Category選手 1/3

ピョンテクの不振の原因について考える

No image

○はじめに今プレシーズンは非公開試合であったノヴァ―ラ戦に始まり、ICCでの3試合、フェロニケリ戦、チェゼーナ戦と試合をこなしてきたミラン。その中で生じたいくつかの問題の内の1つとしては、ピョンテクにゴールが生まれなかったという点が挙げられます。エースストライカーである彼に懸かる期待は大きく、CL権獲得のためには彼の活躍は必要不可欠。そのため、現在の不振は決して見過ごすことはできません。そこで今回は...

  •  6
  •  -

ミラン、ベナセルを獲得へ! ~そのプレースタイルと特徴について~

No image

○はじめに先日浮上した、エンポリ所属のベナセルに対しミランが興味を示しているという噂。その後急ピッチで話が進んでいき、遂に合意報道にまで至りました!Ismael Bennacer from Empoli to AC Milan. Done deal for €16M + €1M add ons. He's ready to sign a 5-years contract. Former Arsenal player. Here we go! 🔴⚫️ #transfers #ACMilan— Fabrizio Romano (@FabrizioRomano) 2019年7月4日 報道によって多少のズ...

  •  8
  •  -

スソ、カスティジェホ、ボリーニは新境地を拓けるか

No image

今季、WGで起用されることの多かったスソ、カスティジェホ、ボリーニ。しかし、来季の新監督であるジャンパオロは4-3-1-2の使い手であり、ミランでも9割方このシステムを採用すると思われます。したがって得意のポジションがなくなる上記の3者は、果たしてどうなるのか/どうするべきなのか。前回の記事にて同様の質問をいただいたこともあり、今回はこれについての私見を述べさせていただきたいと思います。...

  •  6
  •  -

ミランの新エース、ピョンテクの得点力を支える能力について

ミラン移籍後5試合連続ゴール中のピョンテク。もはやその勢いは止まる所を知らず、更なる記録更新に期待がかかります。決して多くの得点チャンスを与えられているわけではない現状において、なぜこれほど多くの得点を彼は挙げることができるのでしょうか?今回は彼のゴールシーンから、その理由を探っていきたいと思います(※今回引用する画像元は、いずれもYoutube『SerieA』の提供するダイジェスト映像より)...

  •  2
  •  -

ルーカス・パケタがミランにもたらした2つの変化

〇はじめに;チームにもたらした2つの変化 今冬の移籍市場にて、ブラジルのフラメンゴから推定3500万ユーロで移籍したルーカス・パケタ。 当初、この報道及び移籍金を知った時は「将来有望な若手選手らしいしこんなもんか~」などと思っていたわけですが… 今思うと、あまりにも格安でしたね。移籍金3500万ユーロ(出来高付きらしいので実際はもう少し高くなるかもしれませんが)は将来性を考慮してのものだったと当時...

  •  0
  •  -

ボナベントゥーラ復帰後のシステムについて~4-3-1-2の可能性~

はじめに 数日後にアタランタとの1戦を控えるミラン。 アタランタと言えば、ケシエ、コンティを始め今のミランには元アタランタの選手が多数在籍しています。 その中の1人がジャコモ・ボナヴェントゥーラです。 現在膝の負傷で長期離脱中。今シーズン中の復帰はおろか来シーズンの開幕にも間に合わない可能性が噂される彼ですが、復帰を果たせばチームの大きな戦力になることは間違いないでしょう。  今回は、ボナベンが復...

  •  6
  •  -

ビリア復帰後の中盤の構成について考える

 数カ月間の離脱を経て、ビリアが遂に実戦復帰間近とのことです。カリアリ戦で実戦復帰するかどうかは未定ですが、いずれにせよ中盤にクオリティをもたらしてくれる選手が帰ってきてくれたのは非常に大きいですね。 今回は、そんな彼を中盤に組み込む場合のベストと思われる構成を考えていきたいと思います。 考えていく上での前提として、特に言及のない限りは前線と最終ラインはいつもの(スソ、ピョンテク、チャルハノール、...

  •  0
  •  -