Category戦術 1/3

4-3-1-2におけるSBの重要性

No image

ICCバイエルン戦にて負傷交代し、現在は離脱中のSBテオ・エルナンデス。どうやら治療は順調らしく、代表ウィーク明けには戦列に戻れるかもしれないとのことです。...

  •  4
  •  -

ジャンパオロ・ミランのスタメンはどうなる?【予想】

数多く挙げられていたミランの新監督候補もいよいよ絞られ、最後に残ったのはシモーネorジャンパオロの2択のようですね。ドナドーニなんて名前が出た時は眩暈がしましたが、この2人であればどちらでも文句ありませんし本当に良かったです。そんな今回は、有力候補の1人であるジャンパオロがもしもミランに就任した場合のミランの予想スタメン、及び補強必須ポジションについての個人的見解を書いていこうかなと。本当は昨日の記...

  •  6
  •  -

ジャンパオロの戦術について ~サンプドリアの名将~

〇はじめにガットゥーゾ監督の退任が正式に決まったことで、否が応でも気になるのが「新監督は誰になるのか」という点です。各メディアは様々な名を挙げていますが、中でも有力候補と目されているのがラツィオのシモーネ・インザーギ、モナコのジャルディム、サンプドリアのマルコ・ジャンパオロの3者。まずシモーネについてですが、個人的に彼はユーヴェの監督or残留になると踏んでいますので様子見。そしてジャルディムについて...

  •  4
  •  -

ミラン、次節ボローニャ戦は4-3-1-2で挑む?

No image

『Sky』によると、ミランは次のボローニャ戦でフォーメーションを4-3-1-2に変更するかもしれないらしいですね。「そもそもフォーメーション以前の問題(ピッチ上の選手の距離間とかポジショニングとかが悪い)ではないか」というのはひとまず置いておくとして、フォーメーション変更自体はアリだと思います。...

  •  2
  •  -

今のミランと3バック(3-4-2-1)の親和性について

〇はじめに先日のラツィオ戦にて、試合途中にシステムを3-4-2-1に変更して流れを掴んだミラン。そしてミランが1-0で勝利を収めたこの試合後、フランチェスコ・グイドリン氏(僕の思う世界最高の戦術家であり、最も敬愛する監督。こちらの記事「フランチェスコ・グイドリンとは何者か?」にて詳述)が『Milannews.it』に対し、ミランが3-4-2-1を今後も続けていく可能性について肯定的な発言をしてくれました。個人...

  •  2
  •  -

戦術Gの功罪

No image

〇はじめに;失点減の要因 リーグ後半戦が始まり、早くも4試合が消化されました。 そんな中、ミランが喫した失点はわずか「1」。この4試合の中にナポリ戦とローマ戦が含まれていることを考えれば非常に素晴らしい結果であると言えるでしょう。 では、かつては毎試合のように失点していたミランがなぜ好守を見せるようになったのでしょうか。様々な原因が考えられますが、自チームに関連するものとしては①守備戦術の変更②ドン...

  •  2
  •  -

インザーギ・ミハイロビッチ・モンテッラ時代を振り返る

No image

〇はじめに 先日、面白いデータを見つけました。1.74 - Gennaro #Gattuso ha una media di 1.74 punti a partita in Serie A sulla panchina del Milan: la media più alta fra gli ultimi cinque allenatori rossoneri. Auguri. pic.twitter.com/U0o1ruwGKf— OptaPaolo (@OptaPaolo) 2019年1月9日  『Opta』によれば、14-15シーズン以降のミランの監督の中で、平均獲得勝ち点数が最も多い人物は現在のガットゥーゾ(...

  •  2
  •  -