ミラン、UEFAクラブランキングに改善の兆し

UEFAクラブランキング


2023-24シーズン用のUEFAクラブランキングが更新され、ミランの順位が37位から暫定33位(43.000ポイント)へと上昇しています。

【23-23】ミラン_UEFAクラブランキング(暫定)
――参考:『UEFA.com』より

この順位(ポイント)は原則として過去5シーズンの結果、もとい各クラブのヨーロッパのコンペティション成績に基づいて決定されるものです。ミランの場合は昨季にCLベスト4に進出したことで多くのポイント(24.000ポイント)を稼ぎ、此度のランキング上昇に繋がったわけですね。

しかし、かつて同ランキングにて1位の座についたこともあるミランからしてみれば、依然として満足のいく順位ではありません。また、同じイタリアのクラブと比較してもミランはだいぶ後れをとっています。

08位:インテル (81.000)
09位:ローマ  (80.000)
10位:ユベントス(80.000)
18位:ナポリ  (63.000)
25位:アタランタ(53.000)



ミランは2019-20シーズンにヨーロッパカップ戦に出場できず、同シーズンに記録した「0ポイント」がかなり足を引っ張っている現状です。逆に言うと、この記録が考慮されなくなる来シーズン以降は大きなジャンプアップのチャンスといえますね。
いずれにせよ、ミランがやるべきことは継続的にCLに出場し、そこで安定した成績を残すことです。
昨季のようにベスト4進出とまではいかずとも、グループリーグ突破を毎シーズン果たすことで必然的に順位も相応に上がっていくでしょう。
上位クラブにはグループリーグにおけるポット分けで有利な位置に入りやすいなどの実質的なメリットもあることですし、この調子で再び地位を高めていってもらいたいと思います。

0Comments