ローマがスソ獲得に興味を示す?



『Sky』を始めとする各報道によれば、ローマがスソに対し興味を示しているとのこと。

これまでスソへのオファーはなかったとのことでしたが、ここにきて遂に具体的な名前が浮上してきましたね。


とは言え、まだ具体的なアプローチはしていないらしく、現段階では調査に過ぎないとのことです。



これまで何度も書いているように、スソがジャンパオロの下で適応するのはかなり難しいと思いますし、それゆえ手放すという選択肢は十分にアリだとは思います。

ただ、その放出先がローマというのはどうなのかなと。


主力の多数放出などありますが、個人的にローマは来季も4位争いのメインライバルだと思っているので(今夏の移籍市場での結果にもよりますが)、そうしたクラブに渡すには惜しい選手だとも思うんですよね・・・。



スソは弱点も多いですがチャンスクリエイト力にかけては素晴らしいものがありますし、それは今季のミランでも十分に証明してくれました。

下手に下がらせることなく得意なエリア(右サイド深く)でボールを集めてあげれば輝く選手ですし、彼を組織の中に上手くはめ込んで使いこなせれば驚異的です。


今季のガットゥーゾはスソを使いこなすというよりは明らかに依存していましたし、1人でなんでもこなせちゃうわけではないため依存して良いタイプの選手ではないですからね。



ローマの新監督であるフォンセカについて僕はあまり知らないのですが、評判を聞く限りは組織を重視する監督っぽいのでスソを渡すのはかなり怖いですね。

まぁ個人的にイタリア国外からくる監督に対しては基本的に懐疑的なわけですが、ローマの場合は数年前にガルシアという素晴らしい監督を連れてきたこともあり、この人もやってくれるんじゃないかというイメージが強いです(笑)


少し話が逸れましたが、まぁそういうわけでスソの移籍自体には賛成でもローマ移籍はちょっとなーというのが今の率直な感想です。



続いて、スソが移籍する場合の取引形態についてなのですが、ローマ相手の場合一番あり得るのがトレード移籍です。

今報じられているところでは、シック、デフレル、パストーレなどの名前がトレード要員として挙がっていますね。

前者2人についてはジャンパオロの教え子であり、特にシックについては監督が再会を希望しているなんて話も以前ありました。


そしてパストーレですが、できれば7~8年前の彼に来て欲しかったというのが正直なところです(笑)
パレルモにいた頃の彼は本当に輝いていましたからねー。どことなくカカを髣髴とさせるプレーにはときめいたものです(笑)



さて。この3人のうち誰が含まれるとしても、おそらくミランは現金もセットで要求するでしょう。
スソはキャピタルゲインを生み出せる数少ない選手ですからね。ドンナルンマが残留に傾きかけている以上、スソ売却によってキャピタルゲインを得ることはより重要になっています。

問題は、両クラブが各選手にいくらの価値を見出し、そこにズレが生じた際に落としどころを見つけることができるかという点でしょうね。

具体的に、ミランとしてはスソに3000~4000万ユーロの値を付けているみたいですから、その額に相当する選手+移籍金を得られるかに注目ですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/15 23:49 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(8)

ヴェレトゥ争奪戦の結末は?



数週間ほど継続的に報道されているヴェレトゥ獲得の噂。
フィオレンティーナが発表したICCの招集メンバーに彼の名前がないことで、既に移籍自体は確定的な状況となっています。

次なる問題は、ミランへと移籍するのかどうかです。

今回は、彼の移籍情報に関する情報を整理してみたいと思います。



獲得に動いているクラブはミランとローマ

以前はナポリも獲得に動いているとの報道でしたが、今は上記2クラブによる争奪戦となったようです。


フィオレンティーナ側の要求(金銭のみの場合)は2200~2500万ユーロ

当初の要求は2500万ユーロだったそうですが、そこから2200へと下げたという報道もあります。



(金銭のみの場合)ミランのオファーはボーナス込の総額1800万ユーロ、ローマは1800~2000万ユーロ

報道により多少のズレはありますが、大体はこの額。いずれにせよ提示額はローマの方が高いようですが、両者ともにフィオレンティーナの要求額は満たしていません。



選手を含めたオファーの場合、ミランはビリアを、ローマはデフレルを提示

両者ともにフィオレンティーナから評価されており、またビリアに関しては監督であるモンテッラが相当気に入っているとか。

ただし、ビリアの現在の年俸(350万ユーロ)がフィオレンティーナにとっては過大であるため、年俸の調整は必要になるでしょうね(一部をミランが負担する形に?)。



ヴェレトゥ本人はミラン移籍を希望

ただしローマ側の方が年俸は高いようですし、ヴェレトゥがどれほどミランに拘っているのかは不明です。



こんなところですかね。

つまり移籍金も年俸もローマ側の提示の方が上回っているようなので、現状は若干ローマの方が有利といったところでしょうか。

個人的に、当初はそこまで肯定的ではなかったのですが、ここまで引っ張った以上はミランに来てほしいですかね。戦力になることは間違いないですしね。



ちなみに、ヴェレトゥ獲得に失敗した場合に備え、ミランはメキシコのモンテレイに所属するMFロドルフォ・ピサーロの獲得を考えているとのこと。

彼には800万ユーロでのバイアウト条項があるらしいので、お手頃な値段で獲得出来得る選手ではありますね。



おそらく今週中には決まるであろう(決まって欲しい)ヴェレトゥの移籍先。
果たしてミランになるのかローマになるのか、注目ですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/14 14:16 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(6)

ジャンパオロ・ミランの暫定スカッドについて 【後編】



前回の続きです。一応もう一度スタメン予想&編成図を貼っておきます。

ジャンパオロミランスタメン暫定版



アンカー

こことインサイドハーフは予想が難しいというか、現時点では補強も放出もまだ十分には進んでいないためかなり未知数なポジションですね。
現有戦力の中で最も「無難」な選択肢はビリアなわけですが、連日報じられる移籍報道(というよりヴェレトゥとのトレードの噂)を見るに、ジャンパオロはあまり彼を評価していなさそうですね。

というわけで、既にクラブ間合意を果たしているベナセルが順調に加入してくれれば、編成バランス的に彼がアンカーポジションのファーストチョイスになるのではないかと。


個人的に、ベナセルはインサイドハーフ(ボールの運び屋)としてもアンカー(レジスタ役)としても将来有望な選手だと思っているのですが、現時点で言えば前者の方が得意なのかなーという気がするんですけどね。

まぁ今季中盤戦以降は主にアンカーでプレーしていましたし、そのポジションでの抵抗はないはずですので期待は十分です。


ジャンパオロが彼をレジスタとして覚醒させてくれれば、本当に面白いチームになると思いますよ。楽しみです。



それと、スタメン予想図ではチャルハノールをアンカーポジションのセカンドチョイスとしているのですが、これについては後述します。



右インサイドハーフ

まず右なのですが、こちらはヴェレトゥが加入した場合は彼がレギュラーとなるのではないかなと。

ヴェレトゥの持ち味は何といっても正確なキック精度と運動量を活かした上下動ですから、チームに質と量をもたらしてくれるでしょうね。

また、ヴェレトゥをアンカー起用するという案もあるらしいですが、個人的にはあまり賛同できません(レジスタタイプではないと感じるため)。


ヴェレトゥ(ないし他の新加入選手)が来ない場合は、消去法でケシエになるかもしくはクルニッチを右に回すかですかね。

クルニッチは左でプレーしている印象が強いのでそっちでの起用がメインだとは思うのですが、ケシエの適応度によっては彼が右インサイドハーフを務める可能性もあるかなと。


ケシエはチーム戦術にフィットしますかね?
個人的に足元の技術自体はそんなに低くないと思っているので、後は判断とポジショニングの酷さをどうにか改善できれば貴重な存在になれるのではと考えています。

まぁそれなりのオファーが届けば、放出するというのも十分にアリだと思いますけどね。



左インサイドハーフ

新加入のクルニッチに加え、チャルハノールとボナベントゥーラ、そして場合によってはパケタもここに割り込んでくる可能性があるというもの凄い激戦区です。

一応スタメン予想はクルニッチとしたのですが、これには主に2つ理由がありまして、まずボナベントゥーラが8~9カ月間のブランクからどの程度コンディションを取り戻せるか未知数であるというもの。取り戻せればレギュラー最有力ではあるんですけどね。

そしてもう1つはチャルハノールを、果たしてどのポジションで起用しようとしているのかがイマイチ読み切れないというものです。


ベナセルを獲得してもビリアが移籍するのであれば、アンカーポジションを務められるのはベナセル1人(ヴェレトゥを含めれば2人ではありますが)。つまり明らかに層が薄いんですよね。

ですので、このアンカーポジションにチャルハノールを起用できるようにするプランがジャンパオロの中にはあるのではないかと。


チャルハノールアンカー案については何度か報道でも示唆されていますから、決して突拍子もない話ではありませんし、能力的にも見込みはあります。

チャルハノールのアンカー起用の目処が立てば編成バランス的にも良くなりますし、できれば実現してほしいなぁなんて思っています



トップ下

「パケタで不動です、はい終わり」とあっさり締めたいところなんですがそうもいかず(笑)
報道によればスソをトップ下で起用する案があるらしく、その場合パケタは左インサイドハーフに回されることになるとか。


ジャンパオロのトップ下は役割が多岐にわたっており、例えば下がってパスを引き出す、もしくは裏に抜けてパスを引き出す、他にも中盤・SBとトライアングルないし菱形を作って相手ブロックを崩しにかかるなど、とにかく流動的に動いて中盤と前線を繋げる必要があります。

また、守備にも精力的に動く必要がありますから(サイドへ誘導したボールをインサイドハーフやSBと協力して奪いにかかるなど)、どう考えてもスソ(固定的なポジショニング、守備は緩く意識も低い)では適応は難しいんじゃないかと思うんですけどね。


もちろんフィットすればそれで良いんですが、なまじ彼のチャンスクリエイト力は凄まじいため、チーム戦術にフィットしないまま個人技で得点に絡んでなぁなぁでシーズンが進んでいくといった事態だけは避けて欲しいですね。


ちなみに何度か書いた気もするんですが、パケタ欠場の場合の代役はボナベントゥーラとかが面白いと思います。



2トップ

ピョンテクは不動。残るスタメン一枠をクトローネとアンドレ・シウバが争うという構図です。ここは中盤と比べたら遥かにシンプルですね(笑)

スソやカスティジェホ、ボリーニがここで起用される可能性もなくはないでしょうが、優先度は低いはずです。


とりあえずスタメン予想は、報道曰くジャンパオロの評価が上がっているらしいクトローネとしましたが、どちらがスタメンの座を射止めるかは微妙なところ。能力的には(ピョンテクとの相性を考えた場合)アンドレかなーと思いますが、心情的にはクトローネ派です(笑)


また、2人とも移籍の噂が未だ消えておらず、FWの補強の可能性についても取り沙汰されているため、まだまだ油断のならないポジションであることは中盤と変わらないですね。



まとめ


さて。ここまで2回に渡って長々と書かせていただきましたが、少し情報を整理しようと思います。

まず、現時点で残留・スタメン・ポジションが全て決定的なのがロマニョーリピョンテクの2人。

上記の3つの要素の内2つ決定的なのがドンナルンマ(残留以外)、パケタ(ポジション以外)、カラブリアコンティ(スタメン以外)の4人。


続いて各ポジションにおける今後の注目ポイントについて。

GKは、何といってもドンナルンマの去就。残留の場合はプリッツァーリがどうなるか。移籍の場合は新GKの加入はあるのか。


CBは、「4人目のCBは誰になるのか」という点。レギュラークラスの選手を多少無理してでも獲るのか、バックアッパー止まりの選手を格安で獲るのか。はたまたプリマから昇格させるのか。


SBは、ラクサールとロドリゲスの去就。そして今季は不振に終わったコンティとストリニッチの復調の有無。


アンカーは、ビリアの去就と、チャルハノールのアンカーへのコンバートはあり得るかという点。そしてベナセルが獲れるかというのももちろん注目。


インサイドハーフは、ボナベントゥーラのコンディション回復の具合とケシエの去就。残留の場合はジャンパオロの戦術に適応できるか。そしてヴェレトゥが獲れるかというのももちろん注目。


トップ下は、パケタとスソのどちらを主軸に据えるのか。パケタなら何の問題もないが、スソならジャンパオロの戦術に適応できるか。


2トップは、クトローネとアンドレ・シウバのどちらがよりジャンパオロにアピールできるか。新FWの加入はあるのか。あるなら上記2人の去就はどうなるのか。



こんなところでしょうか。

今後移籍市場は更に活発になるでしょうし、そして練習では戦術を落とし込んでいく過程で選手の「選別」が行われていくでしょう。

来シーズンに向けてのこの重要な時期、チームには万全の準備をしていただきたいところです。


最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/13 08:00 ] クラブ | TB(-) | CM(4)

ジャンパオロ・ミランの暫定スカッドについて 【前編】


練習が始まり、いよいよ来季に向け始動したジャンパオロ・ミラン。

補強に関しても着々と進んでおり、本記事執筆時点ではテオ・エルナンデス、クルニッチの獲得が正式発表されました。

また、中盤についてはベナセルとヴェレトゥを明確なターゲットとして獲得に動いているとのことで、明確な補強ポイントでかつ獲得候補が具体的に定まっていないのはCBのみとなりました。

スカッドも固まりつつあるといえそうです。


さて、そんな今回は、現時点において予想される各ポジションの編成について整理していこうかなと。

もちろん獲得も放出も完了していない状況ですし、また練習における各選手の戦術の習熟度に応じて序列やポジションが流動的に変化していくことは十分に考えられますので、あくまで現段階における僕の見解に基づく暫定的な編成(と予想スタメン)であることを念頭に置いて読んでいただけると幸いです。

ですので、チームの状況の変化の度合いによってはまたすぐに同様の記事を書くことになるかもしれませんね。



予想スタメン

まず、現時点での(僕の思う)予想スタメンと編成は以下の通りです。

ジャンパオロミランスタメン暫定版


ポジションごとに見ていきましょう。

GK

このままドンナルンマが残留してくれるのであれば、疑いようのない編成です。
控えにはレイナがいるという盤石の体制ですね。



CB

ロマニョーリは不動。その相棒がどうなるかというのが今後のポイントです。
カルダーラが長期離脱から復帰し、コンディションを取り戻せばおそらくロマニョーリ―カルダーラコンビが誕生するのでしょうが、現時点ではムサッキオが妥当なところでしょう。

また、4人目のCBが誰になるのかという点にも注目ですね。
噂されるところによると、リヴァプールのロブレン、フィオレンティーナのペッセッラ辺りが今はホットな名前ですが、どちらも高額(2000万ユーロ~)であり、現実味はあまりないですね。



左SB

左はテオ・エルナンデスがファーストチョイス。優先順位の低いポジションながら、彼の獲得に2000万ユーロを費やした点からも、彼に寄せる期待の大きさが表れています。

しかし、その控えについて現状は何とも言えないですね。ロドリゲス、ラクサールはいずれも放出の噂や移籍先候補の名が具体的に報じられていますし、どちらを残すか、はたまた両者ともに放出するのかは読めません。

両者を放出する場合はストリニッチがセカンドチョイスになるわけですが、彼はそもそも戦力として計算できるか現状は未知数ですからね。



右SB


今季のパフォーマンスを評価基準に考えるとカラブリアが間違いなくファーストチョイスになるでしょう。

ただし、コンティが大怪我前のコンディションを取り戻せば話は別ですけどね。

4-3-1-2はSBの働きが機能性に大きく影響するフォーメーションであり、それはカフーがいた頃のミランやインテル3冠時代のマイコンといったカンピオーネがいた4-3-1-2のチームがどれだけ強かったかを思い出せば明らかです。


アタランタ時代のコンティのキレキレっぷりは未だ記憶に新しいですし、あの頃の彼が戻ってくればサイド攻撃の厚みは格段に増しますからね。

是非とも彼にはパフォーマンスを上げてもらい、ジャンパオロを悩ませてほしいものです。



次回に続きます(本日午前8時投稿予定)。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/12 23:59 ] クラブ | TB(-) | CM(4)

Grazie di cuore



お礼


先日の記事で、いただいた「拍手」の数が通算で1000を突破しました。

bandicam 2019-07-11 18-48-19-441


読者の皆さまにはこの場を借りて深く感謝申し上げます。


有り体に言うと、滅茶苦茶嬉しいです(笑)
2016年の3月から開始した当ブログですが、当初は定期的に冬眠を繰り返して碌に機能していなかったんですよね。

実際、2016年3月~2018年8月までの記事投稿数は62。前回が577記事目でしたので、如何に最初の2年半で投稿した記事が少なかったかがよくわかります(笑)


というわけで2018年9月から本格的にスタートしたといっても過言ではないのですが、今では多くの方に閲覧やコメントをいただけるようになり、大変嬉しく思っております。


プライベートに応じて多少の変動はあるとは思うのですが、原則「1日1記事」ペースを目標にこれからも続けさせていただく予定です。

少なくともミランが再びスクデットとビッグイヤーを獲得するまでブログは止めません(笑)
つまり最短でもあと2年は続きます(笑)



あ、それと最後になりますが、もし記事内容について何らかの要望をお持ちでしたら、ぜひぜひリクエストしてくださると嬉しいです。
特にオフシーズン中はネタも少ないので助かります(笑)

ただ、僕の知識量は歴戦のミラニスタの方に比べたら微々たるものですし、内容によってはお応えできない場合もあると思うので、その点に関してはご了承くださいませ…。


では今回はこの辺で。

今後ともよろしくお願いいたします!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/07/11 19:30 ] その他 | TB(-) | CM(16)