【再びの守備崩壊】ミラン対ドルトムント【2023-24シーズン・CL第5節】

2023-24シーズン・試合CL
今回はCLグループリーグ第5節、ミラン対ドルトムントのマッチレビューを行います。

スタメン
【23-24】ミラン対ドルトムント_スタメン
ベースフォーメーション:
ミラン「4-2-3-1」
ドルトムント「4-2-3-1」


サイド攻撃


まずはミランの攻撃(ボール保持)ドルトムントの守備について。

ドルトムントの守備時のベースフォーメーションは4-4-2(4-2-3-1)という事で、それ自体は奇しくも前節の相手フィオレンティーナと同様です。しかし、その具体的な守備スタイルには違いがありました。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析(比較ヴィオラ)
――参考1:第13節ヴィオラ戦の一場面

選択肢の管理を重視するヴィオラはマンツーマン志向が強く、例えばミドルサードにおいてもソッティル(左SH)は中盤のスペースを埋めるよりもカラブリア(右SB)の監視を優先します。そのためカラブリアが高い位置に侵入すれば基本的に彼もそれに従い、結果としてチームが5バック化するような場面も度々見られました。
これにより相手(ミラン)のサイド起点の攻撃こそ封じやすくなる反面、中盤をカバーするのは難しくなります。そこでミランは中盤のスペースを利用していく…というのは以下のマッチレビューで言及した通りです。


一方のドルトムントはスペース管理を重視。そのためミドルゾーンにてコンパクトな4-4-2を形成し、ライン間へのパスを警戒してきました。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析1
――シーン1:ドルトムントの守備陣形

これにより、ミランとしては中盤中央のスペースを使うのが難しくなります。試合後にロフタスチークが「スペースが限られていて大変だった」と語るように、彼のようなタイプが割を食った展開でした。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析2
――シーン2:アドリがライン間のロフタスチークへ縦パスを差し込もうとする


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析3
――その後の場面。しかし、ライン間へのパスを警戒していたギッテンスがインターセプト。危険なカウンターへと繋げた

一方、中央のケアを重視する分、空きやすくなるのがサイドです。
そこでミランとしては相手の第一プレッシャーラインの横にボールを持ち出し、そこからサイドに張るフリーの味方選手に繋げるという流れでいくつも惜しいチャンスを作り出していく、と。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析4
――シーン3:ここではアドリが左サイドに流れて相手の前線2枚に対し優位性を作り出し、逆サイド側でフリーとなったチャウに展開


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析5
――その後の場面。チャウからサイドでフリーのカラブリアに展開


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析6
――その後の場面。そのままボールを持ち込んだカラブリアが余裕のある状況から鋭いクロスを送り込み、チャンスを演出した


すると37分にはそうしたサイド起点の攻撃が実を結び、ゴールを奪うことに成功しています。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析7
――シーン4:チャウから右サイドでフリーのカラブリアに展開。そこには相手左SBが寄せに行くも、同時にチュクウェゼが裏に抜け出してカラブリアからパスを引き出す


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析8
――その後の場面。相手左SHがカバーに入るも、チュクウェゼには仕掛けるための時間とスペースが与えられた状況。ここからドリブルでエリア内に侵入し、見事なゴールを決めた

チュクウェゼにとってはここで活躍しなければいつ活躍するんだという試合展開でしたが、見事な仕掛けからしっかりと得点を奪ってくれました。


中盤の拙守


ドルトムントの固くない守備に対し、先述の得点シーンを始め多くのチャンスを作り出したミラン。しかしジルーがPKを外すなど、例によってそのチャンスの多くをフイにした結果、1点のみに止まりました。

それでもミランとしては守備が機能していればまだ良かったものの、相変わらず組織的・戦術的な瑕疵が目立っています。

まずこの試合で問題となったのが、中盤のプロテクト能力の低さです。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析9
――シーン5

先述の通りドルトムントのベースフォーメーションがヴィオラと同じだったこともあり、ミランもまた前節と同様に守備時のベースフォーメーションは4-4-2(4-2-3-1)でセット。そして機を見てプレッシングを仕掛けていきます。

しかしながら、ラインデルス&アドリのダブルボランチがロクに機能しておらず、ドルトムントのボール回しに対し、危険なスペースを与えてしまう場面というのが散見されました。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析10
――シーン6:ボールを受けたジャンに対してラインデルスが寄せに行くも、ボールキープされる


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析11
――その後の場面。ボールはGKを経由し、逆サイド側でフリーのシュロッターベックに渡る。ここでミランボランチは素早く帰陣し、中央へのパスコースを監視しなければならない(特にラインデルスよりも位置的に近いアドリ)


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析12
――その後の場面。しかし迅速な帰陣は行われず、中盤はもぬけの殻。そのため前線のフュルクルクへと一発でパスが通る


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析13
――その後の場面。フュルクルクからマレンへと繋ぎ、ドルトムントが非常に惜しい形を作り出した


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析14
――シーン7:余裕のある状況でボールを回すドルトムント。ザビツァーに寄せに行くラインデルス


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析15
――その後の場面。ロクにプレスのかからない中、ザビツァーに対しラインデルスとアドリの2人がかりで付いてしまうエラーが発生。これによりライン間のマレンへのパスコースが空き、そこにパスを通され危険な形を迎えた

ムサが累積警告による出場停止の中、クルニッチもなぜかベンチスタート。ロフタスチーク、ラインデルス、アドリという守備を軽視した中盤の構成で臨んだことで、案の定ドルトムントに多くのチャンスを作られることとなりました。


前線の守備強度不足


先述した中盤の穴を広げた原因として、「前線の強度不足」についても指摘しなければなりません。

プレッシングの際、ジルーが主にファーストプレス役となるわけですが、そこで重要になってくるのがファーストプレスに連動した周囲の動きです。
この点、特にトップ下のロフタスチークにはジルーと協同し、相手のビルドアップを妨害するべく献身的な働きが求められるところ、実際には守備範囲が狭く、低強度のプレスも散見されました。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析16
――シーン8:GKへのバックパスを機にミランがハイプレスを仕掛ける。左サイドのシュロッターベックへのパスにはチークが反応する


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析17
――その後の場面。しかしチークの寄せが甘いため、シュロッターベックが狙いを付けたロングボールを蹴る余裕が生じる


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析18
――その後の場面。正確なロングボールを受けたフュルクルクが落とし、ロイス、マレンと繋いで右サイドのリエルソンへ展開。ミランのプレスを回避し、惜しい形を作り出した

基本的に、前線からの圧力を強める際にはCFのジルーを前で積極的に補佐する選手の存在は不可欠です。さもなくばドルトムントの後方の選手に対して数的不利は免れず、フリーでボールを持ち出されてしまいます。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析19
――シーン9:GKへのバックパスを機に、チークがシュロッターベックのマークを捨てる。これによりシュロッターベックがフリーとなり、GKからパスを受ける


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析20
――その後の場面。フリーのシュロッターベックからギッテンスにロングパス。ミランの最終ラインの裏を突き、チャンスを作り出した

そこで、前線からの圧力を強める際にプリシッチが縦スライドするシーンも見られましたが、これもまた連動性を欠く場面が多く、背後のスペースを利用される形に終わります。


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析21
――シーン10:右SBから右CBへのバックパス。ここでジルーは寄せに行けず、代わりにプリシッチがスライド対応


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析22
――その後の場面。しかしタイミングもスピードも遅いため右CBには時間が与えられ、その間にザビツァーがラインデルスのマークを外してパスを引き出す。フリーとなっている右SBと共にボールを前進させた


【23-24】ミラン対ドルトムント_戦術分析23
――シーン11:CBに寄せに行くプリシッチだが、あっさりと背後のスペースへパスを通される。ここから押し込まれ、2失点目に繋がった

前回のPSG戦のように、割り切って引いて守る選択もあったはず(というかロフタスチーク等の短所をカバーしつつ長所を活かすなら絶対そっちの方が効率的)ですが、中途半端なプレッシング志向が相手にスペースを許すことに繋がり、守備崩壊を助長する結果となりました。
前節フィオレンティーナ戦ではそれでもメニャンのハイパフォーマンスで事なきを得たものの、毎試合それに縋ることなど出来ず…。この試合では敢えなく3失点を喫し、重要な一戦を落としました。

ミラン1-3ドルトムント

雑感


上記で見てきたような戦術的諸問題は第4節インテル戦の時点(いくつかは昨季の時点)から露になっていることであり、怪我人の続出以前からの課題です。要するに今のミランは戦力的問題(怪我人続出)の他に戦術的問題も別の領域に抱えているわけですが、一般的に前者ばかりがフィーチャーされ後者の深刻さにあまり言及されていないのが気になります。

確かに多数の怪我人が戻ってくれば選手1人あたりの負担が減り、個々のパフォーマンスが安定する結果、守備力も多少なり上がるでしょう。しかし組織的・戦術的な改善が図られない限り、GKを含む最終ラインに過度の負担がかかっている現状の根本的解決は難しいと感じます。
そういえば、ポジション別に見ると今のミランは「CB」に怪我人が最も多いそうです。果たしてこれは現在の戦術的不備とは無関係なのでしょうか。



今シーズン中に既に何度も書いていることではありますが、守備の安定なくして結果が安定することはありません。
当然そんなことはピオリ監督も百も承知のはずですし、何かしらの解決策を早急に見つけてくれることに期待したいです。

Forza Milan!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

0Comments