ミラン、ピアチェンツァとのフレンドリーマッチに勝利

代表ウィーク期間のこの時期、ミランはセリエCのピアチェンツァとフレンドリーマッチを行い、1-0で勝利を収めた。

決勝点はボリーニ。また「スカイ」によると、この試合ではバカヨコが良いプレーを見せ、クロスバーに当てるシュートなども放った。

なお、この試合ではマルディーニ・ファミリーが多く集まった試合でもあった。ピアチェンツァ所属の22歳のクリステイアンはスタメンで出場し、ミラン所属の16歳のダニエルは途中出場を果たした。父のパオロはピッチサイドで試合を見守った。


○スタメン
レイナ、アバーテ、ムサッキオ、シミッチ、バサーニ、バカヨコ、ビリア、ベルトラッチ、カスティジェホ、イグアイン、ボリーニ



情報ソース;Rossoneriblog



以上です。

まず、バカヨコが良いプレーを見せたというのは朗報です。スタメンを見ると、どうやらインサイドハーフで起用されたみたいですね。
ナポリ戦ではアンカーで起用されてほとんど機能していませんでしたから、今後は当初の予想通りインサイドハーフでプレーしていくことになると思われます。

また、この試合ではボリーニがゴールを決めました。昨季はSBやWBなども経験しましたが、やはり彼の本職はウィングです。
守備の貢献度は申し分ないだけに、今回のようにゴールを決めてくれる選手になってくれたら最高ですね。







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)



関連記事
[ 2018/09/11 10:03 ] 試合 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する