2023年、ミランとサンシーロの大盛況ぶりについて

2023年が間もなく終わりを迎えます。

この1年を振り返ればミランにとっても様々な出来事がありましたが、今年の最後に1つポジティブなデータに触れおきましょう。それは「スタジアムの集客」に関してです。



というのも2023年、サンシーロで行われたミランの試合の平均観客数が「71957人」を記録したとのこと。これは1993年以来の高記録だそうです。
僕がミランの試合を観始めた18~19年前。当時のクラブはアンチェロッティ監督の下で欧州トップクラスの座についていたわけですが、それでもスタジアムは今ほど盛況ではありませんでした。満員になるのはミラノダービーやCLなどの一部のビッグゲームのみで、プロヴィンチャとの試合などは時期によって4~5万人程度の客入りだったと記憶しています。

集客力が高いというのは財政的な面でももちろん大きいですが、それ以上に満員のスタジアムでの試合には何といっても華やかさが感じられます。このことはシンプルにスポーツの娯楽的な側面を重視したときに見逃せない要素であり、試合のワクワク感を助長してくれるものですね。

ちなみに観客の性別や年齢など、その内訳についてもポジティブなデータが確認されており、サンシーロでは女性や若者の入場者が増加しているそうです。

サンシーロは2023年に約200万人の観客を迎え、またクラブにとって重要な3つの人口統計領域、すなわち女性、U-20年代、そして海外からの観客もそれぞれ増加した。全観客に占める女性の割合は21%(昨年比3%増)、20歳未満は19%(昨年比3%増)、そして海外からの観客は14%から27%と倍増している。
また、ミランは「Club 1899」にも重点を置いてきた。これは本来、企業向けに提供されてきた高級ホスピタリティエリアであるが、現在は個人向けにも提供可能となっている。そのチケットが12000枚売れたことに大きな満足感を得ている
――GdS



近年のミランはスポーツ面・財政面の両方で大きく改善し、サポーターもまたそういったチームを熱心に応援すべく駆けつける…。そんな素晴らしい流れが出来ているのは非常に喜ばしいことです。

願わくはこの流れが途切れぬよう、2024年もミランがクラブとして更なる成長・発展を遂げてくれることを願います。

0Comments