ケシエにPSGと中国クラブが興味?


ミランの今シーズンは低調なスタートではあったが、最近はペースを上げてきている。
そしてイグアイン、スソと共に良いパフォーマンスを発揮しているのがフランク・ケシエだ。

『トゥットメルカートウェブ』によれば、PSGと中国の北京国安がケシエを非常に気に入っており、関心を示しているという。
また。北京国安は既に年俸1000万ユーロを用意しているとの報道もある。


情報ソース;calciomercato.com




やはりケシエのような有望な選手にはこうした噂が出てきますね。
両クラブともに資金は潤沢でしょうし、高額オファーは可能でしょう。

ですが現時点ではそこまで気にする必要はないかなと。ケシエが以前から好きなクラブだと公言しているユナイテッドの噂が出て来たら焦りますけどね(笑)

ちなみに北京国安の監督は、元レバークーゼン監督のロジャー・シュミットらしいですね。
確かに彼の志向するインテンシティの高いサッカーとケシエの親和性は高そうですが…。



にほんブログ村

[ 2018/10/19 14:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

モントリーボにモンツァ移籍の可能性?



ミランのMFモントリーボが、ベルルスコーニ、ガッリアーニのいるモンツァへの移籍が近づいていると報じられた。

彼はミランの元キャプテン(ロマニョーリとボヌッチの前任)だが、ガットゥーゾ監督からは冷遇されている。
最近はユース年代の選手たちとトレーニングしており、移籍が噂されている。

『カルチョメルカート』によれば、モントリーボはモンツァ移籍という選択肢を検討しているという。理由の1つには、ベルルスコーニとガッリアーニの存在がある。
とは言え、ひとまずは状況を静観し、モンツァがセリエBに昇格するクオリティがあるかを知ろうとするだろう。

なお、モントリーボの契約は来年の夏に満了となる。


情報ソース;calciomercato.com





にほんブログ村

[ 2018/10/17 18:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ミラン移籍が噂されるイブラ、ユナイテッド復帰の可能性も?



『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミランはゴンサロ・イグアインのバックアッパーとしてイブラヒモビッチとの契約を目指している。また、年俸の400万ユーロについてもミランにとっては十分に支払えるものだ。

しかしながらミランは既に3500万ユーロでルーカス・パケタを獲得しているため、レオナルドはFFPによる制裁を避けられるかどうかを認識する必要がある。

また『デイリー・ミラー』は、イブラがマンチェスター・ユナイテッドへ帰還する可能性があると報じている。

彼は恩師のジョゼ・モウリーニョを苦境から助けたいと考えており、両者が今なお良好な関係を築いていることは最近のコメントを見ればわかる。

「モウリーニョは勝者だ。勝つための全てを備えている。」

「彼はフットボールを理解しており、試合だけでなく選手の心も操ることができる。インテル時代の彼は選手に200%のプレーをさせた。しかしクラブのためにではなく、彼自身のためにだ。」


情報ソース;calciomercato.com




いくらなんでもユナイテッド復帰はないでしょうし、移籍するとしたらミランか古巣のマルメのどちらかでしょうね。

僕は重度のイブラファンなので、やっぱりミランに戻って来てほしいなぁと思います。
以前在籍していた頃よりフィジカル的に劣っていることは百も承知ですが、かつての理不尽ゴールがまた観たいです。



にほんブログ村


[ 2018/10/13 19:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ミラン、アヤックスのデ・リフト獲得レースに参戦か



『カルチョメルカート』によると、ミランとローマがアヤックスのスター、デ・リフトの獲得レースに参戦したという。

選手の代理人であるミーノ・ライオラは既にユヴェントス、バルセロナと彼について話しているが、ミランとローマも関心を示している。

デ・リフトは今夏、クラブのトレーニング施設を訪ねた際にユヴェントスからオファーを受けていた。
ユーベは彼をベナティアの後継者として考え、アヤックスとの交渉に臨んだ。しかし、アヤックスは5000万ユーロ以下での放出を認めず、交渉は決裂していた。

そして上記のソースによれば、ミランとローマもまた今夏にライオラとの会談を設け、デ・リフト移籍の可能性について前向きな返事をもらったようだ。


情報ソース;calciomercato.com




デ・リフトというと、ビルドアップ能力に極めて優れた選手という印象ですね。現代サッカーにおける理想的なCBではないでしょうか。
シティやバルサ、ユーベといったクラブが狙っているというのも頷けます。

ただ今のミランにはロマニョーリ、カルダーラという比較的若く伸びしろのあるCBがいますし、値段も高額なので優先順位はそれほど高くはなさそうですね。



にほんブログ村

[ 2018/10/13 10:30 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ラムジー獲得の鍵はガジディスか



アーセナル所属のアーロン・ラムジーはクラブとの契約交渉が上手くいかないため、移籍する準備ができていると報じられている。

また、彼を狙うクラブも多い。チェルシー、リヴァプール、ラツィオ、インテル、そしてミランもその1つだ。

ミランの新CEOであるイヴァン・ガジディスはラムジーとのコネクションがある。
また、『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、既にラムジーの代理人とコンタクトを取り、両者は交渉にあたっているという。

情報ソース;calciomercato.com



今のポジションと役割でいうと、ちょうどボナベンの位置に完璧にフィットしそうな気がします。

まぁ年俸の要求額が凄く高いらしいので、あまり現実的ではありませんね…。



にほんブログ村


[ 2018/10/12 18:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ミランとルーカス・パケタとの合意を各紙が報道!



ミランとフラメンゴのルーカス・パケタの契約は完了し、冬の移籍市場でミランに加わるだろう。

ミランのメディカルスタッフがリオ・デ・ジャネイロの病院にて検査を行い、その後契約を結ぶことになる。
バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドの2クラブにも強い関心が噂されていたが、彼との契約を逃すこととなった。

詳細はこうだ。レオナルドは3500万ユーロにボーナスを加えた額を提示し、ここ2週間で取引を完了させた。
また、パケタ個人とは5年契約を結ぶことになりそうだ。


情報ソース;calciomercato.com




前回の記事投稿の直後に続報が来ていたとは…。完全に乗り遅れました(笑)

それはともかく…これは非常に嬉しいですね。
ミランに欠けていた中盤にクオリティをもたらしてくれる選手ですし、何よりブラジル人スターというのが期待を煽りますね。

カカやパトの活躍ぶりを想起している方も多いのではないでしょうか。少なくとも僕はそうです(笑)

それにしても…パケタには5000万ユーロの契約解除条項があったらしいですが、それよりも格安の価格で獲るとは…レオナルド凄すぎますね。



にほんブログ村


[ 2018/10/11 06:30 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ミラン、ルーカス・パケタ獲得に近づく?



21歳のルーカス・パケタは、早くもヨーロッパのビッグクラブへと飛躍する準備が整ったのかもしれない。

ここ数週間でバルセロナ、リヴァプール、PSGといったクラブからの関心が報道されていたが、どうやらミランがパケタ獲得に決定的な一歩を踏み出したようだ。

『Globoesporte』によれば、ミランとPSGが同選手に対し、3500万ユーロにボーナスを加えたオファーを提示したという。

この獲得レースはミランが優勢なようである。理由は彼らの優れた交渉と、出場機会の確保がPSGよりも容易なためである。
また、交渉にはレオナルドTD自身が臨んでいる。

しかもこのブラジルの情報ソースによれば、パケタは今週にもミラン移籍に向けたメディカルチェックを実施するという。


情報ソース;calciomercato.com




いやーワクワクしますね。
まだ喜ぶのは早いですが、期待して続報を待ちたいと思います。

パケタのプレースタイル動画についてはコチラの記事で紹介していますので、もしよろしければご覧ください。



にほんブログ村


[ 2018/10/10 21:30 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

プレミアの2クラブがムサッキオ獲得に興味



『カルチョメルカート』によれば、プレミアリーグのワトフォードとフラムが、ミランのムサッキオとの契約に興味を示しているとのことだ。

ムサッキオは2017年の夏にビジャレアルからミランに加入。それ以降、公式戦29試合に出場しているが、当初期待されていたほどのパフォーマンスは未だ見せられていない。

フラムは今年の夏にもムサッキオにオファーを出していたが断られていたという。しかし、苦戦しているバックラインの強化を目指しているため、彼への興味を失っていない。

ワトフォードはビジャレアル時代からムサッキオを注視しており、1月にもオファーを出す可能性がある。

一方で、ミランはムサッキオを手放す気はなく、ガットゥーゾも彼を重要な歯車の1つと考えている。


情報ソース;calciomercato.com




昨季は出番の少なかったムサッキオですが、今季はここまでリーグ戦全試合フル出場とチームの主力としてプレーしています。少なくとも1月の放出はないでしょうね。

それにしても、下位チームであろうと数千万ユーロをポンと出せるプレミアリーグは本当に凄いですよね…。



にほんブログ村


[ 2018/10/10 14:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ユナイテッド、ロマニョーリに興味?


『ESPN』によると、モウリーニョはクラブに若いセンターバックの獲得を要望したようだ。具体的にはミランのロマニョーリ、インテルのシュクリニアルに興味を抱いているという。

だが、その他の獲得候補も忘れてはならない。ゴディン、ボアテング、アルデルヴァイレルトは前回の移籍市場でユナイテッドが狙っていた選手だ。


情報ソース;calciomercato.com




ユナイテッドがCBを探しているのは間違いないでしょうが、実際にロマニョーリを狙うかはまだわかりませんね。

……他の選手を獲得してください(笑)



にほんブログ村
[ 2018/10/09 10:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

ミラン、ローマMFペッレグリーニにオファーを出していた?



ロレンツォ・ペッレグリーニはセリエAで最も有望な若手と広く認知されている。
サッスオーロで2年間プレーした後、ローマが買い戻しオプションを行使して獲得した。
昨季、彼は37試合に出場して3ゴールを記録した。

ローマで2シーズン目を迎えたペッレグリーニだが、もしかしたら状況は大きく変わっていたかもしれない。
実際、今夏ミランが彼をサンシーロへと連れて来ようと試みていたのだ。
レオナルドはローマにオファーを出していたが、断られてしまった。

『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、ユヴェントス、インテル、そしてミランの3クラブがペッレグリーニにオファーを出していたとのことだ。また、これらのオファーは全て移籍市場期間の最終盤になされたという。

これらのオファーは全て、選手の契約解除金である3000万ユーロを満たしていたが、ローマとそしてペッレグリーニ自身が断りを入れた。
ディ・フランチェスコ監督は彼をチームにとって重要な選手と考えており、選手自身もローマに残留することを望んだようだ。


情報ソース;AC Milan News







にほんブログ村

[ 2018/10/08 18:00 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)