アッレグリ退任とその影響



※今日明日と滅茶苦茶忙しいのであっさり目の記事でいきます。すみません…。


昨日、ユヴェントスがアッレグリ監督の退任を発表しました。

以前から彼の去就については騒がれていたものの、一部報道を除けば残留が有力視されていただけに驚きでしたね。


彼はセリエA5連覇を始めユーヴェで数々の素晴らしい実績を残してきただけに、この退任にショックを受けるサポーターが多いのは尤もだと思います。


しかし、個人的な見解を述べさせてもらうと、昨年辺りから試合内容についてはそこまで良いとは思えませんでしたし、チームのサイクル的にはこの辺で監督を代えるというのは正しい判断だったんじゃないかなーと思いますね。



…で、ここからが本題なのですが、報道によるとフリーとなったアッレグリに対し早くも多くのクラブが関心を寄せているとのことです。

どうやらPSGやバイエルン、スパーズなどプレミアの強豪クラブ勢、インテルといったクラブが新天地候補だとか。


そして、今後のアッレグリの動向次第ではミランにも影響が及ぶかもしれません。


その一例ですが、プレミアの強豪クラブであるチェルシーがアッレグリ招聘に動くとすれば、現チェルシー監督であるサッリの解任もあり得ない話ではなくなります。


報道ではアブラモビッチオーナーがサッリに満足していないらしいですし、アッレグリがフリーになった今招聘に動いても不思議ではありません(報道が事実だとすれば)。


そして、サッリと言えばミランが新監督候補として最も関心を寄せているように思われる人物です。

先日も、サッリとロンドンで会談を設けたなんて話もありましたしね。


このように、アッレグリが次に指揮する場所によってミランも恩恵を受けられるかもしれません。


しかし一方で、アッレグリ退任により新監督を探す必要のあるユーヴェがミランの新監督候補と契約を結ぶ可能性もあります。

上記のサッリにしても、ユーヴェと交渉を開始したなんて話もありますしね。


そうなるとミランとしては、ただでさえ難しい新監督選びが更に混迷を極め、ともすればガットゥーゾ監督の続投なんていうのもあり得ない話ではなくなります・・・。



まぁそうは言ってもユーヴェ側、アッレグリ側の今後の動きはまだ不透明ですし、そもそもミラン側のスタンスも未だ明確ではありません。


今シーズン最終節を迎える来週・再来週には今よりも確かな報道がなされるでしょうし、今後も注目していきたいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/18 23:41 ] 監督情報 | TB(-) | CM(2)

フロジノーネ戦プレビュー




今回は、日本時間で20日の深夜1時に行われるフロジノーネ戦のプレビューを行いたいと思います。

ですが正直アタランタとインテルの結果の方が気になって仕方がありません(笑)


ミランとしては勝てなきゃCL権獲得の目標は潰えるわけで、その点においてフロジノーネ戦も決して軽視はできないわけですが、彼ら2チームが今節勝ったらもう絶望的ですからね。



予想スタメン



システム;4-3ー3

GK;ドンナルンマ

DF;アバーテ ムサッキオ ロマニョーリ ロドリゲス

MF;ケシエ バカヨコ チャルハノール

FW;スソ ピョンテク ボリーニ


前節と同じメンバー。

特にいうことはないですね(笑)
これで良いと思います。



直近成績

ミラン;2勝1分2敗 4得点 5失点
フロジノーネ;0勝1分4敗 4得点 11失点




フロジノーネは5戦勝ち無し、しかも直近3戦全てで2失点以上を喫しています。

なお、両者の直接対決の結果は3戦でミランの1勝2分です。



試合展開・結果予想

ホームのミランがポゼッションする展開になるのは間違いないでしょう。

ただフロジノーネの試合を最後に観たのは3月頃ですし、彼らのスタイルが極端に変わってないこと前提ですけどね。大丈夫ですよね?笑


当時の試合(確かエンポリ戦)では前プレからのリトリート(5-3ブロック)でしたが、おそらく今回はローラインブロックでガチガチに引いて守ってくると思われます。

ですので、今回もまたライン間で受けられるチャルハノールと、ファイナルサードで決定的な仕事が出来るスソのパフォーマンスが試合のカギを握ることになるでしょうね。


後は早い段階(遅くとも前半の終盤まで)に点が欲しいですね。今のミランは攻めあぐねると途端にポジショニングが前掛かりになってバランスを崩しますからね。

スソが中央に常駐、ケシエが無鉄砲に前線に突撃し始めたら危険な兆候です(笑)



守備に関してはあまり心配していませんが、多分かなりの頻度で放り込んでくると思うのでそれだけは気を付けたいですね。

後は危険な位置でボールを奪われないだとか、そういう基本中の基本を順守すれば無失点には抑えられると思います。


最後に結果予想ですが、順当にいけば2-0位で勝利かなと。

勝てなきゃもう知りません(笑)



さて。ユーヴェ対アタランタ、ナポリ対インテルといったCL権争いを決定づけるビッグマッチが行われる今節。

ミランとしては確実に勝利を収めてCL権争いに生き残り、彼らの試合の結末を見届けたいですね。


Forza Milan!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/17 18:00 ] 試合 プレビュー | TB(-) | CM(0)

主力選手たちの去就について



赤字&FFP問題への対応のため主力放出の必要性に迫られていると報じられているミラン。

CL権獲得による収益増が見込めなくなった場合、更にその必要性は高まります。


報道によると、その放出対象はドンナルンマ、ロマニョーリ、スソ、チャルハノール、ケシエなど複数いるようです。


この中でも、僕の知る限り移籍先候補の具体的なチーム名まで出ているのがドンナルンマとチャルハノールの2人。


ドンナルンマは最近またPSGからの関心が噂されており、大体5000万ユーロほどの移籍金だとか。


ミラン期待の若手GKプリッツァーリとの契約延長に成功したことや、2ndGKレイナがハイパフォーマンスを維持していることを考慮すると、財政難により放出する可能性も決して否定はできないかなーと。

高額年俸が浮くのも財政的には大きいですしね。


まぁでも感情的には非常に強い抵抗を覚えますけどね。
今季も彼のビッグセーブには何度も救われてきましたし、何より下部組織出身の将来的なバンディエラ候補。


今後アッズーリの正GKとして何年も君臨し続けることになるでしょうし、そういう選手を抱えておくことはチームのブランド力向上にも繋がるでしょうしね。



一方、チャルハノールは引き続きライプツィヒからの関心や、プレミア方面からの興味が噂されています。


当ブログの常連さんであれば、僕がこの移籍に反対すると思われるでしょう。

はい、実際のところ反対です(笑)



ただ、上記に挙げた選手たちの中では最も売りに出されそうな予感はしますね。

ロマニョーリ放出はないでしょうし、スソとケシエは買い手がつくか微妙ですしね。

今季はゴール・アシスト数が少ないというのも、彼の売却を後押しし得るデータかもしれません。


ですが今季の運動量を維持しつつ、かつてのキック精度を取り戻せば鬼に金棒ですし、個人的にはもう一年だけでも様子を見ても良いんじゃないかと。

来季の指揮官によっては大化けしますよ多分。



おわりに

CL権の有無によっては、補強戦略もとい主力選手放出の数や対象は間違いなく変わってくるでしょうし、とにかく何としても4位以内フィニッシュを果たしてほしいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/16 22:41 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(4)

然るベテラン達の去就



昨日、ローマの象徴的選手であるデ・ロッシの退団が発表されました。

衝撃でしたね。
正直彼はローマで引退するものだとばかり思っていましたし、実力的には今なおセリエAで十分に通用するものをもっていました。

ただ今季も怪我による離脱が多かったですし、実力は維持できていてもコンディション調整が厳しくなってしまったんでしょうかね。ミランでいうとネスタと同様の状況ですかね。


ミランのライバルクラブの1つであるローマの名選手ですし、当然敵としては厄介極まりない選手だったわけですが、これほどの名選手がセリエAを去る(移籍先は未明ですが、国内移籍はほぼ間違いなくないでしょう)というのはやはり悲しいですね。

Jリーグに移籍するなんて話もありますがどうなんでしょうか。

僕の贔屓のクラブに来てくれたら絶対に観に行きますけどね(笑)


いずれにせよ、これまでセリエAを大いに盛り上げてくれた彼には感謝したいですね。

お疲れ様でした。



〇退団は決定的か

所変わってミランの話。


現ミランの古株であるアバーテ、サパタの2人ですが、移籍(契約満了)の可能性が日に日に高まっているように感じます。

先日の『ガゼッタ』によれば、サパタとの延長交渉は決裂し、移籍は決定的だとか。

以前この件について言及したときも書いたと思いますが、どうやらその理由は延長期間の不一致(ミラン側は単年契約、サパタ側は複数年契約を希望)だそうですね。



アバーテとの延長交渉の噂も一切聞かないですし、それどころか彼ら2人を含む計5人(残りはモントリーボ、ベルトラッチ、マウリ)との契約満了を予想する報道が目立ちます。


後者3人については一向に構いませんが、前者2人は残してほしいんですけどね…。

アバーテなんか今でもセリエAに余裕で通用していますしね。守備に関してはセリエA有数のSBですよ。

サパタもピッチ内外で計算できる選手です。


まぁ年齢的に来季も同様のプレーができるかは未知数ですし、若手路線に舵を切った今、ベテランとの複数年契約を渋る理由もわからなくはないんですけどね。

昔と今ではチーム事情がまるで違いますし、若手路線が間違っているとも思いませんし。



ですが、それでもミランというのは経験豊富なベテラン(おじさん集団と揶揄されることもありましたが笑)と共に数多くのタイトルを勝ち取ってきたクラブである(少なくとも僕の知るミランは)という認識が強いだけに、どうにもベテランを軽視することになりそうな今後のチーム戦略には違和感を覚えてしまいますね



……なんか思うがまま書きなぐっていたら非常にとりとめのない文章になりました(笑)

とりあえず僕が一番言いたいのは、せめてアバーテとは延長してくださいということです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/15 21:54 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

ミランのCL権獲得の可能性は?

早いもので、今シーズンのセリエAは残り2試合を残すのみとなりました。

1位と2位は既に決まっているものの、CL圏内となる3・4位は未だ数チームにより争われています。


37節終了時点における3位から6位のチームと勝ち点は以下のようになっています。

3位 インテル 66
4位 アタランタ 65
5位 ミラン 62
6位 ローマ 62




今回は、ライバルチームの残りの対戦相手について言及しつつ、ミランの逆転4位フィニッシュの可能性について探っていこうかなと。


ローマ→サッスオーロ(A)、パルマ(H)

比較的楽な対戦相手です(※「A」はアウェー、「H」はホームでの試合という意味)。

最近のサッスオーロは引き分けが多く、最近では絶不調ヴィオラや最下位キエーヴォ辺りにしか勝てていません。
プレースタイル的にもローマにとっては御しやすい相手でしょう。


パルマも同様に引き分けが多い。ただ彼らは場合によっては最終節まで残留が決定できず、最終節ではモチベーションマックスで挑んでくる可能性もありますね。



まぁいずれにせよ、ミランが全勝するという前提であればローマの結果は気にする必要はありません。

直接対決の結果でミランがローマに勝ち越している以上、ミランが全勝すれば抜かれることはないですからね(ミラン、ローマ、もう1チームの計3チームが同一勝ち点で並んだ場合も同様)。



ミラン→フロジノーネ(H)、SPAL(A)

以前既に言及しているため割愛。

4位フィニッシュには全勝が絶対条件になるでしょうね。

今回もミランが全勝であることを前提に話を進めています。



アタランタ→ユヴェントス(A)、サッスオーロ(H)

とにもかくにもアウェーのユヴェントス戦。これに尽きます。

水曜日にコッパ・イタリア決勝を戦う彼らは中3日でこの試合を迎えることになり、体力的には相当厳しいはず。

それに加えて相手はアウェーのユーヴェです。現在絶好調のアタランタが落とすとしたらココしかないでしょう。


しかし問題はユーヴェの調子がすこぶる悪いこと。ミランとしてはアタランタには最低でも勝ち点3を落としてもらう必要があるわけで、となればユーヴェには勝ってもらう必要があります(サッスオーロには勝つでしょうからね)。

ただ引き分けならまだしも、勝利を収められるかはかなり微妙と言わざるを得ないですね…。
何とか頑張って欲しいところです。



インテル→ナポリ(A)、エンポリ(H)

既に2位を確定しているナポリですが、今季最後のサン・パオロでの試合ですしモチベーションはそこそこあるはず。

そしてエンポリ。彼らは中々の曲者でして、直近の2戦で連勝を収め残留争いを非常に激しいものにしています(現在18位と降格圏内ですが、17位ジェノア、16位ウディネーゼとはそれぞれ勝ち点1、2差)。


彼らの残り試合はトリノ、インテルという強敵ですが、最終節まで残留の可能性を残せば最高のモチベーションでインテル戦を迎えることになりますね。

まぁモチベーションの高さはインテルも同様でしょうし、ホームですからインテル有利であることに変わりはないでしょう。


そして彼らは残り2戦で1勝できれば4位以上確定ですからね。ミランが彼らを追い抜くには最低でも勝ち点5を失ってもらう必要があるわけですが、正直あまり現実的ではないですね。



現実的なシナリオは…


こうして見ていくと、カギになる試合はやはりユヴェントス―アタランタかなと。

ここでユヴェントスが勝ち、ミランも勝てばアタランタと同勝ち点となり、直接対決の結果によりミランが4位に浮上できます。


しかしなんですが、ここで問題となり得る状況が1つ。それはミラン、アタランタ、そしてインテルが同勝ち点で並んだ場合です。


例えば、残りの2戦をミラン2勝、アタランタ1勝1敗、インテル2分で終えたとします。

その場合勝ち点は「68」で3チームが仲良く横並びとなるわけですが、そうなると順位決定方法は「3チーム間での直接対決の結果」となります。

ミランは他2チームに対し1勝1分2敗、アタランタは1勝2分1敗、インテルは2勝1分1敗です。


つまり、この場合ミランが5位となります…。


以上のことから考えると、最もシンプルかつ現実的な4位フィニッシュのシナリオはインテルとユーヴェに勝ってもらい、ミランがアタランタのみ(ローマと並んでも可)と同勝ち点で並ぶといったところでしょうか。


と言うわけで、ミラニスタの皆さんは次節だけはユヴェンティーノにもなりましょう(笑)

そしてユーヴェが勝ってくれたらインテリスタにもなりましょう(笑)



それでは今回はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/14 18:00 ] 他クラブ | TB(-) | CM(2)