【辛口レビュー】チェルシー対ミラン【2022-23シーズン・CL第3節】

2022-23シーズン・試合
今回はCLグループステージ第3節、チェルシー対ミランのマッチレビューです。

スタメン

【22-23】チェルシー対ミラン_スタメン

基本システム:チェルシー「3-4-2-1」、ミラン「4-2-3-1」


攻守ともに納得のいくパフォーマンスを披露できなかったミランは、この試合に「3-0」で完敗しています。
よって当レビューもチームに対し批判的にならざるを得ません。予めご承知おきくださいませ。


ミランの拙攻



まずはミランの攻撃面について。
ミランはエンポリ戦と同様、CBとボランチの計4枚(+GK)を軸にビルドアップを行う形を志向。幅を取るのが両SB、ライン間をデ・ケテラーレとクルニッチ、前線をジルーとレオンが主に担当します(ただしレオンは頻繁にサイドに流れる)。

しかしながら、ミランは良い流れを掴みかけていた序盤を除き、ほとんど有効にボールを運べません。

この点について問題の1つとなったのがチェルシーの守備陣形です。
チェルシーは前線の3枚が中央へのパスルートを封じながら、サイドに流れてボールを受けたミランCBやベナセルに対して厳しくチェック。これにより彼らの前進を封じると同時に、パス方向をサイドへと限定していきます。


【22-23】チェルシー対ミラン_戦術分析1
――シーン1:トモリ(白23)から右サイドに流れたカルル(白20)にミドルパス。これによりミランは前進を目論むが、ここでマウント(青19)が素早くプレッシャーをかけにくる

そこでミランとしては幅を取るSBにパスを渡したいわけですが、そこにはチェルシーWBがしっかりとマークに付いている状態です。


【22-23】チェルシー対ミラン_戦術分析2
――マウントによるプレッシャーを受けたカルルはサイドに張るデスト(白21)にパスを出すも、そこにはチルウェル(青21)が待ち構える

先日のエンポリもトップ下と2トップの計3枚を軸にミランの中央パスルートを封じてきましたが、システムが「4-3-1-2」であったためサイドは比較的空き易く、SB起点の攻撃が可能でした。が、今回のチェルシーは先述の通り前線3枚が精力的にプレッシャーをかけ、それに応じてWBが対面のミランSBを抑えにかかったと。


【22-23】チェルシー対ミラン_戦術分析3
――その後の場面。チルウェルのプレスを嫌ったデストがワンタッチで中央に展開。しかしそこではトナーリ(白8)がスターリング(青17)にマークされており、パスはインターセプトされた

こうなるとバロとデストのクオリティではどうしようもありません。バロはともかくデストはもう少し個人での打開力があると思っていただけに、後述の守備面も含め失望のパフォーマンスでした。


とは言え、彼らだけに拙攻の原因を求めることはできません。

チェルシーはサイドへのケアを重視した分、先日のエンポリ戦と比べると中央への選択肢やスペースはありました。ミランとしてはそこを狙い、チャンスを作れれば良かったわけです。
しかしながらそれも叶わず。ボランチのトナーリ、ベナセル共に今回のレベルで通用するプレス耐性は備わっておらず、ライン間のクルニッチやデケテラーレは中央で良い形でボールを受けるシーンは複数回あれど、それをチャンスに繋げることはできません。

特にデケテラーレは判断もパススピードも遅くミスを連発。これが代表戦を挟んだことや連戦による肉体的不調であればまだ良いのですが、もし自信を失いかけているなどの精神的要因であればかなり不味い気がします。

そして頼るべきジルーもボールがほとんど来ないので存在感が無く、何度かあった空中戦の機会もチェルシーDF陣を前に沈黙。

という訳で、唯一攻撃面で気を吐いたのがレオンだったといって良いと思います。トランジションの局面で何度か訪れたドリブルの機会を活かし積極的に仕掛けると、前半アディショナルタイムには強引にエリア内に侵入してチャンスメイク。デケテラーレとクルニッチに決定機をもたらしました。

結局、作り出せた決定機は前後半を通じてこれのみという事で、ノーゴールで終わっても然もありなんという感想です。


ミランの拙守



続いて守備面について。
3失点という事でこちらも惨憺たる結果なわけですが、少なくとも戦術レベルにおいては及第点をあげられるのではないかと個人的には感じています。
継続的なプレッシングで相手ボールホルダーのスペースと選択肢を制限し、スムーズなパス回しを妨害することができていたかなと。

ただし、ルーズボールの処理の面では物足りなさを覚えました。例えばプレッシングの結果相手にアバウトなボールを蹴らせるまではいいものの、続くボール回収後のプレーでパスミスをしたり、相手に詰められたりでボールを失い危険なカウンターを食らう(食らいかける)といったシーンです。


【22-23】チェルシー対ミラン_戦術分析4
――シーン2:チルウェル(青21)からのロングボールをカルル(白20)がクリアし、ボールは手前のデスト(白21)に


【22-23】チェルシー対ミラン_戦術分析5
――その後の場面。こぼれ球に対し、デストが中途半端なパスで手前のベナセル(白4)に預けようとしたところを背後からチルウェルにボールを奪われ、危険なシーンを迎えかけた


そして肝心の3失点を喫した場面についてですが、そこでは様々な問題が顕在化しています。
まず、1失点目は苦手とするセットプレーからでした。失点シーンを含む3度のセットプレーでチアゴ・シウバに連続して3回も頭で合わせられる無策っぷりには呆れるばかりです。

2失点目はデストの軽いプレーによるボールロストから始まり、続くチェルシーの攻撃においてデストが挽回できずにまんまと裏を取られ、PA内まで侵入されクロス。逆サイドに流れたボールに対しバロの反応が遅れ再びクロス。そのクロスをトモリがクリアできず、オーバメヤンに決められて失点という流れです。

そして3失点目はカルルの自陣深くでのパスミスからチェルシーがショートカウンターを発動。スターリングのフェイクに引っかかったバロがエリア内に飛び込んできたジェイムズの対応に遅れ、そのまま彼にシュートを突き刺されました。

DF陣が満遍なくミスを犯しての3失点。弁解の余地はありませんし、これでは勝つことはおろか引き分けることすらできないでしょう。

チェルシー3-0ミラン


雑感~次戦に向けて~



幸か不幸か、ミランは1週間後にチェルシーとホームで再戦します。
早々にリベンジの機会が訪れるわけですが、この試合で見せたパフォーマンスを踏まえると楽観視はできません。

そこで再戦に際していくつかの修正を行うことは必須になりますが、それを可能にするには「主力選手がどれだけ戻ってくるか」が極めて重要です。

幸運にもテオが今週末に復帰予定のため左SBは問題なさそうですが、右SBがデストのままでは弱所を明かして臨むようなもの。
カラブリアの復帰が叶わない以上はカルルを右SBに回すことが賢明ですし、そのためにもCBケアーの早期復帰が望まれますね。

そして前線。この試合ではアタッカー陣が効果的に裏に抜ける頻度が全体的に少なく、相手DF陣を揺さぶる動きに欠けていたように思われます。そこで次戦はレビッチをCFで起用し、そうした役割を担わせるといった選択があり得そうです。
また、右サイドはやはり本職を置きたいという事で、メシアスの復帰も期待されますね(※サレマが年内アウトのため、メシアスの希少性は高い)

続いて戦術的な観点から見ていくと、この試合でチェルシーがミランに対し大きな手ごたえを掴んだのは間違いなく、次戦も同様の形をベースに挑んでくるものと予想されます。
そこでミランとしては、まず「如何にして有効にボールを運ぶか」が重要な論点になり、ビルドアップの改善を通してチャンスシーンを増やしていくことが求められます。

守備面についても、インテンシティを高めることで先述したルーズボールの処理を改善し、スムーズにポジティブトランジションへと繋げていけるようにすべきでしょう。そうすればチャンスシーンの増加にも繋がるでしょうしね。
ゴール前での守備も同様です。今回のように多くのミスを犯せば失点は免れませんから、極力ミスを減らしていく事が求められますね。

さて。ここまで辛口レビューを行いましたが、ピオリ・ミランはこれまで絶望的な敗戦を経験するたびに立ち直り、成長してきた実績があります。
そのため今回のチェルシー戦も成長の糧にしてくれるはずですし、その意味でこのタイミングでの完敗は悪いことばかりではないと信じたいです。

まずは今週末のユベントス戦、そして来週のチェルシー戦…。ミランの逆襲に期待したいですね。

Forza Milan!


最後まで読んでいただきありがとうございました。

0Comments