【SPAL戦】 ガットゥーゾ「イグアインのゴールはチームにとって極めて重要」



 ミラン対SPALの一戦は、2-1でミランの勝利に終わりました。

 試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。


「今日のチームパフォーマンスは気に入っている。最近の我々は苦戦していたから簡単ではなかったが、ハードワークして3ポイントを手にすることが出来た。まだまだ成長と改善の余地は残されているが、チームの試合へのアプローチの仕方には満足だ。」

「今日のイグアインのゴールは彼個人にとってだけではなく、チーム全体にとって極めて重要なものだった。彼は自分がもっと継続的に結果を残す必要があると自覚しているが、我々はみんな彼に満足しているよ。」

「マルディーニとレオナルドが今よりも多くのものをチームに要求するのは自然なことだ。我々は自分たちがもっとできることを知っている。ひょっとすると、チームには少しの経験が足りないのかもしれないね。」

「私はいつだって幹部と話し合いの場を設け、非常に明確な議論を交わしている。これから少し休んで、2019年にはより強くなって戻ってきたいね。」



ソース;calciomercato.com




 完勝とまではいきませんでしたが、リーグ戦5試合ぶりの勝利を収めて2018年を終えました!

 まだまだ改善すべき点はあるものの、この試合では戦術的に非常に非常に興味深い点がありましたし、来年に向け希望の光が微かに見えた試合であったと個人的には思います(詳しくは後のマッチレポート記事にて)。

 希望の光と言えば、もちろんイグアイン個人にも見られました。実に2カ月ぶりとなるゴールを決め、チームの勝利に大きく貢献してくれましたね!
 あのゴールセレブレーションはとにかく感動しました。チームメイト、監督、そして何よりイグアイン自身がゴールを切望していたことがはっきりと分かりましたからね。

 このゴールで少しは肩の荷が下りたはずです。2019年からも「ミランで」素晴らしいゴールの数々を期待したいところですね。


 フロントの願いはただ1つ。CL権獲得圏内である4位以内という結果でしょう。
 CLの有無は主に収入面において絶対的な違いを生じさせますし、来シーズン以降のミランというクラブの行方を左右するものです。

 現在のミランの順位は5位。そして4位ラツィオとの勝ち点差はわずか「1」。こう考えるとまだまだ4位フィニッシュのチャンスは残されていますが、後ろを振り返れば12位パルマまでの勝ち点差が「6」。何と3位インテルとの勝ち点差(8)よりも近いということで、非常に大混戦となっています。

 今回のように4試合連続ノーゴールなど繰り返そうものなら、一瞬でCL権争いはおろかEL権すら危なくなりかねません。


 まずはゆっくり疲れを取ってもらい、リーグ後半戦からは1試合1試合が正念場のつもりで臨んでもらいたいと思います。
 最低でも今日の前半のようなやる気に満ちたプレーを見せてほしいですね。


[ 2018/12/30 12:26 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

【フロジノーネ戦】 ガットゥーゾ「責任は私にある」



 フロジノーネ対ミランの1戦は、0-0のスコアレスドローに終わりました。

 試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。

「前半の我々は良いプレーではなかったが、後半になって改善していくつかチャンスを作り出すことが出来た。しかし、ゴールを決めることができなかったね。負けていた可能性もあったからラッキーだった。」

「チャンスを無駄にすることのない正確なプレーが必要だった。運の問題ではなく、我々の正確性のなさが問題だ。」

「私が心配しているのは自分の去就ではなくチームについてだ。選手があるべき姿でプレーしていないのだから私の責任だし、もっと改善に取り組む必要がある。」


ソース;DAZN




 失望を禁じ得ない試合でしたね…。

 果たしてこれが5位と19位の対戦なのかと。確かにシュート数やポゼッションでは大幅に上回っていたものの、フロジノーネが勝っても全くおかしくない試合に感じたのは僕だけではないはずです。
 フロジノーネは想定以上に攻めてきましたし、ピッチ上の選手たちもおそらく手ごたえを感じていたはずです。だからこそ、足の止まりかけていた後半終盤でもカウンターの場面では多くの選手が駆け上がり、それによりチャンスを作っていました。

 
 正確性、すなわちフィニッシュの精度の低さは今に始まったものではありませんし、外しても「あぁまたか…」となってしまうことも個人的に多いわけですが……終盤のイグアインのシュートが大きく枠を外れた場面は流石に堪えました…。
 敗戦の責任をイグアイン1人に押し付けるつもりは毛頭ないとはいえ、エースストライカーとしてあそこは絶対に決めるべき場面でしょう。
 動き自体はここ最近の中では良い方だと感じましたし、あそこで決勝点を挙げられれば気分や調子もグンと良くなったと思うだけに残念でした…。


 カスティジェホもまたここ最近の中では一番良かったと思いますし、もう少しでゴールというシーンも前半にいくつか見られました。
 しかし、スソのポジションを脅かすまでには至らなかったかなと。この試合では最低でも得点かアシストを1つ決めて欲しかったというのが本音です。


 最後に。この引き分けでガットゥーゾ監督もいよいよ解任かと思いきや、報道ではどうやら次節のSPAL戦までは最低でも続投するとのこと。
 良くも悪くも、現体制は気が長いですね。おそらく適切な後任選びに苦戦しているのも理由の1つでしょうが…。
 
 




サッカーランキング


[ 2018/12/27 07:00 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

【フィオレンティーナ戦】 ガットゥーゾ「危機的状況にある」



 ミラン対フィオレンティーナの1戦は0-1でフィオレンティーナの勝利に終わりました。

 そして試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。

「難しい時期だ。今日の我々は怪我人の多さで既に緊急事態にあったが、この敗戦でさらに悪化した。鋭さが足りなかったが、同時に不運でもあった。受け入れがたい敗戦だ。」

「ミランは危機的状況にある。ここ数週間の我々は敵チームを困難に陥れることができていない。この試合では出来得る限りのことをして勝利を狙ったが、相手のプレッシャーに対し形を失ってしまった。」

「もしマウリが足を痙っていなければ彼を代えることはしなかっただろう。そしてアンカーがピッチ上に残っていれば、失点をすることはなかったかもしれないね。」



ソース;Sky Sport




 敗戦はある程度覚悟していましたし、起用できる選手に限りがあったこともわかっていますが、色々と疑問の残る采配があったのも事実です。

 その最たる例が試合途中での4-4-2システムへの変更です。スコアレス、それも67分という比較的早い段階で2ボランチにチャルハノールとカラブリアを起用するという攻撃的もとい無謀な選択をし、案の定押し込まれた挙句にカラブリアが躱されてバイタルエリアからミドルシュートを突き刺されるというコントのような失点を喫しました。

 ただし試合後のコメントを見るに、マウリは足をつっていたらしいので采配についての疑問はある程度氷解しましたけどね(それでもムサッキオを投入するなどして攻守のバランスをもう少し重視すべきだったと思いますが)。

 選手交代などの采配に関しての意見は結果論になってしまうことも多いわけですし、確かにガットゥーゾ監督の点を取りたいという意図は良く伝わりました。
 ですがリスク(≒失点)の大きさは明白だったわけで、それを踏まえるとはっきり言って得策ではなかったというのが個人的な考えです。



 3試合連続無得点というのは大きな問題ですし、果たして今の拙攻で引いて守ってくるであろう次のフロジノーネ・SPAL戦で得点を奪えるのかとてつもなく不安です。

 ガットゥーゾ監督の進退が懸かっているとも報じられた次の2戦は、もはや内容よりも結果が最大にして唯一の見どころになるかもしれません…。



サッカーランキング


[ 2018/12/23 10:19 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

【ボローニャ戦】 ガットゥーゾ「平凡なパフォーマンスだった」



 ボローニャ対ミランの1戦は、0-0のスコアレスドローに終わりました。

 試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。

「クオリティという面では平凡なパフォーマンスだった。ボールの後ろに10人を置き、攻撃の意欲もなく守るチームを相手にした場合、我々はもっと鋭い攻撃を見せる必要がある。」

「我々が4-4-2でプレーするとき、対戦相手にとって予測しやすい動きになってしまうことがある。2人のストライカーがいる際に、彼らが敵DFを押し広げる様々な動きを見せなければ相手を打ち破ることはできないだろう。」

「次戦は2人の重要なプレーヤー(バカヨコ、ケシエ)を欠くこととなるが、チームには多くの選択肢がある。試合が始まる前から負けるなんてことは絶対にないし、それを我々は理解している。」


ソース;Sky Sport





 内容、結果ともに非常に残念なものとなってしまいました…。
あそこまでガッツリ引いて守る相手から点を奪うというのはどのチームであっても難しいものだとは思いますが、中央を固める相手に対して徹底的に中央からの崩しに拘るというのはかなり不可解でしたね。

 それでもゴリ押しで何度かシュートチャンスを作り出したものの、そのほとんどがエリア外からの苦し紛れのミドルシュートでしたし…。


 こういう試合では特にサイドからの突破という選択肢は常に置いておくべきだと思いますし、起用するだけして全く活かす気のないチャルハノールを起用せずラクサールなりカスティジェホなりをサイドに張らせた方がまだ良かったと個人的には思います。
 チャルハノールは好きな選手だからこそ今のチームで出場して欲しくないですね。このままでは放出候補という事実はありますが…今のシステム・組織力では活躍は極めて難しいでしょうし。



 また、2トップの流動性のなさは確かにかなり気になる点ではありますが、今のイグアイン、クトローネの特徴を考えると、サイドに流れるなどしても果たして効果的かどうかは疑問です。

 彼らで構成される2トップには魅力的な点もありますが、他ポジションの選手との兼ね合い等も考えるとせいぜい試合中のオプションの1つというのが現状かなという気がします。



 最後に。この試合ではバカヨコが退場、ケシエも累積警告ということで次節の欠場が決まっています。

 代役と目されるメンバーを見るに正直かなり心許なく、早くも不安でいっぱいです。
 昨日までの僕は、この4連戦を3勝1分(1分はヴィオラ戦)で終えられれば良いかなと楽観的に考えていたのですが…果たして2勝もできるかどうか…。


 随分とネガティブなことばかり言ってしまいすみません。
 ですがそれだけミランには期待しているんだなと、好きなんだなと好意的に受け取っていただけたら幸いです…。



サッカーランキング

[ 2018/12/19 22:21 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

【オリンピアコス戦】 ガットゥーゾ「大いに失望している」


オリンピアコス対ミランの一戦は、3-1でオリンピアコスの勝利に終わりました。
これによりミランはGL敗退ということに…。

試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。

「大いに失望している。我々は試合を支配していたが、多くのチャンスを無駄にしてしまった。」

「いくつか議論を呼ぶ判定があったのは事実だ。だが、多くのチャンスを作りながら、ミスでふいにしてしまったのだから敗退は妥当だ。我々は試合をプレゼントしてしまった。」

「現在の我々の主な問題は経験不足にある。私にはチームが自信なくプレーしているように見えた。」

「この試合を分析し、なぜ負けたのかをしっかり理解しなければならない。」


ソース;Sky Sport




極めて残念な結果となってしまいましたが、内容を考えると妥当だとも思ってしまいますね…。

確かに、謎のPK判定や余計なボールがピッチに入り込むといったアクシデントがあったことは不運でしたが、それらを差し引いてもミランがGL突破にふさわしいパフォーマンスを披露していたとは残念ながら思えません。

ガットゥーゾ監督もいっていますが、こういった重要な試合(場所は敵地)で良いパフォーマンスを発揮できない理由の1つに選手(及び監督)の経験不足というのはあるでしょうね。


しかし、過ぎたことを悔やみ過ぎても仕方ありません。
今季のミランにはCL権獲得という極めて重要なな目標があり、現時点ではその道のりは順調(リーグ戦暫定4位)です。

難しいとは思いますが、選手と監督にはすぐ次の試合の準備へと気持ちを切り替えて欲しいですね。
この試合がリーグ戦の結果に影響を与えないことを願うばかりです…。



[ 2018/12/14 12:00 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(4)

【トリノ戦】 ガットゥーゾ「勝利したかったが…」



 ミラン対トリノの一戦はスコアレスドローに終わりました。

 そして試合後、ガットゥーゾ監督は以下のように答えました。


「試合には勝ちたかったがトリノは良いチームだ。未だ敵地で無敗なのだからね。数か月前だったら、こういうタイプの試合では我々は負けていたかもしれない。その点では満足しているよ。」

「ゲームへの入りは良くなかったが、その後は多くのチャンスを作ることが出来た。最後の冷静さに欠けていたけどね。」

「イグアインは背中に問題を抱えていたから欠場の可能性もあった。だが、最善を尽くしてくれた。彼は我々にとって重要な選手だが、トップフォームを見つける必要があるね。」


ソース;calciomercato.com




 後半からはミランに得点のチャンスが多く訪れていましたので、それらの内どれか1つでも決められていたら…。

 しかし惜しいチャンスを作っていたのはトリノも同様ですし、ドンナルンマのスーパーセーブがなければあわや失点というシーンも少なくとも2度ありましたね。
 また全体的にミランのパフォーマンスもそれほど良くはありませんでしたし、結果自体は妥当かなという気がします。勝ちたかったですけどね。


 イグアインはこの試合でも精彩を欠いていましたが、やはり怪我を抱えていたんですね。
 以前も書いた気がしますが、個人的には完治するまで試合には出ないほうが良いのではないかと思います。

 もちろんミランにとって極めて重要な選手ですし、欠場はかなりの痛手ではあるのですが、今の調子の悪い状況で出続けて大怪我でもされたら一番困りますしね…。この試合でもハードマークでかなり削られていましたし。



サッカーランキング


[ 2018/12/10 16:00 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)

【パルマ戦】 クトローネ「偉大な勝利だ」



 パルマ戦で貴重な同点ゴールを挙げたクトローネが『DAZN』に対し、試合内容やガットゥーゾ監督について語りました。


「偉大な勝利だ。パルマのような守備の固い相手に対し、先制点を許してからゲームを仕切り直すのは簡単な事じゃないからね。僕たちはみんなが良いプレーをした。チームの勝利だ。」

「勝ちたいという欲求が僕をゴールへと突き動かす。僕はいつだってチームに全てを捧げるつもりだ。」

「ガットゥーゾとの関係は常に良好だ。彼が就任して1年になる。今後も勝ち続けたいね。」

「順位表は見ない。考えるのは目の前の試合についてのみだ。」

「(イブラヒモビッチの移籍の噂について)それについては考えていないよ。僕はトレーニングとチームのことにのみ集中している。」



ソース;calciomercato.com




 彼の持つ献身性はプレーの節々から見られますし、こういう選手は本当に応援したくなりますね。
 
 
 思えばガットゥーゾ監督就任から1年が経つのですね…。
 ここまで何度かあった解任危機を乗り越え、チームを暫定4位に導いています。
 監督としての更なる成長に期待したいですね。


 個人的に、イブラヒモビッチ獲得による唯一のデメリットはクトローネの出場機会減少(のおそれ)だと思っています。
 
 イグアイン、クトローネ、イブラの3人の内、チームバランス的にスタメンで出せるのは最大でも2人まででしょう。
 そしてイグアインが不動ですから、クトローネとイブラで出場機会を分け合うのではないかと考えています。

 もちろんELやコッパ・イタリアもありますし、怪我のおそれもある以上CFは3人必要だと思いますから、上記のデメリットを補って余りあるメリットを持つイブラの獲得自体には大賛成なんですけどね。




サッカーランキング

[ 2018/12/03 15:54 ] 試合後インタビュー | TB(-) | CM(0)