Archive2018年12月 1/8

チャルハノール・システム(仮)、遂に誕生か?

〇はじめに SPAL戦に2-1で勝利したミラン。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるこの試合の採点によると、4-3-3の左インサイドハーフで先発出場したハカン・チャルハノールは「6」点だそうです。 おそらくこの試合の彼については賛否分かれると思うんですよね。「シュートを何度も外しやがって!」とフィニッシュの局面を重要視するか、「ボールに良く絡んでいたしアシストも決めた!」と組み立て~崩しの局面を重要...

  •  0
  •  -

【SPAL戦】 ガットゥーゾ「イグアインのゴールはチームにとって極めて重要」

No image

 ミラン対SPALの一戦は、2-1でミランの勝利に終わりました。 試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。「今日のチームパフォーマンスは気に入っている。最近の我々は苦戦していたから簡単ではなかったが、ハードワークして3ポイントを手にすることが出来た。まだまだ成長と改善の余地は残されているが、チームの試合へのアプローチの仕方には満足だ。」「今日のイグアインのゴールは彼個人にとってだけではなく、...

  •  0
  •  -

SPAL戦プレビュー

No image

〇予想スタメン『ガゼッタ・デッロ・スポルト』による、ミラン対SPALにおける予想スタメンは以下の通りです。Expected lineups for Milan-SPAL [Gazzetta dello Sport] pic.twitter.com/y70Cb2MhHf— Milan Eye (@MilanEye) 2018年12月29日 システム;4-3-3GK;ドンナルンマDF;カラブリア サパタ ロマニョーリ リカロドMF;ケシエ バカヨコ チャルハノールFW;スソ イグアイン カスティジェホ 注...

  •  0
  •  -

【SPAL戦】 ガットゥーゾ監督試合前インタビュー

No image

SPALとの1戦を前に、ガットゥーゾ監督は記者会見で以下のように答えました。「ディフェンス面を修正した一方で、今度は点が取れなくなった。大きな失望だ。だが、この失望を出来る限り引きずることなく我々全員が改善に取り組む必要がある。」「選手たちは全力を尽くす必要がある。私のためにではなくね。チームからの信頼を感じるし、私も選手たちのことを考えなければならない。」「私は指揮を続けたいと思っている。良くない時...

  •  0
  •  -

フランチェスコ・グイドリンとは何者か ~偉大な実績とその戦術的特徴~

〇はじめに ガットゥーゾ監督の去就が騒がれ始めてしばらく経ちましたが、メディアはその後任候補として様々な名を挙げています。 ユヴェントス、チェルシー、イタリア代表などを率いた経験を持つコンテや、元アーセナルのベンゲル、ミランOBにしてかつては日本行きも噂されたドナドーニなどなど…。 その中でも、個人的に最も注目しているのがフランチェスコ・グイドリンです。Francesco Guidolin Disiapkan Jadi Pengganti G...

  •  2
  •  -

移籍の噂、情報アップデート;チャルハノール、ボリーニ

No image

〇チャルハノール 低パフォーマンスの続く今シーズンのチャルハノールですが、これにより移籍の噂が過熱してきました。 『カルチョメルカートドットコム』などによれば、ライプツィヒがチャルハノールへの夏からの関心を継続しているとのこと。 一方のレオナルドもチャルハノールを売却対象としており、その値段は2000万ユーロだそうです。 今夏、ライプツィヒは約3000万ユーロのオファーを出して断られているそうです...

  •  0
  •  -

【セリエA18節】 フロジノーネ対ミラン 【マッチレポート】

前後半まとめて解説します。スタメン〇可変システムとその効果 上記のようにミランの基本システムは4-3-3だったわけですが、崩し・フィニッシュの局面においては左ウィングのクトローネが中に絞って4-4-2(厳密にいえばチャルハノールとカスティジェホも内に絞った4-2-2-2)のようになる形が多かったですね。  始めから4-4-2でポジショニングする場合と異なり、クトローネが外から中へと動くことで流動性...

  •  0
  •  -