ヌーノ・ゴメス「シウバは難しい時期にミランに行ってしまった」

「トゥット・スポルト」のインタビューにて、元フィオレンティーナのヌーノ・ゴメスが同胞のアンドレ・シウバを擁護するコメントを残した。

「彼は難しい時期にミランに行ってしまった。彼はまだ若く、多くを知らない中でチームの救世主のように扱われた。そして彼は難しい時間を過ごし、自信を失っていった。僕は彼に、『君は強いプレーヤーだ』と言ったよ。」

「彼はピッポ・インザーギのような典型的な9番ではなく、たくさん動き回るストライカーだ。ボールの扱いに長け、しばしばチームメイトにアシストする。彼はただ点を取るだけのストライカーじゃないんだ。」



ソース;calciomercato.com





以上です。

ゴメスのコメントには僕も全くもって同感です。

異国の地、ビッグクラブ、そして何十年と続いたチームの体制が変わった中での加入という状況は、おそらくシウバに限らずどんな選手でも適応するのが難しかっただろうと思います。
しかも新加入選手が多く、シーズン序盤は連携がちぐはぐだったこともありますしね。

彼は今季セビージャに移籍して、開幕戦にハットトリックの大活躍を見せてくれました。
来季セビージャに完全移籍するにしろミランに戻ってくるにしろ、今の彼に必要なのは継続的にプレーして活躍することです。
この調子を維持していってほしいですね。




最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)





関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/11 12:27 ] インタビュー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する