ミラン、サンプドリアのアンデルセンとプラート獲得に興味?

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミランはジャンパオロの招聘に成功した場合、サンプドリア所属のDFアンデルセンとMFプラートの獲得に動くかもしれないとのこと。


アンデルセンはパス出しが非常に上手く、また精度の高いロングボールも蹴ることのできる選手です。
ジャンパオロの戦術ではCBにビルドアップ能力の高さが求められますが、彼を獲得できればその点は問題なくなりますね。

また193センチと大柄で、フィジカルがあり競り合いにも結構強いです(4-3-1-2というシステム上、クロス対応が多くなることが予想されるため高さのある選手が求められる)。

更に、カバーリングの上手いロマニョーリとのコンビは補完性がありそうですし、ムサッキオに代わる主力としても期待できます。


今は未だ1対1に無類の強さを誇るレベルではないですし、色々と改善の余地はあるでしょうが、そもそも彼はセリエA2年目(デビュー年はほとんど出ていないため、実質1年目)の23歳ですからね。

ですので、将来性を考えても素晴らしい補強になるのではないでしょうか。



続いて。プラートは水準以上のパス、ドリブル能力を兼備した運び屋タイプです。
かつてはアタッカーだったそうですが、今では積極的にフリーランしてパスを引き出し前線へと繋げるリンクマンとしての色が濃いかなと。

また縦への意識が強く、彼から前線へと素早い縦パス・スルーパスが通るシーンは今シーズン何度も目に出来ました。

一方でフィニッシュの局面での創造性はあんまりなさそうなので(少なくとも僕の観た試合では)、課題を挙げるとすればラストパス・シュート精度でしょうかね。


ポジションは主に右インサイドハーフ。正直今のケシエ相手ならスタメンを奪取することも十分に可能でしょうね。

問題としては、両インサイドハーフにチャルハノールとプラートを並べた場合、攻撃面は魅力的な一方守備面は結構不安ですね。

アンカーポジションに「危険なスペースを積極的に潰しにいける守備巧者」は絶対に欲しいところです。
アンブロジーニとかがいれば最高なんですけどね(笑)



まとめ

ミランの補強ポイントに合致することや、ジャンパオロの愛弟子であることを踏まえるとどちらもかなり良い補強と言えるのではないでしょうか。

ジャンパオロのサッカーを経験済みの選手が来てくれるのは、チームに戦術を浸透させる上で大きなメリットをもたらすはずですしね。

特にアンデルセンには来てほしいです。戦力的にも将来的にも非常に期待できますからね。


FFP(補強費用)問題がある以上過度の期待は禁物ですし、まだ噂の初期段階に過ぎませんが、今後の続報に大いに期待していきたいです!


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/06/02 21:52 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

セビージャ、ミランのカスティジェホに関心か


『calciomercato.com』によれば、セビージャのモンチがカスティジェホに興味を示しているとのこと。
そして、報道によると既に代理人と接触したなんて話もあります。


カスティジェホは今季のリーグ戦で31試合に出場して4ゴールを記録。
31というと多いように感じますが、その内、先発出場の数はわずか8試合に留まっています。
現時点の序列は右WGのセカンドチョイス、左のサードチョイスというところでしょうか。


チームの主力になり切れない理由の1つに、狭いスペースでのプレーが得意ではないというのは確実にあるでしょうね。

相手にタイトなマークにつかれるとほとんど前を向けませんし、引いた相手を崩す動きに長けているわけでもないですしね。


その証拠として、彼が最も活躍した試合というのを思い出してほしいのですが、おそらく多くの方がサッスオーロ戦(もしくはエンポリ戦)を思い浮かべるのではないでしょうか。

というのも当時のサッスオーロはマーク緩々、スペース空きまくりの酷い守備であったので、カスティジェホは自由に前を向くことができました。


そして、彼の持ち味は何といってもその高いキック精度にある(と少なくとも僕は思っている)わけで、前を向きスペースがありさえすればその持ち味を存分に活かせる。つまり上記のサッスオーロ相手の活躍は必然であったのかなと。

エンポリ戦もマークが緩かったですしね。



しかし彼らのような守備はセリエAでは稀ですし、基本的にどのクラブもスペースを厳しく消してきます。

ですので、来季以降に主力となるにはボールの受け方といった個人技術の改善は必須だと思いますし、後は組織的カウンターが基本ベースのチームになるとかすれば彼にとっては追い風になると思います。



・・・と、ここから最初の話に戻るのですが、わずか1シーズンで彼を見限るというのは早い気がしますし、何より安く買い叩かれそうなため個人的には放出に否定的です(来季の指揮官とか、移籍金にもよりますけどね)。

ミランはカスティジェホに最低でも2300万ユーロの移籍金を設定しているらしいですが、モンチが言い値で買ってくれるとは思えませんしね。

仮に売却するとしたら、来季に存分に活躍してもらって市場価値を高めてからかなーと。


ディ・フランチェスコとかなら上手く扱ってくれそうですが、どうなりますかね。


今季の彼はビッグマッチではないが重要な試合(監督の首がかかった試合とか)での活躍が多かったので結構好印象ですし、できれば来季はミランの中心選手として飛躍して欲しいです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/24 19:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

ミラン、レオナルドSD退任か 後任はカンポス?


『Sky』を始めとした各メディアによれば、ミランのレオナルドがSDを退任する可能性があるとのこと。

折角戻ってきてくれたのにわずか1年で去るかもしれないというのは非常に悲しいですが、ガジディスCEOとの関係(というより相性?)があまり良くなさそうなので致し方ないですかね。

今冬のイブラの件(レ「欲しい」→ガ「高齢過ぎ却下」)とかエヴェルトンの件(レ「欲しい」→ガ「高すぎ却下」)とか、報道通りだとすれば双方の補強戦略に大分ズレがありそうですしね。


それに、レオナルドの本領は多額の獲得資金を備えたクラブでこそ発揮されるでしょうが、今のミランはそうじゃないですからね。



ただ、レオナルドの冬のマーケットでの立ち回りとかほぼ完璧だったと思います。

明らかにモチベーションを失っていたイグアインを返却して代役にピョンテクを獲ったり、ブラジルからパケタを一本釣りしたりなど素晴らしかったですよね。



仮に今季限りで退任するとしても、彼の連れてきた選手(少なくとも上記の2人)は来季以降も主力としてミランを支えてくれるでしょう。

彼の偉大な仕事ぶりには感謝したいですね。



続いて。そんな彼の後任候補として挙がっているのが、現在リールのSDを務めているカンポスです。

最近の『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ミラン側は既にカンポスと接触し来季のミランSD就任について合意したとのこと。


カンポスと言えば、これまでムバッペを始め数々の有望株を発掘してきた若手発掘のエキスパートとして知られている方です。
バカヨコもカンポスが見つけてきたらしいですね。


そんな彼は若手路線に舵を切った今のミランにとってはうってつけの人物だと思いますし、素晴らしい人選ではないでしょうか。



まぁそうは言っても、せっかく将来有望な若手をかき集めてもその才能を目覚めさせなければ宝の持ち腐れです。


そうならないためには若手の育成に長けた監督及びコーチ陣を招聘する必要がありますし、この点に関しても最善の選択をしていただきたいですね。

よもや現監督を続投させるなんて選択をしないことを祈っています。



どこかにいないですかね。
若手選手を数多く一流に育て上げた実績があったり、セリエAでの経験が豊富だったり、戦術的引き出しが多かったり、守備組織の構築能力が滅茶苦茶高かったりして「育成と結果」を両立させてくれそうな最高の監督は・・・。


名前が「グ」から始まって「ン」で終わる5文字の監督とかどうですかね~笑


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/22 21:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)

主力選手たちの去就について



赤字&FFP問題への対応のため主力放出の必要性に迫られていると報じられているミラン。

CL権獲得による収益増が見込めなくなった場合、更にその必要性は高まります。


報道によると、その放出対象はドンナルンマ、ロマニョーリ、スソ、チャルハノール、ケシエなど複数いるようです。


この中でも、僕の知る限り移籍先候補の具体的なチーム名まで出ているのがドンナルンマとチャルハノールの2人。


ドンナルンマは最近またPSGからの関心が噂されており、大体5000万ユーロほどの移籍金だとか。


ミラン期待の若手GKプリッツァーリとの契約延長に成功したことや、2ndGKレイナがハイパフォーマンスを維持していることを考慮すると、財政難により放出する可能性も決して否定はできないかなーと。

高額年俸が浮くのも財政的には大きいですしね。


まぁでも感情的には非常に強い抵抗を覚えますけどね。
今季も彼のビッグセーブには何度も救われてきましたし、何より下部組織出身の将来的なバンディエラ候補。


今後アッズーリの正GKとして何年も君臨し続けることになるでしょうし、そういう選手を抱えておくことはチームのブランド力向上にも繋がるでしょうしね。



一方、チャルハノールは引き続きライプツィヒからの関心や、プレミア方面からの興味が噂されています。


当ブログの常連さんであれば、僕がこの移籍に反対すると思われるでしょう。

はい、実際のところ反対です(笑)



ただ、上記に挙げた選手たちの中では最も売りに出されそうな予感はしますね。

ロマニョーリ放出はないでしょうし、スソとケシエは買い手がつくか微妙ですしね。

今季はゴール・アシスト数が少ないというのも、彼の売却を後押しし得るデータかもしれません。


ですが今季の運動量を維持しつつ、かつてのキック精度を取り戻せば鬼に金棒ですし、個人的にはもう一年だけでも様子を見ても良いんじゃないかと。

来季の指揮官によっては大化けしますよ多分。



おわりに

CL権の有無によっては、補強戦略もとい主力選手放出の数や対象は間違いなく変わってくるでしょうし、とにかく何としても4位以内フィニッシュを果たしてほしいですね。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/16 22:41 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(4)

然るベテラン達の去就



昨日、ローマの象徴的選手であるデ・ロッシの退団が発表されました。

衝撃でしたね。
正直彼はローマで引退するものだとばかり思っていましたし、実力的には今なおセリエAで十分に通用するものをもっていました。

ただ今季も怪我による離脱が多かったですし、実力は維持できていてもコンディション調整が厳しくなってしまったんでしょうかね。ミランでいうとネスタと同様の状況ですかね。


ミランのライバルクラブの1つであるローマの名選手ですし、当然敵としては厄介極まりない選手だったわけですが、これほどの名選手がセリエAを去る(移籍先は未明ですが、国内移籍はほぼ間違いなくないでしょう)というのはやはり悲しいですね。

Jリーグに移籍するなんて話もありますがどうなんでしょうか。

僕の贔屓のクラブに来てくれたら絶対に観に行きますけどね(笑)


いずれにせよ、これまでセリエAを大いに盛り上げてくれた彼には感謝したいですね。

お疲れ様でした。



〇退団は決定的か

所変わってミランの話。


現ミランの古株であるアバーテ、サパタの2人ですが、移籍(契約満了)の可能性が日に日に高まっているように感じます。

先日の『ガゼッタ』によれば、サパタとの延長交渉は決裂し、移籍は決定的だとか。

以前この件について言及したときも書いたと思いますが、どうやらその理由は延長期間の不一致(ミラン側は単年契約、サパタ側は複数年契約を希望)だそうですね。



アバーテとの延長交渉の噂も一切聞かないですし、それどころか彼ら2人を含む計5人(残りはモントリーボ、ベルトラッチ、マウリ)との契約満了を予想する報道が目立ちます。


後者3人については一向に構いませんが、前者2人は残してほしいんですけどね…。

アバーテなんか今でもセリエAに余裕で通用していますしね。守備に関してはセリエA有数のSBですよ。

サパタもピッチ内外で計算できる選手です。


まぁ年齢的に来季も同様のプレーができるかは未知数ですし、若手路線に舵を切った今、ベテランとの複数年契約を渋る理由もわからなくはないんですけどね。

昔と今ではチーム事情がまるで違いますし、若手路線が間違っているとも思いませんし。



ですが、それでもミランというのは経験豊富なベテラン(おじさん集団と揶揄されることもありましたが笑)と共に数多くのタイトルを勝ち取ってきたクラブである(少なくとも僕の知るミランは)という認識が強いだけに、どうにもベテランを軽視することになりそうな今後のチーム戦略には違和感を覚えてしまいますね



……なんか思うがまま書きなぐっていたら非常にとりとめのない文章になりました(笑)

とりあえず僕が一番言いたいのは、せめてアバーテとは延長してくださいということです。


 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/05/15 21:54 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(0)

サン=マクシマン「ミランは偉大なクラブ」


ニースに所属するサン=マクシマンが『ガゼッタTV』のインタビューに応じ、自身の去就について以下のように答えました。


「確かに、より高いレベルのチームへとステップアップする準備ができているように感じるよ。でも今はまだニースにいられて快適だ。こうしたパフォーマンスを続け、どれだけチームを助けられるかは僕次第だ。」

「ミラン?間違いなく偉大なクラブだ。冬のマーケットでミランに移籍するチャンスがあったけど、そうはいかなかった。今度の夏にどうなるか見てみよう。」


ソース;calciomercato.com





このように言ってくれるのは非常に嬉しいですね。


マクシマンは若き快速ドリブラーであり、アトレティコやドルトムントといったクラブも興味を示していると噂される有望株です。


リーグアンは観ないのでハイライト映像のみでの判断で非常に恐縮ですが、とりあえず目を引いたのがドリブル技術と突破力ですよね。

左でも右でも中央でも、スペースがあれば突破を仕掛ける意欲とそれを可能にするテクニックの高さは素晴らしいの一言。

フィジカルとスピードを活かした強引な突破もありますし、現状でもカウンターベースのチームであればセリエAでも十分に活躍できそうです。


一方、おそらく現状の課題は守備意識、クロスなどを含むラストパスの判断・精度、フィニッシュ、ポゼッション時のポジショニングなどでしょうか(判断材料に乏しいので、間違っていたらすみません)。


こういう身体能力の高い選手を一流に育て上げるのはセリエAの十八番ですし、例えばガスペリーニなんかに預けたらとんでもない怪物に仕上げてくれそうなものですが…。


まぁ彼に限らずセリエAには良監督が多いですし、ミランの新監督にはどうやら育成に長けた人物が就任する可能性も高そうなので是非とも来てほしいですね。



※以下がマクシマンのプレースタイル紹介動画となります。10分近くあるので視聴の際にはお気をつけください。




 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!
[ 2019/05/06 12:00 ] 移籍情報 獲得 | TB(-) | CM(0)

セビージャ買取OP不行使? アンドレ・シウバの去就はどうなるか



現在ミランからセビージャにレンタル移籍中のアンドレ・シウバ。

シーズン序盤こそデビュー戦でハットトリックしたりマドリー戦でゴールを決めたりなどイケイケでしたが、その後失速。
現在は公式戦40試合に出場して11ゴールとのことです。


これを受け、当初は買い取る気満々だったセビージャもトーンダウン。『ムンド・デポルティーボ』にて、セビージャはアンドレの買取OPを行使しないことを決断したなんて報道も出てきました。


ミランへのレンタルバックが濃厚とされるアンドレですが、果たして今のミランに彼の居場所はあるのかという話ですよね。

今回はそれについて少し考えていきます。



僕の中でのアンドレ評を端的に言えは、ずばり「器用な選手」です。

テクニックがそこそこありスピードもそこそこあり、パスもそこそこ出せて得点パターンもそこそこ豊富ということで、これといって明確な弱点のない非常にバランスのある選手だなーと。


だから2トップを採用するならかなり有用な選手だと思うんですよね。

上記の通りオールラウンダー型なので相方のタイプを限定しませんし、活かし・活かされる関係性を構築しやすい2トップならば彼の能力も存分に発揮しやすいかなと。


ピョンテク(クトローネ)―アンドレのコンビでも良いですし(この場合はピョンテク、クトローネのサポートがメイン)、パケタ―アンドレのコンビでも合うでしょう(この場合はストライカーとしてのプレーがメイン)。



問題は1トップで起用する場合ですね。


彼は能力バランスが良い選手ではあるものの、ずば抜けた何かがあるかと言われるとそうではない。


そのため1トップで起用して巧みにボールを収めさせるだとか、絶妙な裏抜けからゴールを狙わせるだとか、そうした特定の専門的な動きに専念させるのはバランス型の彼にとっては荷が重い(それに勿体ない)かなという気がします。



実際に昨季後半はサイドを起点に縦に速いサッカーを志向したため、1トップにはよりDFとの駆け引きに長け、エリア内でゴールを奪うことに特化したクトローネが優先的に起用されました。

今季は周囲のサポートが少ない中、圧倒的な決定力と得点パターンを誇るピョンテクが1トップを務めていますが、この役割をアンドレがこなすのは非常に厳しいでしょうしね。




というわけで、2トップをベースとしたチーム作りを行うなら貴重な存在になり得るためミラン残留は(能力的には)アリですが、1トップをベースとするならば移籍した方が良いというのが個人的な見解でした。


ちなみに移籍先候補としては、現在マルセイユ(トヴァンとのトレード?)、バレンシア、モナコ、レスター・シティなど多数のクラブの名が挙がっています。

上記の通り2トップなら使い勝手の良い選手ですから、引く手数多なのも頷けます。


移籍か残留か…彼の去就は今夏のミランの補強戦略とも密接に関わってきますし注目ですね。


バナー 
スポーツ ブログランキングへ
※ブログランキングに参加中です!よろしければ↑の2つのバナーを1日1クリックお願いします!

[ 2019/04/20 12:00 ] 移籍情報 放出 | TB(-) | CM(2)