ミランが狙う、5人のブラジル人選手

ミランのレオナルドTDはカカの助けを借りながら、ブラジルのベストタレントをスカウティングしている。


1ペドロ・ギリェルメ(フルミネンセ)

※彼については既にコチラの記事で取り上げていますので、ここでは割愛します。


2ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)

この25歳のセンターバックは今回のラインナップでは唯一のディフェンダーだ。彼は国内で最も才能ある選手の1人であり、イタリアのパスポートを所持していることもあってヨーロッパへの移籍が度々噂されていた。

この選手は前スポーツディレクターであるミラベッリのターゲットでもあったが、当時は交渉に失敗している。
カイオは現在25歳で、最高の状態を迎えている。さらに1800万ユーロでの契約解除条項を有している。

現時点のミランの守備陣には隙がないように見えるが、最近クリスティアン・サパタに移籍の噂が浮上している。
もしこのコロンビア代表が1月もしくは来夏にミランを離れることがあれば、カイオは完璧な代役となり得るだろう。


3ロドリゴ・ドゥラード(インテルナシオナル)

ドゥラードはインテルナシオナウのゲームメーカーにして、既に180試合以上に出場している。

この24歳の守備的な選手は過去にリヴァプールとマンチェスター・ユナイテッドのターゲットになっていた。またユナイテッドと彼は2年前に2000万ユーロでの合意に近づいていたが、結局は破談に終わった。

ドゥラードの市場価値は800~1000万ユーロとされており、他の有力選手との交渉が頓挫した場合の安価な代替案となり得るだろう。


4ペドリーニョ(コリンチャンス)

この20歳のウィンガーはコリンチャンスでレギュラーとなっており、過去2シーズンで54試合に出場して4ゴールをマークしている。
また彼はそのプレースタイルからネイマールと比較されている。

ペドリーニョはオールラウンドなプレーヤーであるため、両ウィングに加えて攻撃的な中盤でもプレーできる。
そんな彼の最大の武器はスピードとドリブルスキルである。

多くの人が、このヤングスターが将来ヨーロッパで活躍すると期待している。
しかし現時点でコリンチャンスに彼を手放す意思はなく、彼には4000万ユーロの値札をつけている。
ゆえに彼に関心のあるクラブは大金を用意しなければならないだろう。


5ルーカス・パケッタ(フラメンゴ)

※ギリェルメと同様の理由で割愛。記事はコチラ



ソース;AC Milan News







最後まで読んでいただきありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。応援していただけると嬉しいです!

応援する(BLOG RANKINGへ)

応援する(FC2ブログランキングへ)



関連記事

スポンサーリンク

[ 2018/09/11 00:29 ] 移籍情報 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿









管理者にだけ表示を許可する