【2-0は危険な…】レアルマドリー対ミラン【2023-24プレシーズンマッチ】

今回はアメリカツアー初戦、レアルマドリー対ミランのマッチレビューを行います。

スタメン

【23-23プレ】マドリー対ミラン_スタメン
ベースフォーメーション:
レアルマドリー「4-3-1-2」
ミラン「4-3-3」


ミランの守備


まずはミランの守備について。

ミランは例によってプレッシングを主体とする積極的な守備を志向。試合序盤こそはプレッシングを外されボールを持ち込まれる嫌な展開が続きましたが、次第に高い位置でボールを奪えるようになっていきます。

【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析1
――シーン1:マドリーの中盤に対し、ミランはまずロフタスチークがアンカーのクロースをマーク。残りの中盤をクルニッチ、ポベガ、そしてSB(ここではフロレンツィ)の縦スライドにより柔軟に対応していく。ここでマドリーGKはサイドのメンディへのロングボールを選択


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析2
――その後の場面。ボールを受けたメンディは対面のカラブリアを躱しにかかるが、カラブリアがしっかりと対応してボール奪取(赤)


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析3
――その後の場面。ボールはロフタスチークへと渡り、惜しい形を作り出した

後述する攻撃(ビルドアップ)面がボロボロだったこともあり、ミランの攻め手として重要になっていたのがトランジション(カウンター)です。
この点に関しては、主にロフタスチークやプリシッチが期待される役割を遂行。特にチークは積極的にドリブルで持ち運ぶプレーを行い、相手の守備組織を乱していきました。


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析4
――シーン2:自陣でボールを奪ったミランは、ロフタスチークがドリブルで仕掛ける


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析5
――対面の相手2人を強引に躱すチーク


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析6
――背後から相手に倒されるも、こぼれ球は味方の下へ。決定機を演出した

また、ネガティブトランジションにおいては主にクルニッチが持ち前の判断能力を活かして貢献。カウンタープレス時に素早く相手のスペースやパスコースを閉じ、高い位置でのボール奪取に一度ならず成功しています。


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析7
――シーン3:敵陣深くでミランがボールロスト。ここでクルニッチが危険なスペース・選択肢を埋めに素早く前方に移動


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析8
――その後の場面。ボールはカマヴィンガへと渡るが、クルニッチがすぐに寄せてパスミスを誘発


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析9
――その後の場面。ボールはコロンボへと渡り、シュートチャンスを作り出した

すると25分。プリシッチのCKからトモリが頭で合わせて先制すると、42分には高い位置でのボール奪取から最後はルカ・ロメロ(※負傷したメシアスに代わって前半の内に交代出場)が素晴らしいシュートで追加点。ミランが2点リードを奪いました。


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析10
――シーン4:2点目の場面。エリア内からの相手のクリアをクルニッチが見事にインターセプト


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析11
――その後の場面。素早い連係プレーから最後はロメロがミドルシュートを突き刺した


ミランの攻撃


続いてはミランの攻撃(ビルドアップ)についてです。

ミランはボール保持時、SBが積極的にアンカー横に絞る形を採用。後方の基本セットアップを「3-2」としつつ、中央エリアでボールを動かす狙いを見せました。


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析12
――シーン5:後方でのミランのビルドアップ。ここではGKも含めたパス回しでマドリーの選手たちを前方に引き寄せる


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析13
――その後の場面。アンカー横に入り込んだカラブリアにカマヴィンガが引き寄せられたことで、その背後のロフタスチークがフリーとなる。そこでフロレンツィはチークへのパスを選択した。(おそらく)ミランが想定していた攻撃の形の1つ

とは言え、SBが中盤エリアに加わることで得られる「+1」の数的なメリットをパス回しに十分活かせていたとは言えず、結局は前線への雑なロングボールやパスミスにより相手にボールを回収されるシーンが頻発します。


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析14
――シーン6:後半の一場面。前線へのロングボールをコロンボが落とし、ボールはポベガの下へ。ここで逆サイド側ではフロレンツィが絞っており、そちらに展開することで良い形が作れそうな状況


【23-24プレ】レアルマドリー対ミラン_戦術分析15
――その後の場面。しかしポベガは手前の(警戒されている)ロフタスチークへのパスを選択し、インターセプトされた

また、不安定なパス回しはマドリーの危険なカウンターアタックを引き起こす結果に繋がることに。57分にはフロレンツィが、59分にはトモリが立て続けにパスをカットされ、続くカウンターから2回ともバルベルデに決められ同点に追いつかれました。

70分からミランはメンバーをガラリと代えつつ攻勢に出ましたが、いくつか決定機は作れども決めきれず。すると84分には再びカウンターからビニシウスに3点目を奪われてしまい、逆転負けを喫しました。

レアルマドリー3-2ミラン


雑感


親善試合なので結果は大して重要ではないとはいえ、それでも2-0で折り返しながら後半に3点を奪われて負けるという試合展開は心情的に受け入れ難いものがありますね。

一方、内容に関してはプレシーズン序盤ということもあり、まずまずといった感じではないでしょうか。
今はまず選手個人のコンディション調整が最優先だと思いますし、その中で新加入組の多くが印象的なパフォーマンスを披露しているのはポジティブです。特にプリシッチは個人として既に良いプレーを見せていますが、組織的にまだまだ活かせる余地があると感じます(良い動きを随所に見せているため)。

また、選手のコンディション向上と共に組織的・戦術的な側面も改善が図られるでしょう。現在の実験的な試みの結果を判断するのはもう少し後になりそうですね。

次の試合は金曜日のユベントス戦という事で、引き続きチーム状況を注視していきたいと思います。

Forza Milan!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

0Comments