もっと活かしたい「ボランチの走り込み」について

サンドロ・トナーリ
突然ですが、第32節のローマ戦について少し振り返ります。

【実質50分の試合】ローマ対ミラン【2022-23シーズン・セリエA第32節】

【実質50分の試合】ローマ対ミラン【2022-23シーズン・セリエA第32節】

※関連記事



この試合ではローマの守備陣形(5-3-2)の「3-2」の間、つまり相手の2トップと中盤3枚の間のスペースを利用し得る状況が度々生じていました。しかし、実際のところ当該スペースを狙う連動性は不十分で、以下のようにもどかしいシーンが続きます。

【22-23】ローマ対ミラン_戦術分析2
――シーン1:ここでは持ち運ぶケアーに対しペッレグリーニが寄せにくる。そこでケアーは前方のベナセル(トップ下)に縦パスを通す。その間、トナーリは当該スペースに侵入


【22-23】ローマ対ミラン_戦術分析3
――その後の場面。ボールを受けたベナセルの近くにトナーリが走り込み、その落としを受けようとする。ここで受けられれば一気にスピードアップし、前方のレオンやテオと絡んで速攻へと持ち込めそうな状況


【22-23】ローマ対ミラン_戦術分析4
――その後の場面。しかしベナセルはトモリへバックパスし、遅攻を選択した

【22-23】ローマ対ミラン_戦術分析5
――シーン2:後半の別の一場面。テオからベナセルに縦パスが入る。同時にクルニッチが当該スペースに侵入。ここでクルニッチがベナセルからの落としを受けられれば、前方のブラヒムと絡んで速攻へと持ち込めそうな状況


【22-23】ローマ対ミラン_戦術分析6
――その後の場面。しかしここでベナセルは無理に前を向こうとする。その結果縦スライドしてきたマンチーニに寄せられ、ボールロストした(赤)


この試合ではトップ下にベナセルが入りましたが、同様の傾向はブラヒムが入った場合にも見られます。要するに今のミランはボランチが3人目の動きなどでスペースを突いたとき、それを利用する意識や精度がチームとして低いのではないかという話です。
ところで、今のミランではトナーリがボランチの一角として不可欠な存在になっており、優れたダイナミズムを発揮して多くのチャンスメイクを行っています。


【22-23】トナーリ_走り込み1
――シーン3:第35節スペツィア戦の一場面。右サイドを経由し、ボールは中央のトナーリへ。そこには相手アンカーも対応


【22-23】トナーリ_走り込み2
――その後の場面。トナーリに対して相手アンカーが寄せにくるも、トナーリはワンタッチで素早くブラヒムに叩いて相手の背後のスペースに走り込む


【22-23】トナーリ_走り込み3
――その後の場面。前向きでボールを受けたトナーリは一気にスピードアップし、相手ゴール前へ前進。この後決定機を作り出した

データサイト『kickest』による「Big Chance Created(大きなチャンスの創出)」というスタッツのセリエAランキングを見ると、トナーリは「12回」でリーグ5位の数字を記録。ボランチとして守備的なタスクを十分にこなしつつ、攻撃面でも大きな貢献を果たしています。

【22-23】BigChanceCreated_トナーリ
――参考1

しかし個人的に、トナーリのこうした攻撃的特長はもっと組織的に活かすことが出来ると感じていて、その根拠については最初のトピックで述べた通りです。
現時点でも第36節のサンプドリア戦のように、相手の守備レベルによってはトナーリ(3人目の動き)を活かした組織的な崩しが実現することもありますが、そうした崩しをより継続的に実践するには周囲との連動性を高めていく必要があるでしょう。


――参考2:サンプドリア戦、トナーリの飛び出しを活かした連係プレーにより2点を奪取(当該シーン:①1分18秒~。②1分54秒~)

この点に関し、パスの出し手の技量というのも重要なポイントになってきます。ボランチのスペースを突く動きを一列前でフォローしやすいトレクァルティスタもしくはトップにキープ力とパスセンスのある選手を配すれば、トナーリの攻撃センスをより活かすことが出来るのではないでしょうか(もしも前線に全盛期のイブラヒモビッチがいれば、トナーリが1シーズンに2桁ゴールを挙げることも十分に可能だったはず)。

その観点から、僕は鎌田の加入というのにかなり期待しているところがあります。
鎌田は上手くライン間でパスを引き出し、周囲の味方に配給できるタイプの選手ですし、トナーリとの呼吸が合えば彼のダイナミズムを実に巧みに活かすことが可能なはずです。

来季は鎌田がトップ下に入ることにより、ボランチ(特にトナーリ)にどのような影響があるかも注目して見ていくべきかなと思います。

0Comments