セリエA最年少デビューのカマルダ、チーム内から称賛の声が続々

フランチェスコ・カマルダ
先日のミラン対フィオレンティーナ戦にて、フランチェスコ・カマルダが84分からピッチに登場しました。



15歳260日でのセリエAデビューとなったカマルダは見事、セリエA最年少出場記録を更新。これからの偉大なるキャリアを強く予感させる第一歩となりました。

そんなカマルダについて、監督やチームメイトから称賛の声が届けられています。

・ピオリ
「カマルダは良い子だ。若く、才能があり、成熟もしている。この年齢でのデビューは誰にでもできることではないとはいえ、彼の場合はそれに値した。
カマルダは自分が才能に恵まれていることを分かっているが、とても謙虚かつ意欲的で、ロッカールームでは誰からも好かれているね」

・カラブリア
「カマルダには才能があるが、トップに立つためには他の選手よりも努力しなければならないことを知っている。賢いね。僕たちは彼の道のりを見守っていくよ。」

・ポベガ
「下部組織から選手が出てくるというのは、あらゆるコーチにとって喜ばしいことだ。カマルダは良い子で、決断力があり、自分の目標をしっかり持っている。大きく成長できる選手だと思うし、そのために全力で取り組むだろう」

・トモリ
「僕が見たものは少しばかりクレイジーだったね。カマルダは15歳だよ。僕が15歳の頃はこんなんじゃなかった。彼は相手エリア内で巧みに動くんだ」

また、カマルダ本人も自身のSNSアカウントにて、”ホーム”であるサンシーロでのデビュー後の心境について綴っています。

なんて言ったらいいんだろう…それは僕にとって一生忘れられない特別なものだった。今日分かったのは、僕には第二の我が家があるということ、そして最高なのは彼らがみんな僕と同じような人達だということだ。愛してるよ、ありがとう!



年齢的な理由により未だプロ契約を結んではいませんが、一部報道によるとミランはカマルダが16歳になる来年3月には即時にプロ契約のオファーを出すとのことです。

当該プロ契約の締結はもちろんのこと、カマルダがこれからミランの選手として末永く活躍してくれることを願ってやみません。

0Comments