テオ・エルナンデス、CBとしての優れたパフォーマンスについて~VSフロジノーネ~

テオ・エルナンデス
CBに多くの負傷者を抱える中で迎えたフロジノーネ戦、トモリと共にミランのCBとして出場したのはテオ・エルナンデスでした。

普段起用されているSB時とは異なる役割(の比重)をこなすことが求められたところ、彼は持ち前の能力を活かすことで適応。チームの勝利に貢献しています。

今回はフロジノーネ戦のマッチレビュー記事に先立ち、そんなテオのパフォーマンスについて個別に取り上げておこうと思います。


推進力


ビルドアップ確立後のミランの基本ボトム陣形は「3-1」という事で、カラブリア、トモリ、テオの3人が右寄りの3バックを形成。これにより後方での数的優位を確保しようとします。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析1
――シーン1

テオをCB(2CB)で起用する際、彼の最大の武器である「推進力」が影を潜めてしまうのではないかという大きな懸念がありますが、今回のミランは上記の形によって解決を図ることに。実際、後方で比較的自由を得たテオは持ち前のボール運び(推進力)により、チームの崩しのスイッチを入れることに成功しています。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析12
――シーン2:「シーン1」の場面について。トモリからパスを受けたテオは、前方のスペースへとボールを持ち運んで崩しのスイッチを入れる。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析2
――その後の場面。左SBフロレンツィとの連携により、テオは敵陣サイド深くへと侵入。そのままクロスにまで持ち込んだ

すると73分。流動的な動きでフリーとなったテオがボールを受け、チームの3点目に繋がる速攻を仕掛けました。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析3
――シーン3:ここでミランは流動的なポジションチェンジを実施。MFアドリが左サイドに落ちて相手を引き付けつつ、生じた中盤のスペースにテオが侵入


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析4
――その後の場面。アドリからフリーでパスを受けるテオ


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析5
――その後の場面。前を向いたテオが速攻を開始。そのままゴール前まで持ち運び、3点目に繋がるCKの獲得を演出した

左CBの現レギュラーであるトモリは主に守備面で欠かせない存在になっているわけですが、一方でテオにはトモリにもない特長を有しています。この試合のテオは先述の推進力、そして後述のダイアゴナルなパス(によるチャンスメイク)によってチームの攻撃にバリエーションをもたらしました。

ダイアゴナルなパス


この試合で比較的にスペースを得たテオは、上述したドリブルに加えてパスによるボール前進・チャンスメイクを披露しています。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析6
――シーン4:トモリからパスを受けるテオ。ここで相手FWが寄せにくるも、スペースがあるため相手をいなしながらボールを持ち出す


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析7
――その後の場面。右ハーフスペースにてフリーとなっているチークへ、すかさずテオからパスが送られた

左利きCBを左サイドに配する利点の1つは、このように前方にボールを持ち出した後シームレスにダイアゴナルな(対角線の)パスを出しやすいことにあります。これにより、右ハーフスペースが利用可能な状況であれば素早く差し込むことが可能になる、と。

また、テオの場合はキック力も優れているため、この試合では逆サイド(ファーサイド)へのロングパスによるチャンスメイクも連発しました。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析8
――シーン5:テオから右WGチュクウェゼへと正確なサイドチェンジのパスが通る


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析9
――シーン6:大外からゴール前に飛び込むチュクウェゼへ、テオからロングパスが送られた


【23-24】フロジノーネ戦_ロングパスランキング
――参考1:この試合におけるミランのロングパス成功数ランキング。テオはメニャンに次ぐ「8本」を記録し、成功率も「72.7%」と好成績をマークした

守備


最後に、守備についても軽く言及しておきます。
この試合ではさほど守備面において脅威となる状況はなかったと記憶していますが、それでもテオは手堅いパフォーマンスを披露。守備においても、この試合に関していえばCBとしての役割を無難にこなしました。

この点、ミランのCBには機動力が強く求められるところ、そうした能力に関してテオは十分なフィジカル的資質があります。実際に今回は、同SBであるフロレンツィのスピード不足を補うなど、優れたカバーリングを一度ならず披露しました。


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析10
――シーン7:フロジノーネの右サイドアタッカーがフロレンツィを中盤に引き付け、CFとの連係から右SBが走り込むサイドへと展開。そのサイドのスペースへ、テオが迅速なカバーに入る


【23-24】テオ_CB_プレースタイル分析11
――その後の場面。テオの迅速なカバーにより相手SBの前進を阻んだ

おわりに


テオをCBとして起用した背景について、ピオリ監督は試合後に以下のように語っています。

(CB起用は)テオのアイデアだった。彼が私に話しかけてきて、CBの役割をこなせると言ってくれたんだ。彼は守備の局面でもビルドアップの局面でも非常に良くやってくれた。素晴らしいプレーをしたし、デリケートな時期にチームを助けたいという大きな意欲を示してくれたね



不慣れなポジションながらその役目を果たしたテオは見事でしたし、また上記で見てきたように、CB起用であっても彼の長所を潰さぬような役割設定・組織構築を図ったピオリ監督もナイスだったと思います。

さて。少なくともこの12月はCBクライシスが続きますし、おそらくテオのCB起用はしばらく有力な選択肢になるでしょう。
アタランタ、ニューカッスルといった難敵相手にも同様に安定したパフォーマンスを発揮できるか…。特に守備面においてはまだまだ予断を許さないため、そのパフォーマンスには今後も注目していきたいですね。

0Comments