Grande Milan ~ACミラン応援日記~

愛して止まないACミランについて熱く語るブログ 戦術 選手 補強など

アンテ・レビッチ獲得の裏側とは

2 Comments
カカニスタ22
移籍市場最終日にミランへと加入したアンテ・レビッチ。
その取引内容はアンドレ・シウバとのトレードで、移籍形態は2年間の有償(500万ユーロ)レンタル+2500万ユーロでの買取OPと報じられています。

最序盤を除き鳴かず飛ばすだったアンドレ・シウバと、躍進したフランクフルトの主力であったレビッチの昨季のパフォーマンスを比較すると、等価トレードが成立したことはやはり奇妙に映るわけですが、果たしてアンドレとレビッチとのトレード移籍の背景はどのようなものだったのでしょうか。

スポンサーリンク

ミラン、セリエA最年少チームに

4 Comments
カカニスタ22
現在のネームバリューよりも将来性を重視するという補強戦略の下、今夏はラファエル・レオン(20)、テオ・エルナンデスとベナセル(21)、ドゥアルチ(23)、クルニッチとレビッチ(25)といった若手有望株を次々と獲得。

そうした動きは、早速とあるデータに目に見える変化をもたらしました。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、現在のミランのチーム平均年齢は24歳と125日であり、今季のセリエA最年少チームとなったそうです。



スポンサーリンク

主力選手たちとの契約延長問題

2 Comments
カカニスタ22
今夏の移籍市場が閉幕したわけですが、次にフロントが着手すべき事柄の1つは主力選手たちとの契約延長です。

報道によれば、ミランは目下のところドンナルンマ、ボナベントゥーラ、スソ、カラブリアとの契約延長を狙っているとのことです。

今回は、そんな彼らの現行契約の内容を整理しつつ、契約延長の可能性について考えていこうかなと。

スポンサーリンク

悲運の神童、アレシャンドレ・パトを振り返る

8 Comments
カカニスタ22
ネタ探しをかねてネットサーフィンをしていたところ、興味深い記事を見つけました。




これは『WorldSoccer』というサイトが2007年に掲載したとある記事の内容について、別サイトの『90min』が改めて言及した記事なのですが、その内容とは「50人の若手有望株を選出する」といったもの。

その50人の中で3番目に選出されていたのが、ミラニスタにとっては忘れがたい選手であるアレシャンドレ・パトです。

スポンサーリンク

ミランの夏の移籍まとめ~獲得編~ 【19-20シーズン】

9 Comments
カカニスタ22
今回は、今夏のミランが獲得した選手についてまとめようと思います。

※移籍金等の数字については『Transfermarkt』を参照
※言及対象は主にトップチーム所属の選手のみであり、プリマヴェーラの選手は対象外

スポンサーリンク