ガットゥーゾ「最悪の守備だった」

0 Comments
カカニスタ22

ガットゥーゾが「Milan TV」に対し、先日行われたカリアリ戦について語った。

「明確な指示を出すべきだった。即興で何かを起こすという感じはしなかったね。この試合の守備は私がミランの監督になってから最悪のものだった。」

「責められてしかるべきものだった。こういう時はファンの怒った顔が見たい。自分たちが身に着けているユニホームは何か、自分たちがどんなチームにいるかを理解する助けとなるだろう。」


情報ソース;calciomercato.com







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)



スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.