2:この試合(第21節)におけるウディネーゼの守備時の平均ポジション。前回対戦時(第11節)と比較するとエボセレ(2)の位置が高くなり、最終ラインよりも中盤ラインとの結びつきが強くなった

先にも少し触れたように、ピオリ・ミランは相手の受動的な最終ライン5枚に対して前線で主体的に崩していくプレーが得意ではないところ、このように全体のポジション取りによって相手の最終ラインを1枚釣り出すことが出来れば話が変わってきます。最終ラインが4枚であればギャップや(瞬間的な)数的優位を生じさせやすく、そのスペースに後方から飛び込むといったミランの得意な形も作り易くなるわけですね。

ボランチの流動性


また、今回の基本陣形は後方からのボール運びに際してもいくつかの利点をもたらします。
というのも、「4-2」のボトム構造は変化させ易く、例えばボランチの1人が前後左右のスペースに動くことで相手の守備の基準点をずらすことが可能です。


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析3
――シーン4:構造変化の一例。この試合のカラブリアはテオよりも積極的に高めの位置を取るため、ケアーとの間のスペースが空きやすくなる。そこはアドリが流れるためのスペースとなり、ここではケアーからパスを受ける


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析4
――その後の場面。守備の基準点がズレたウディネーゼは後方がスライドして対応するも、最終ラインは手薄になる。また、先ほどの動きで時間とスペースを得たアドリは前方のジルーへのパスコースを見つけ、縦パスを差し込む


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析5
――その後の場面。ジルーのワンタッチパスをプリシッチが受け、ミランが良い形でボールを前進させた

この点、前方にスペースを見つけるのが上手いアドリやラインデルスはこうした陣形の恩恵を受けやすいようで、積極的な動きでパスコースを作り、ボールを前進させようとしました。


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析6
――シーン5:ケアーからカラブリアにパス。それをキッカケにウディネーゼがボール奪取を目論む


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析7
――その後の場面。しかしミランはラインデルスがボールサイドに流れて相手を引き付けつつ中央にパスコース・スペースを作り出し、そこにアドリがボールを呼び込んだ

最終ライン崩し


さて。それでは最後に崩しの局面について具体的に見ていきましょう。

2つ前のトピックで触れたように、相手の最終ラインを手薄にする狙いが功を奏したミランは、そのギャップを突くことで決定機を次々と作り出していきます。


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析8
――シーン6:「シーン4」の続きの場面。プリシッチが相手CBクリステンセンを引き連れることで、相手の最終ラインを更に手薄にする。その後ボールはラインデルスを経由して逆サイド側のテオへ


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析9
――その後の場面。テオからジルーへとアーリークロスが送られ、決定機を迎えたミラン。ここでウディネーゼはエボセレが継続的に引っ張られている上、フェレイラがサイドに開いているレオンに対応し、クリステンセンは先述の流れから戻り切れず。最終ラインはバラバラな状態だった

この点に関しては、ダイナミズムに優れたテオが当該ギャップを狙う上で戦術的なキーマンとなり、やや下がり目の位置で対面のエボセレを引き付けつつその背後のスペースを積極的に狙う役割を兼任。また同サイドのレオンも最終ラインのギャップを積極的に利用する姿勢を見せ、パスによってチャンスメイクしていきました。

すると31分と83分。テオが相手最終ラインを突いてレオンからスルーパスを引き出し、ニアゾーン(付近)へ侵入。その後ゴール前に送られたボールを最後はロフタスチークとヨビッチがネットに流し込んだという事で、狙い通りの形から2点を奪うことに成功しています。


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析10
――シーン7:1点目の場面。ボールを受けたテオはサイドのレオンに展開し、すぐに相手最終ラインのギャップに走り込む


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析11
――その後の場面。ダイナミックに走り込み、エボセレの前に出たテオがレオンからスルーパスを引き出す


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析12
――その後の場面。テオがダイレクトで中にクロスを送り、ジルーのスルーを経てロフタスチークが流し込んだ


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析13
――シーン8:2点目の場面。例によってパスを受けたテオが対面の相手を引き付け、ボールを味方に預けた後、前線にダイナミックに動き出す


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析14
――その後の場面。後半途中からミランはヨビッチを投入し、ジルーと2トップ関係になる。ウディネーゼのCB2枚も彼らを守備の基準点とするところ、ここでテオがその間に飛び出すことで瞬間的に優位性を作り出し、レオンからパスを引き出す


【23-24】ウディネーゼ対ミラン_戦術分析15
――その後の場面。ニアゾーンでパスを受けたテオが中にクロスを送り、その流れから最終的にヨビッチが押し込んだ

更にアディショナルタイムにはCKからオカフォーがチームの3点目を決め、ミランが接戦を制しました。

ウディネーゼ2-3ミラン

雑感


「前半にもう少し点が取れたはずだ」というピオリ監督の発言通り、この試合のミランは前半に訪れた数多くの決定機をモノにできず、ウディネーゼに反撃の隙を与えています。最終的に勝利したので大事には至らなかったものの、やはり決定力に関しては反省ポイントでしょう。

ただ見方を変えれば、あの苦手なウディネーゼに対してチャンスを多く作り出せたこと自体とてもポジティブですし、今後に向けても非常に意義深い一戦だったと感じます。

相手の対応次第ではまた異なる戦術的対策が求められますが、ダイナミズムに優れた選手が多い現在のミランにあっては「後方からの飛び出し(スペース侵入)」が特に重要になってくるはずです。
引き続きそうした強みを活かす方向性を維持し、機能的な攻撃を実現してもらいたいと思います。

Forza Milan!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

0Comments